Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

「 チーズ 」 でキーワード検索した結果

42件中 21 - 30 件を表示

3 / 5ページ
  • プロセスチーズに使用している【乳化剤】の種類について

    チーズに使用している乳化剤には、リン酸ナトリウム、グリセリン脂肪酸エステル、クエン酸ナトリウムなどがあります。 乳化剤は、水と油を混ぜ合わせて安定させるものです。プロセスチーズは原料のチーズを一度溶かして再度、成型するという製法をとりますが、チーズ全体をなじませる(乳化させる)ために「乳化剤」が必要になります

    • No:909
    • 公開日時:2005/04/04 15:09
    • 更新日時:2016/06/24 10:31
  • ピッツァミックスチーズの開封後の期間

    ピッツァミックスチーズを一度開封したら中身の品質は変化しますので、期限に関係なく、なるべく早めにお召上がりください。使いきれない場合は、小分けにして冷凍保存も可能です。

    • No:1237
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • とろけるスライスチーズは、加熱しないで食べることができますか

    とろけるスライスチーズは、加熱しないでそのままでもお召し上がりいただけます。 ただし、とろけるスライスチーズは加熱した時に風味や糸引きが良いチーズを使用しているため、加熱した時に比べ、味や香りに若干の違いがあるかもしれません。

    • No:1240
    • 公開日時:2015/12/28 16:59
  • チーズのたんぱく質の消化吸収について

    チーズのたんぱく質が牛乳よりも消化吸収がよいのは本当です。チーズのたんぱく質は、乳酸菌の働きで一部は熟成中にアミノ酸にまで分解されています。牛乳よりも消化吸収されやすく、幼児やお年寄りにもお勧めの食品です。

    • No:1228
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 十勝カマンベールチーズの表面に付いている白いものは何ですか

    カマンベールチーズの表面の白い部分はカビです。 カマンベールチーズは、原料乳に白カビや乳酸菌を加えて作ります。 この白カビから生み出された酵素によってたんぱく質が分解され、チーズの表面から内部に向かって熟成が進みます。 熟成によって、カマンベール特有の風味と香りをお楽しみいただけます。 この白カビは、食べても健康に害

    • No:770
    • 公開日時:2015/12/28 16:52
  • チーズキッスそれいけ!アンパンマン もっとカルシウムのカルシウム量

    一般のプロセスチーズに比べて、チーズキッスもっとカルシウムには3.5倍のカルシウムが含まれています。 プロセスチーズ100g当たりにカルシウムが630mg(五訂増補日本食品標準成分表)含まれているのに対して、チーズキッスもっとカルシウムは、100gあたり2200mg含まれています。 2粒(約10g)で牛乳1本分

    • No:1232
    • 公開日時:2015/12/28 16:53
  • 十勝カマンベールチーズと十勝カマンベール切れてるタイプの違い

    十勝カマンベールチーズと十勝カマンベール切れてるタイプの中身は同じです。 形の違いだけで、中身は同じです。

    • No:1231
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 「十勝カマンベールチーズ」の表面の白い皮のような部分も食べられますか

    カマンベールチーズは、表面の白い皮のような部分もお召し上がりいただくことができます。 カマンベールチーズの表面の固い部分をリンドといいます。カマンベールチーズは、チーズの表面が白カビでおおわれており、主にこの白カビの働きにより特有の風味を作り出しております。この白カビの菌糸がフェルトのようにからまりあってできている

    • No:3910
    • 公開日時:2015/06/05 13:46
  • 「十勝カマンベールチーズ」の苦み

    苦味の原因は苦味ペプチドと呼ばれる物質です。カマンベール中のタンパク質(主にカゼイン)は熟成中に乳酸菌や白カビが生成する酵素によって、たんぱく質→ペプチド→アミノ酸へと変化します。このアミノ酸がカマンベール特有の風味ですが、この熟成過程においてペプチド(苦味ペプチド)の生成が通常より多くなると熟成終了後にも苦味が...

    • No:1101
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 【トランス脂肪酸】とは何ですか◆明治の主なマーガリン類のトランス脂肪酸、飽...

    ●トランス脂肪酸とは? トランス脂肪酸とは、油脂の構成要素である脂肪酸の一種であり、油脂の加工の工程や油を高温で加熱する調理の過程で人工的に生成するものと、反芻動物(牛やヤギなど)の胃の中でバクテリアの働きにより自然に生成するものとに大別されます。 人工的に生成するものの代表として、植物油などに水素を添加して加工...

    • No:3940
    • 公開日時:2016/02/19 14:51
    • 更新日時:2016/10/19 11:14

42件中 21 - 30 件を表示