Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリー

E01栄養ケア倶楽部よくある質問バナーデータ
ほほえみクラブ尋ねる_バナー

◆お問い合わせ
  • お電話
  • メール
  • お手紙

  • ◆宅配
    • 宅配サービス

    • ◆CM・キャンペーン
      • CMギャラリー
      • キャンペーン一覧

      • 相談センターだより
        赤ちゃん相談室だより

        「 牛乳 」 でキーワード検索した結果

        123件中 51 - 60 件を表示

        6 / 13ページ
        • 牛乳のカルシウムの吸収率が良いといわれるのはなぜですか

          牛乳のカルシウムの吸収率が良いのは、牛乳中の成分に関係しています。牛乳は他の食品に比べてカルシウムの吸収が高い食品で、吸収率は40%というデータもありあます。カルシウムの吸収が優れている理由は次の通りです。1)カゼイン(牛乳中の主なたんぱく質)の分解物であるカゼインホスホペプチド(CPP)が、カルシウムのイオン状態を 詳細表示

          • No:1505
          • 公開日時:2004/09/29 08:30
        • 開封した牛乳を冷蔵庫に入れておくと臭くなるのはなぜですか

          牛乳にはにおいを吸着する性質があるからです。牛乳は、液体の中にたんぱく質や脂肪といった固形分が分散して存在しているコロイド(液体に固形分の粒子が分散して存在している状態)溶液です。この粒子は、表面積が非常に大きく、表面に種々の物質を吸着しやすいことから、牛乳のコロイド粒子であるたんぱく質や脂肪に、においの成分が吸着さ 詳細表示

          • No:1484
          • 公開日時:2004/09/29 08:30
        • レバーや魚を牛乳に浸しておくと臭みがなくなるのはなぜですか

          牛乳にはにおいを吸着する性質があるからです。 牛乳は、液体の中にたんぱく質や脂肪といった固形分が分散して存在しているコロイド(液体に固形分の粒子が分散して存在している状態)溶液です。 この粒子は、表面積が非常に大きく、表面に種々の物質を吸着しやすいことから、牛乳のコロイド粒子であるたんぱく質や脂肪に、においの成分が 詳細表示

          • No:977
          • 公開日時:2004/12/08 16:27
        • 効果的な牛乳や乳製品の摂取時間について

          牛乳や乳製品はいつお召し上がりいただいてもかまいません。 骨や筋肉は夜寝ている間につくられるため、体をつくるためには夜寝る前に摂るのが理想的ですが、1日の活力源にするなら朝のほうが習慣になりやすいといえます。 牛乳は、いつ摂るかよりも毎日続けることが大切です。飲み忘れない時間帯を決めて、同じ時間に飲むことをおすすめ 詳細表示

          • No:1498
          • 公開日時:2004/09/29 08:30
          • 更新日時:2016/07/22 15:33
        • 牛乳やヨーグルトなどの賞味期限の読み方

          牛乳やヨーグルトの賞味期限の読み方の代表例をご案内します。 なお、「牛乳やヨーグルトなどの賞味期限や製造工場、ロット番号の表示場所」についてはこちらをご覧ください。 【賞味期限(開封前)】 西暦の下二桁から記載しています 例1) 17.11.01→2017年11月1日 例2) 171101 詳細表示

          • No:4337
          • 公開日時:2006/12/22 17:33
          • 更新日時:2018/10/18 09:34
        • 牛乳は開封後、悪くなるとどのような状態になりますか

          牛乳は容器を開封しますと、徐々に品質が変化します。 周囲の色々なにおいを吸着しやすい性質があり、開封後の保管状況によっては、通常と異なるにおいや風味を感じることがあります。 また、開封後に周囲から細菌が入り増加すると、牛乳の品質が劣化し、凝固する場合や温めた時に塊ができることがあります。 体調や一緒にお召し上がり 詳細表示

          • No:647
          • 公開日時:2006/05/30 18:01
          • 更新日時:2019/02/12 11:30
        • 牛乳は製造から何日目で賞味期限を付けているのですか

          一般の牛乳は製造日の翌日から7日目に賞味期限を付けています。 また、ESL製法で作られた牛乳の賞味期限は、製造日+14~20日です。 ※ESL(Extended Shelf Life)製法は賞味期限の延長を意味しております。 原料から製品に至る製造工程において、徹底した衛生管理を行うことによって賞味期限を製造日 詳細表示

          • No:1590
          • 公開日時:2003/12/26 17:26
          • 更新日時:2018/06/22 11:29
        • 牛乳アレルギーの場合、乳糖を摂らない方がよいですか

          牛乳アレルギーをお持ちの方は乳糖の摂取も控えたほうがよいでしょう。一般的に食品に使用される乳糖は牛乳たんぱく質を微量含んでいます。牛乳アレルギーをお持ちの方は、原材料中に乳糖の表示がある食品も召し上がるのを控えたほうがよいでしょう。なお、かかりつけの医師がいる場合はご相談ください。 詳細表示

          • No:848
          • 公開日時:2005/07/25 15:54
        • カルシウム摂取に効果的な牛乳の摂取時間

          牛乳はいつ飲んでもかまいません。 参考までに、カルシウムは夜寝ている間に骨から血液中に溶け出し、また、骨や筋肉は夜寝ている間に作られるため、夜寝る前に飲むのが良いという説もあります。カルシウム摂取にはいつ飲むかよりも毎日続けることが大切なので、飲み忘れない時間帯を決めて同じ時間に飲むことをお勧めします。 詳細表示

          • No:978
          • 公開日時:2004/12/07 16:24
        • 「おいしい牛乳 900ml」容器のリサイクル方法

          「おいしい牛乳」の900ml入り容器は、キャップ・内フタは「プラスチック」、容器本体は「紙パック」として分別されます。 「資源有効利用促進法」では複合素材でできた容器は、重量ベースで最も比率が高い素材で分類するとされ、法的には注ぎ口を含む容器全体(キャップ・内フタを除く)で「紙パック」としてリサイクルに出すこと 詳細表示

          • No:4166
          • 公開日時:2016/10/19 13:29
          • 更新日時:2018/06/11 13:23

        123件中 51 - 60 件を表示