Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリー

E01栄養ケア倶楽部よくある質問バナーデータ
ほほえみクラブ尋ねる_バナー

◆お問い合わせ
  • お電話
  • メール
  • お手紙

  • ◆宅配
    • 宅配サービス

    • ◆CM・キャンペーン
      • CMギャラリー
      • キャンペーン一覧

      • 相談センターだより
        赤ちゃん相談室だより

        「 牛乳 」 でキーワード検索した結果

        123件中 31 - 40 件を表示

        4 / 13ページ
        • 牛乳を加熱しても栄養は壊れませんか

          牛乳を加熱しても栄養価はほとんど変わりません。 熱に弱い栄養素はビタミンCですが、もともと牛乳には少ないものです。 牛乳に期待する栄養素は、カルシウム、たんぱく質、ビタミンA、ビタミンB2などです。これらの栄養素は加熱をしてもほとんど壊れません。 「明治 ミルク ラブ」などの乳飲料に強化されている炭酸カルシウム 詳細表示

          • No:1492
          • 公開日時:2004/09/29 08:30
          • 更新日時:2018/02/28 17:02
        • 牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするのはなぜですか

          牛乳を飲むとお腹にガスがたまったりゴロゴロするのは、牛乳中の糖質である乳糖を消化する酵素(乳糖分解酵素=ラクターゼ)が少ないか、働きが弱いためです。大人になり、牛乳類をあまり飲まない生活をしている人に多く見られます。本来、乳糖は腸内でラクターゼにより分解され、腸から吸収されますが、分解されないと腸から吸収されず、ガス 詳細表示

          • No:592
          • 公開日時:2006/08/24 10:17
        • 「成分調整牛乳」「低脂肪牛乳」「無脂肪牛乳」の違いを教えてください

          これらに共通する事項は、いずれも原材料は生乳のみを用いており、成分規格は無脂乳固形分を8.0%以上含有するものです。 1)成分調整牛乳 成分の一部を除去するものであって、除去する成分には、例えば、水分、乳脂肪分、無脂乳固形分等があります。 2)低脂肪牛乳 成分のうち乳脂肪分のみを一部除去したものであって、乳脂肪分を0 詳細表示

          • No:1519
          • 公開日時:2004/09/29 08:30
          • 更新日時:2019/04/08 17:03
        • 牛乳を温めると甘く感じるのはなぜですか

          牛乳中の乳糖が関係していると思われます。牛乳の成分のうち、甘味を感じさせる成分は乳糖です。また、甘味は低温より高温になるほど強く感じられ、35℃位で最大に感じます。本来、乳糖の甘みは強いものではありませんが、熱する事によってその甘みをより強く感じるため、温めると甘く感じるのだと考えられます。 詳細表示

          • No:1485
          • 公開日時:2004/09/29 08:30
        • 牛乳とヨーグルトの消化吸収の差はありますか

          ヨーグルトの方が牛乳よりやや吸収がよいといえるでしょう。ヨーグルトは乳酸菌により栄養素の一部が分解されているため、消化吸収がよくなります。また牛乳自体、他の食品と比べカルシウムの吸収率が高いといえますが、乳酸発酵したヨーグルトは乳酸の作用によってカルシウムの吸収率が高まることが考えられます。 詳細表示

          • No:1436
          • 公開日時:2004/09/29 08:30
        • 宅配の牛乳ビンの周りの白い跡について

          牛乳ビン同士がこすれ合ってできた跡です。ビンは繰り返し洗浄、殺菌をして再利用しますので、製造ライン上でビン同士がこすれあって、上部と下部にビンのこすれた跡がつく場合があります。ビンの内側の汚れではありません。安心してお飲みください。 詳細表示

          • No:1586
          • 公開日時:2004/02/19 14:48
        • 牛乳を温めるとできる膜は何ですか

          この現象をラムスデン現象といい、牛乳の表面の水分が蒸発して牛乳の脂肪とたんぱく質が凝固し膜をつくったものです。 栄養豊富なものですので食べても問題ありません。尚、かき混ぜながら加熱すると膜はできにくくなります。 詳細表示

          • No:1663
          • 公開日時:2003/08/26 00:00
          • 更新日時:2019/04/08 17:06
        • 牛乳にコーヒーや砂糖を入れた場合の栄養価について

          牛乳の栄養価は変わりません。牛乳にコーヒーや砂糖を入れても、牛乳そのものの栄養価は変わりませんし、カルシウムの吸収が悪くなることもありません。 詳細表示

          • No:1499
          • 公開日時:2004/09/29 08:30
        • 牛乳の最もおいしい温度はありますか

          牛乳が最もおいしい温度とは、飲む人の好みもありますので一概には言えません。温めると牛乳特有のにおいが強くなりますので、一般的には冷たい方が好まれます。下痢しやすい方はホットミルクでゆっくり飲むことをおすすめします。 詳細表示

          • No:1494
          • 公開日時:2004/09/29 08:30
        • 冷蔵庫に保存しなかった牛乳は、飲めますか

          冷蔵保存していない牛乳は、細菌が繁殖している可能性がありますので、お召し上がりいただくのは、おすすめできません。 牛乳は、開封前、開封後とも10℃以下で冷蔵していただく食品です。一般的に、保存温度が高いほど細菌が増えやすいため、風味が悪くなり、傷みやすくなります。 なお、ロングライフ牛乳(常温保存可能品)は、未 詳細表示

          • No:551
          • 公開日時:2006/12/26 14:20
          • 更新日時:2018/02/16 15:26

        123件中 31 - 40 件を表示