Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

◆お問い合わせ
  • お電話
  • メール
  • お手紙

  • ◆ショッピング・宅配
    • ウェルネス オンラインショップ
    • 宅配サービス

    • ◆CM・キャンペーン
      • CMギャラリー
      • キャンペーン一覧

      • 相談センターだより
        赤ちゃん相談室だより

        「 乳酸菌 」 でキーワード検索した結果

        40件中 11 - 20 件を表示

        2 / 4ページ
        • 牛乳よりもヨーグルトが日持ちするのはなぜですか

          乳酸菌には食品の保存性を高める働きがあるからです。これは、乳酸菌が作る乳酸や酢酸などの有機酸が、腐敗菌の増殖を抑えるからです。 詳細表示

          • No:1422
          • 公開日時:2004/09/29 08:30
        • 冷蔵庫の中でもヨーグルトの発酵は進みますか

          ヨーグルト中の乳酸菌は生きているので、時間の経過とともに発酵は進みます。乳酸菌は通常、冷蔵庫で10℃以下に保持されることによって休眠している状態です。しかし、乳酸菌は生きていますので、少しずつ発酵が進み乳酸を生成して、ヨーグルトの酸味は増していきます。また、温度が高くなると乳酸菌の活動が活発になるので、ヨーグルトは 詳細表示

          • No:1424
          • 公開日時:2004/09/29 08:30
        • ヨーグルトを温めて食べて(飲んで)もよいですか

          ヨーグルトは温めていただいてもかまいません。人肌程度までであれば乳酸菌の働きに影響はありません。ただし、温めたらすぐに食べて(飲んで)ください。25~40℃の温度帯に長時間置かれると乳酸菌の活性が高まるため、酸味が強くなります。また、加熱し過ぎると分離がおこり、60℃を越えると乳酸菌が死滅していきます。 詳細表示

          • No:1652
          • 公開日時:2003/08/26 00:00
        • ブルガリアヨーグルトLB81の【LB81】とは何ですか

          使用している乳酸菌の種類を表しています。「LB」はLactic Acid Bacteria(=乳酸菌)の頭文字で、「81」は使用した乳酸菌であるブルガリア菌2038株とサーモフィラス菌1131株の末尾番号(8と1)を組み合わせた物です。 なお「ブルガリアヨーグルト」の商品カタログはこちらから、 ブランド 詳細表示

          • No:1398
          • 公開日時:2004/09/29 08:30
        • プロビオヨーグルトR-1のドリンクタイプと固形タイプの違い

          プロビオヨーグルトR-1は、ドリンクタイプ、固形タイプ共に1商品当たり、同等量の1073R-1乳酸菌が含まれています。乳酸菌が作り出すEPS(多糖体)の量も同等です。 乳酸菌の働きに違いはありませんので、お好みに合わせてお選びください。 なお、栄養成分の比較や商品ラインナップはこちらから、ブランドサイトはこちらから 詳細表示

          • No:42
          • 公開日時:2012/03/21 12:40
          • 更新日時:2016/08/25 10:19
        • プロビオヨーグルトLG21を種菌にしてヨーグルトを作れますか

          プロビオヨーグルトLG21には、他の乳酸菌が含まれていますので、ヨーグルトを作ることはできます。ただし、LG21乳酸菌は、空気(酸素)に弱いため培養が難しく、一般家庭では同じヨーグルトを作ることはできません。 なお「プロビオヨーグルトLG21」の商品カタログはこちらからご覧いただけます。 詳細表示

          • No:1399
          • 公開日時:2004/09/29 08:30
        • 【ビフィズス菌】とは何ですか

          ビフィズス菌とは腸内にいる乳酸菌で、腸内環境を良好に保つ働きがあります。腸内で乳酸や酢酸を多量に作り便通を改善したり、悪玉菌が増えるのを防いで腐敗産物の生成を抑えたりと人に有益な働きをします。 詳細表示

          • No:1428
          • 公開日時:2004/09/29 08:30
        • ヨーグルトはなぜ酸っぱいのですか

          ヨーグルトの酸味は、主原料である牛乳の中の乳糖が、乳酸菌によってはっ酵する際にできる有機酸(乳酸、酢酸)によるものです。この有機酸によって悪玉菌の増殖が抑えられ、腸内腐敗が防止されます。有機酸はヨーグルトの芳香や風味にも関係しています。 詳細表示

          • No:1426
          • 公開日時:2004/09/29 08:30
        • チーズのたんぱく質の消化吸収について

          チーズのたんぱく質が牛乳よりも消化吸収がよいのは本当です。チーズのたんぱく質は、乳酸菌の働きで一部は熟成中にアミノ酸にまで分解されています。牛乳よりも消化吸収されやすく、幼児やお年寄りにもお勧めの食品です。 詳細表示

          • No:1228
          • 公開日時:2004/09/29 08:30
        • チーズの整腸作用について

          チーズでは、整腸作用はあまり期待できません。ヨーグルト(はっ酵乳)は、乳酸菌数または酵母数1000万/ml以上と定められており、その整腸作用は広く知られています。チーズは種類によって乳酸菌の存在量が違うので、一般的には整腸作用はあまり期待できません。しかし、チーズは牛乳本来のたんぱく質やカルシウムなどの栄養が豊富に含 詳細表示

          • No:1245
          • 公開日時:2004/09/29 08:30

        40件中 11 - 20 件を表示