Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

まめ知識編

『 まめ知識編 』 内のFAQ

189件中 61 - 70 件を表示

7 / 19ページ
  • 「ヨーグルト」と「発酵乳」の違い

    「ヨーグルト」は一般的な呼び名、「発酵乳」は乳等省令で定められた呼び名です。 日本にはヨーグルトという名称での規格はなく、食品衛生法にもとづく「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令)」で定められた「発酵乳」がヨーグルトに該当します。 その乳等省令には「発酵乳とは、乳又はこれと同等以上の無脂乳固形分を... 詳細表示

    • No:1406
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2018/09/12 10:28
  • 牛が1日に出す乳の量

    一頭のお母さん牛は1日に約20~40kgの牛乳を出します。1リットルのパックにすると約20~40本分となります。 詳細表示

    • No:1532
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • ピロリ菌とはどのような菌ですか

    ピロリ菌は胃の粘膜などに住む細菌です。近年、研究が進み、ピロリ菌は胃の粘膜を荒らし、胃炎などの原因になると考えられています。                                     ●ピロリ菌の発見についてつい最近まで、胃の中は非常に酸性が強く、生物が生きていけるような環境ではないと信じられて... 詳細表示

    • No:758
    • 公開日時:2006/01/13 09:21
  • レバーや魚を牛乳に浸しておくと臭みがなくなるのはなぜですか

    牛乳にはにおいを吸着する性質があるからです。 牛乳は、液体の中にたんぱく質や脂肪といった固形分が分散して存在しているコロイド(液体に固形分の粒子が分散して存在している状態)溶液です。 この粒子は、表面積が非常に大きく、表面に種々の物質を吸着しやすいことから、牛乳のコロイド粒子であるたんぱく質や脂肪に、においの成分... 詳細表示

    • No:977
    • 公開日時:2004/12/08 16:27
  • 【ペクチン】とは何ですか

    ペクチンは柑橘類やりんごなどから水で抽出して得られたものです。成分はメチル化ポリガラクチュロン酸等の多糖類です。みかんの皮などを希酸で処理したり、水で長く熱して得られたものを、一般にペクチンといいゼリー状を呈しますが、食品添加物としては乾燥、粉末にしたものを用います。のむヨーグルトや清涼飲料、ゼリーなどに、増粘剤... 詳細表示

    • No:906
    • 公開日時:2005/04/04 15:22
  • 【BMI】とは何ですか

    Body Mass Indexの略で、成人の肥満を判定する指数です。BMIは、 体重(kg)÷{身長(m)}2 で計算され、肥満度の判定基準として広く使用されています。肥満の判定基準(日本肥満学会より)は以下の通りです。 正  常:18.5~25 肥満1度:25~30 肥満2度:30~35 肥満3度:35~40 ... 詳細表示

    • No:897
    • 公開日時:2005/05/06 10:17
  • プロセスチーズに使用している【乳化剤】の種類について

    チーズに使用している乳化剤には、リン酸ナトリウム、グリセリン脂肪酸エステル、クエン酸ナトリウムなどがあります。 乳化剤は、水と油を混ぜ合わせて安定させるものです。プロセスチーズは原料のチーズを一度溶かして再度、成型するという製法をとりますが、チーズ全体をなじませる(乳化させる)ために「乳化剤」が必要になります。... 詳細表示

    • No:909
    • 公開日時:2005/04/04 15:09
    • 更新日時:2016/06/24 10:31
  • 【着色料(スピルリナ青)】とは何ですか

    原材料に使用されている着色料(スピルリナ青)は、藻類のスピルリナから抽出した色素です。 スピルリナ色素は青色の天然色素で、多くの食品に利用されています。 詳細表示

    • No:831
    • 公開日時:2005/09/01 08:43
    • 更新日時:2018/06/08 12:05
  • 【安定剤(カラギーナン)】について

    カラギーナン(カラギナン)は、海草(紅藻類)から水で抽出した天然の多糖類です。トロミをつけたり、ゼリー化したり、品質を安定させるために、増粘剤やゲル化剤、安定剤としてプリンやゼリー、乳飲料などに使用されます。 詳細表示

    • No:893
    • 公開日時:2005/05/06 10:49
  • 加熱時にバターやマーガリン類が植物油より焦げやすい理由

    バターやマーガリン類にはたんぱく質が含まれているためです。植物油にはたんぱく質は含まれていませんが、バターやマーガリン類にはたんぱく質が含まれています。たんぱく質が多いほど焦げやすいといえます。 詳細表示

    • No:1538
    • 公開日時:2004/08/20 17:09

189件中 61 - 70 件を表示