Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

まめ知識編

『 まめ知識編 』 内のFAQ

187件中 126 - 150 件を表示

6 / 8ページ
  • 乳酸菌を利用してつくられる食べ物について

    乳酸菌は、乳製品以外にも様々な食品に利用されています。乳製品では、ヨーグルト、乳酸菌飲料、チーズ、発酵バターなどがあります。その他にも、みそ、しょうゆ、清酒、漬物なども乳酸菌を利用してつくられます。 詳細表示

    • No:1427
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 産地による牛乳の味の違い

    牛乳の味は、牛の種類、餌の違い、飼育の環境、季節などによって違いがあります。 牛乳は乳牛の品種、飼料、季節、地域、年齢など、さまざまな要因で乳質が変動します。 したがって、牛乳の味を決める成分(乳脂肪や無脂乳固形分)も乳牛の個体差によって変わ... 詳細表示

    • No:1520
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/06/21 11:26
  • 日本で最初のプレーンヨーグルトはどれですか

    日本初のプレーンヨーグルトの発売は1971年(昭和46年)3月の「明治プレーンヨーグルト」(「明治ブルガリアヨーグルトLB81」の前身)です。 当時は現在のようなプラスチック蓋の容器ではなく、牛乳パックと同じ形の紙容器入りで発売されました。 ... 詳細表示

    • No:1409
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/05/23 15:45
  • ヨーグルトを最も食べる国

    ヨーグルトをよく食べる国は、ブルガリア、オランダです。 フランスやドイツは消費よりもむしろ工業生産国として有名で、ヨーロッパの食料品店では、両国産のヨーグルトがよく目に付きます。 新大陸は搾乳の歴史が浅いためか、アメリカではヨーグルトはあまり... 詳細表示

    • No:1411
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/05/22 13:49
  • 学校牛乳の歴史

    わが国最初の牛乳給食は、大正9年東京麹町小学校との記録が残っています。 第二次世界大戦がはじまり食糧不足のため一時中断されましたが、戦後は昭和22年から脱脂粉乳とおかずの給食が週2~3回実施され、昭和27年には全国の小学校で完全給食が実施されま... 詳細表示

    • No:1488
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/05/22 16:43
  • 昔の牛乳と最近の牛乳の味の違い

    種類別で牛乳と表示のあるものは、水で薄めるようなことはありません。 最近の牛乳は、昔と比べて味が薄く感じるという人がいますが、水で薄めることは一切ありません。 法律で水や添加物を加えることは一切禁じられています。薄く感じる訳は、牛乳の中にある... 詳細表示

    • No:1476
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/06/06 16:22
  • 【トレハロース】とは何ですか

    トレハロースとは、きのこ、えび等に含まれる天然の糖質です。 食品の乾燥、傷みを抑えたり旨味を引きだす性質があります。 甘味度は砂糖の45%で虫歯になりにくい甘味料です。 風味の改善や指や歯の付着感の改善のために使用されます。 詳細表示

    • No:1329
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/08/13 17:00
  • 世界にはどんなヨーグルトがありますか

    世界には、様々なヨーグルトがあります。「ダヒ」と呼ばれるインドやネパールのヨーグルトは、牛乳や水牛乳をはっ酵させて作ります。世界で最も多様な乳製品をつくる遊牧民族として知られるモンゴルでは、ヨーグルトは「タラグ」と呼ばれています。フィンランド原産... 詳細表示

    • No:1410
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • プルーンブレンドの【プルーン】とはどのような植物ですか

    プルーンは、バラ科サクラ属で、西洋スモモの一種です。 この種の中でも、赤紫色の実をつけドライフルーツとして食されるものが特に「プルーン」と呼ばれています。木の高さは5mにも達し、枝ぶりが良く3~4月頃には梅に似た白い花が咲き、木全体が清楚な白色... 詳細表示

    • No:1357
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/04/25 11:17
  • 牛乳に使われている牛の種類

    日本の乳牛のほとんどがホルスタイン種です。 商品に明記されていない場合、ホルスタイン種であると言えます。 詳細表示

    • No:1534
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/06/07 10:41
  • ブルガリアの有名なヨーグルト料理

    代表的なブルガリア料理に「タラトル」という冷製ヨーグルトスープがあります。 「タラトル」のレシピはこちらからご覧いただけます。 「明治ブルガリアヨーグルト倶楽部」では、「タラトル」の他にも 美味しくて栄養たっぷりのヨ... 詳細表示

    • No:1412
    • 公開日時:2015/12/08 10:20
    • 更新日時:2019/09/26 14:01
  • 宅配商品の【安定剤】について

    食品の安定性(沈殿などの防止)をはかるために利用されるものです。マメ科植物の種子や海草などから抽出されたものを安定剤として使用します。食品によく使われておりますのでご安心してお召し上がりください。 詳細表示

    • No:1353
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 【加工乳】とは何ですか

    種類別:加工乳とは、生乳に脱脂乳、脱脂粉乳、クリーム、バターなどの乳製品を加え、成分を調整したものです。 成分規格は「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」(乳等省令)によって、無脂乳固形分(牛乳から乳脂肪分と水分を除いた成分)は8.0%以上と... 詳細表示

