Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 おかし・アイス・デザート 』 内のFAQ

66件中 21 - 30 件を表示

3 / 7ページ
  • ガムを飲み込んでしまったが大丈夫ですか

    うっかりガムを飲み込んでしまっても消化吸収されず、そのまま排出されてしまいますのでご安心ください。

    • No:99
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • ヨーグレットとハイレモンのパッケージに「栄養機能食品」と表示されているがど...

    ビタミンやミネラルの補給、補完に適した食品として認められたものであることを表しています。

    • No:106
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • ポケパチキャンデーやわたパチがパチパチする理由

    炭酸ガスを閉じ込めたキャンデーのかけらを混ぜているので、お口の中でキャンデーが溶けて水分(唾液)と反応するときに、閉じ込められたガスがパチパチと弾けます。

    • No:104
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • カカオ豆の種類、特徴

    カカオ豆は、強い苦味が特徴です。同じ品種でも産地が変わると、味や香りに差が生じ、個性が違うものになります。 (1)西アフリカ(コートジボワール、ガーナなど):酸味、苦味、渋みのバランスが良く、適度な香ばしさもあり、カカオを代表するスタンダードな豆です。 (2)エクアドル:花のような香りや強い苦味があり、酸味...

    • No:119
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • ホワイトチョコレートが白いのにチョコレートと呼ばれる理由

    チョコレートの規格によって、ココアバターが一定量含まれていればチョコレートと呼べます。ミルクチョコレートの主な原料は、砂糖・カカオマス・ココアバター・乳製品です。ホワイトチョコレートは、チョコレート色をしたカカオマスを全く使わないため白いのです。

    • No:127
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • チョコレートを犬や猫にあげてはいけないのはなぜですか

    チョコレートを犬や猫にあげてはいけないのは、チョコレートやココアに含まれているテオブロミンは、人にはリラックス効果や集中力を高める働きがありますが、犬や猫には痙攣や呼吸困難の原因になる恐れがあるからです。  万一、犬や猫がチョコレートを食べてしまい様子がおかしい時は、獣医さんに診ていただくことをおすすめします。...

    • No:131
    • 公開日時:2015/11/24 09:20
  • ガムを噛んでいたら溶けることがありますか

    ガムは油分に溶けやすい性質があります。チョコレート等、油脂が含まれた食品を一緒に食べると溶ける場合があります。

    • No:97
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • グミの発売日

    日本では、㈱ 明治(旧明治製菓)が初めて1980(昭和55)年「コーラアップ」、1988(平成元)年に「果汁グミ」を発売しました。

    • No:103
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • チョコレートを食べると、ニキビができますか

    ニキビは、ホルモンバランスの崩れ、皮膚が清潔に保たれていない、体調の不良等が原因といわれています。チョコレートを食べることと、ニキビの悪化は無関係であると医学的にも証明されています。

    • No:129
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • キシリッシュの包装の工夫について教えてください

    キシリッシュの個別包装紙は、噛み終った後のガムを包みやすくするために、二つ折りの大きな包装紙にしています。二つ折りになっている部分は直接ガムに触れるため、包装紙に明治のロゴを印刷していません。 また、キシリッシュのガムが入っている引き出し部分は、半分に折りたたんで収納ケースにすることができます。折りたた...

    • No:100
    • 公開日時:2016/03/18 09:59

66件中 21 - 30 件を表示