Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 商品編 』 内のFAQ

362件中 61 - 70 件を表示

7 / 37ページ
  • ガムが髪の毛に付いた場合の取り方について

    ガムは油分に溶けやすい性質なので、ヘアークリーム等の油分の多い整髪剤を髪になじませ、乾いた布で根気よく取り除いてください。その後、シャンプーで洗ってください。

    • No:98
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • グミの造り方

    平らにしたとうもろこしの粉の表面に、型を押し付け凹型を作り、そこにグミ液(主原料は水飴・砂糖・ゼラチン)を流し、冷やして固めます。

    • No:102
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • きのこの山はいつ発売されたのですか

    1975年(昭和50)年に発売されました。

    • No:126
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • ホワイトチョコレートが白いのにチョコレートと呼ばれる理由

    チョコレートの規格によって、ココアバターが一定量含まれていればチョコレートと呼べます。ミルクチョコレートの主な原料は、砂糖・カカオマス・ココアバター・乳製品です。ホワイトチョコレートは、チョコレート色をしたカカオマスを全く使わないため白いのです。

    • No:127
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • マクビティビスケットは、いつ頃・どこの国でつくられたのですか?

    1830年ごろ、イギリスのスコットランド地方エジンバラでロバート・マクビティ氏により作られました。

    • No:110
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • チョコレートを湯せんにかけるとボソボソになって上手に溶けない理由

    チョコレートは油分が多いため、水分を嫌います。湯せんの水や蒸気の水滴が入るとボソボソになってしまいます。

    • No:135
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • ココアのポリフェノールについて

    ポリフェノールは植物に広く存在する天然成分で、抗酸化物質として注目されています。緑茶のタンニン、赤ワインポリフェノール、チョコレートやココアのカカオマスポリフェノールが代表的です。

    • No:95
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • 牛乳を料理に使用すると分離してしまうことがありますがなぜですか

    牛乳が分離するのは、牛乳中のたんぱく質が酸やミネラル、酵素等の存在下で加熱により凝固するためです。 分離した牛乳は口当たりがザラザラしておいしくないので、牛乳を加えたら蓋をせずに、長時間加熱しすぎたり、煮立てないよう注意してください。 また、スープに小麦粉などでとろみをつけてから牛乳を加えますと、分離しにくく...

    • No:1486
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2016/09/02 11:02
  • マクビティビスケットに使われている全粒粉とは何ですか

    小麦の表皮・胚乳・胚芽すべてを粉にしたものが全粒粉です。食物繊維・鉄分・ビタミンEが多く含まれ、独特の香ばしい食感が特徴です。

    • No:109
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • ミルクチョコレートの発売について

    「明治ミルクチョコレート」は1926年(大正15年)に発売されました。 ミルクチョコレートの歴史は、こちら(ブランドサイト:ミルチ・ヒストリー)をご覧ください。

    • No:134
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
    • 更新日時:2016/09/27 17:13

362件中 61 - 70 件を表示