Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

◆お問い合わせ
  • お電話
  • メール
  • お手紙

  • ◆ショッピング・宅配
    • ウェルネス オンラインショップ
    • 宅配サービス

    • ◆CM・キャンペーン
      • CMギャラリー
      • キャンペーン一覧

      • 相談センターだより
        赤ちゃん相談室だより

        まめ知識編

        『 まめ知識編 』 内のFAQ

        221件中 21 - 30 件を表示

        3 / 23ページ
        • チェルシーの名前の由来

          ロンドン市南西部にある地区「チェルシー」から名付けました。約3,000ものネーミングの中から、「響きが良く覚えやすい」「愛らしく洒落た感じ」などの理由で選ばれました。1971年(昭和46年)の発売以来、花柄のお洒落なデザインはほとんど変わっていません。 チェルシーの歴史は、こちら(ブランドサイト)からご覧く...

          • No:105
          • 公開日時:2011/03/28 14:37
          • 更新日時:2016/09/27 15:31
        • 牛乳を料理に使用すると分離してしまうことがありますがなぜですか

          牛乳が分離するのは、牛乳中のたんぱく質が酸やミネラル、酵素等の存在下で加熱により凝固するためです。 分離した牛乳は口当たりがザラザラしておいしくないので、牛乳を加えたら蓋をせずに、長時間加熱しすぎたり、煮立てないよう注意してください。 また、スープに小麦粉などでとろみをつけてから牛乳を加えますと、分離しにくく...

          • No:1486
          • 公開日時:2004/09/29 08:30
          • 更新日時:2016/09/02 11:02
        • アポロチョコの発売について

          1969(昭和44)年に発売されました。アポロの形は、同じ年に月面に着陸した宇宙船「アポロ11号」帰還船の先端部分の形をイメージしています。

          • No:125
          • 公開日時:2011/03/28 14:37
        • コラーゲンとお肌の関係について

          コラーゲンはタンパク質の一種で、皮膚の約70%がコラーゲンです。細胞と細胞をつなぎ止める働きをしていて、ハリのあるしなやかな肌をつくる役割をしています。

          • No:82
          • 公開日時:2011/03/28 14:37
        • チョコレートを食べると、ニキビができますか

          ニキビは、ホルモンバランスの崩れ、皮膚が清潔に保たれていない、体調の不良等が原因といわれています。チョコレートを食べることと、ニキビの悪化は無関係であると医学的にも証明されています。

          • No:129
          • 公開日時:2011/03/28 14:37
        • ココアバターとはどのようなものなのですか?

          通常のバターではなく、カカオ豆に含まれている「脂肪分」のことをいいます。カカオ豆には、脂肪分がおよそ55%も含まれており、お口の中でとろりと溶け、素敵な香りが広がる美味しいチョコレートはこのココアバターの性質によるものです。

          • No:91
          • 公開日時:2011/03/28 14:37
        • カカオとはどのようなものですか?

          カカオ豆は熱帯作物で、年間平均気温27℃以上の西アフリカ・東南アジア・中南米で栽培されています。カカオの樹は、高さ7~10m、幹の太さは10~20cmになり、枝だけでなく、幹の太いところにも実がなり、ちょっと風変わりな樹になります。詳しくは、こちらをご覧ください。

          • No:120
          • 公開日時:2011/03/28 14:37
        • グミの発売日

          日本では、㈱ 明治(旧明治製菓)が初めて1980(昭和55)年「コーラアップ」、1988(平成元)年に「果汁グミ」を発売しました。

          • No:103
          • 公開日時:2011/03/28 14:37
        • チョコレートを犬や猫にあげてはいけないのはなぜですか

          チョコレートを犬や猫にあげてはいけないのは、チョコレートやココアに含まれているテオブロミンは、人にはリラックス効果や集中力を高める働きがありますが、犬や猫には痙攣や呼吸困難の原因になる恐れがあるからです。  万一、犬や猫がチョコレートを食べてしまい様子がおかしい時は、獣医さんに診ていただくことをおすすめします。...

          • No:131
          • 公開日時:2015/11/24 09:20
        • きのこの山はいつ発売されたのですか

          1975年(昭和50)年に発売されました。

          • No:126
          • 公開日時:2011/03/28 14:37

        221件中 21 - 30 件を表示