    • No:1518
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/06/07 15:22
  • なぜ牛乳の殺菌が義務づけられているのですか

    牛も人にも感染する可能性のある感染症(人畜共通感染症)を防ぐために、牛乳は殺菌して販売することが法的に義務づけられています。殺菌は、病原菌のうち最も耐熱性が高いものの一つである結核菌が完全に死滅するのに必要な条件(63℃30分)を満たし、これと同... 詳細表示

    • No:1493
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 「KAGOME 野菜生活100 1日1本緑黄色野菜」の【β-カロテン】とは何ですか

    β-カロテンとは、緑黄色野菜などの植物性食品に含まれるビタミンAの一種で、活性酸素を除去する働きがあります。β-カロテンは体内に吸収されるとレチノールというビタミンAに変化するので、プロビタミンAとよばれています。ビタミンAは、レチノールでとると... 詳細表示

    • No:1361
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 体内に入って死滅した乳酸菌の効果について

    体内で乳酸菌が死滅しても、腸内にもともと住みついている善玉菌を増やし、腸内の有害物質を吸着して体外に出してくれる働きがあります。ヨーグルト中の乳酸菌は、腸内でたくさんの有機酸をつくり、悪玉菌が増えるのを防ぎます。また死滅したときに遊離される菌体成... 詳細表示

    • No:1433
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • ココアのはじまり

    1828年、オランダのバン・ホーテンが粉末ココアを発明し販売したのが始まりです。 ココアはカカオの種子(カカオ豆)を炒って粉砕し、脱脂したものです。 バン・ホーテンは、ココア豆の脂肪分を除去して、水に溶けやすい粉末ココアを発明し、ココアの名前... 詳細表示

    • No:1441
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 牛乳とヨーグルトの消化吸収の差はありますか

    ヨーグルトの方が牛乳よりやや吸収がよいといえるでしょう。ヨーグルトは乳酸菌により栄養素の一部が分解されているため、消化吸収がよくなります。また牛乳自体、他の食品と比べカルシウムの吸収率が高いといえますが、乳酸発酵したヨーグルトは乳酸の作用によって... 詳細表示

    • No:1436
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 牛乳の成分

    牛乳の成分は、87.4%の水分と12.6%の乳固形分です(七訂日本食品標準成分表2015年版の普通牛乳より)。 乳固形分は、3.8%の乳脂肪分と8.8%の無脂乳固形分(乳脂肪以外の固形分)に分けられます。 牛乳にはカルシウムやビタミン... 詳細表示

    • No:1509
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/03/06 15:40
  • 牛乳が紙容器で販売されたのはいつですか

    日本では、牛乳が紙容器で販売されたのは1956年です。 1964年の東京オリンピックでの採用、スーパーマーケットの発展、学校給食への牛乳の普及など、1970年代に急速に牛乳の紙容器化が広まっていきました。 また世界で使われている牛乳容器の中には... 詳細表示

    • No:1460
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/05/23 13:52
  • 加熱時にバターやマーガリン類が植物油より焦げやすい理由

    バターやマーガリン類にはたんぱく質が含まれているためです。植物油にはたんぱく質は含まれていませんが、バターやマーガリン類にはたんぱく質が含まれています。たんぱく質が多いほど焦げやすいといえます。 詳細表示

    • No:1538
    • 公開日時:2004/08/20 17:09
  • ヨーグルトを使用した料理の特徴を教えてください

    ヨーグルトはその多様な魅力から、ブルガリアをはじめインドやロシア、トルコなど伝統的なヨーグルト文化を持つ国では、さまざまな料理の食材として使用されています。 食材としての魅力を簡単に挙げますと次のようなものがあります。 ●風味や酸味が料理の味... 詳細表示

    • No:1413
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/09/26 14:07
  • 季節による牛が出す乳の量の違い

    牛は平均すると1日に約20~30kgの生乳を出しますが、季節等によっても変化します。牛は寒さには割と強いのですが夏の暑さには弱いのです。寒い場合は余計に餌を食べて体を温めようとします。逆に夏場は暑いため、餌を食べると更に体温が上がるので、餌を食べ... 詳細表示

    • No:1461
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 【カテキン】とは何ですか

    カテキンとは、お茶に含まれる渋みのもととなるタンニンの一種です。タンニンはお茶独特の渋味のもとになる物質です。一口にタンニンといっても種類があり、紅茶ではポリフェノール、緑茶ではカテキンと言います。お茶は成人病予防に期待のもてる食品と言われていま... 詳細表示

    • No:1449
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 牛が病気の時に使用した薬は牛乳に残りますか

    牛に多い病気は乳房炎などです。 病気にかかった時には、治療薬としてペニシリンなどの抗生物質が使用されます。 これらの薬剤が乳牛に投与されると、必然的に生乳中にも移行します。 しかし、抗生物質を含む牛乳を販売することは、食品衛生法で禁止されて... 詳細表示

    • No:1527
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/05/23 11:42

187件中 126 - 150 件を表示