Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 おかし・アイス・デザート 』 内のFAQ

67件中 31 - 40 件を表示

4 / 7ページ
  • パッケージの箱のセロファンについて

    商品により、それぞれ適した包装形態になっています。箱に入った商品で、セロファンがかかっていないものは、箱の中に密封した袋が入った包装になっています。マカダミアチョコレートは箱を開封すると、密閉されたプラスチックトレーに入っています。

    • No:118
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • カカオとはどのようなものですか?

    カカオ豆は熱帯作物で、年間平均気温27℃以上の西アフリカ・東南アジア・中南米で栽培されています。カカオの樹は、高さ7~10m、幹の太さは10~20cmになり、枝だけでなく、幹の太いところにも実がなり、ちょっと風変わりな樹になります。詳しくは、こちらをご覧ください。

    • No:120
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • チョコレートを食べると、ニキビができますか

    ニキビは、ホルモンバランスの崩れ、皮膚が清潔に保たれていない、体調の不良等が原因といわれています。チョコレートを食べることと、ニキビの悪化は無関係であると医学的にも証明されています。

    • No:129
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • キシリッシュガムのお腹への影響についての表示

    キシリトールなどの甘味料は、小腸で吸収されにくい性質があり、お腹がゆるくなりことがあります。体調、体質などにより個人差はありますが、一過性のもので心配ありません。

    • No:96
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • ヤンヤンつけボーの楽しみ方

    ヤンヤンつけボーは昭和54年発売以来、世界中で親しまれている商品です。日本発売品のみ、トッピングがついています。スティックビスケットと容器を手に持って、チョコレートやトッピングをつけて楽しんでいただく商品にしているため、容器は持ちやすく細くしています。小さなお子様は、容器ごとマグカップ等に入れる方法も良いと思います。

    • No:121
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • マクビティビスケットは、いつ頃・どこの国でつくられたのですか?

    1830年ごろ、イギリスのスコットランド地方エジンバラでロバート・マクビティ氏により作られました。

    • No:110
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • ガムが髪の毛に付いた場合の取り方について

    ガムは油分に溶けやすい性質なので、ヘアークリーム等の油分の多い整髪剤を髪になじませ、乾いた布で根気よく取り除いてください。その後、シャンプーで洗ってください。

    • No:98
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • チョコレートを犬や猫にあげてはいけないのはなぜですか

    チョコレートを犬や猫にあげてはいけないのは、チョコレートやココアに含まれているテオブロミンは、人にはリラックス効果や集中力を高める働きがありますが、犬や猫には痙攣や呼吸困難の原因になる恐れがあるからです。  万一、犬や猫がチョコレートを食べてしまい様子がおかしい時は、獣医さんに診ていただくことをおすすめします。...

    • No:131
    • 公開日時:2015/11/24 09:20
  • ホワイトチョコレートが白いのにチョコレートと呼ばれる理由

    チョコレートの規格によって、ココアバターが一定量含まれていればチョコレートと呼べます。ミルクチョコレートの主な原料は、砂糖・カカオマス・ココアバター・乳製品です。ホワイトチョコレートは、チョコレート色をしたカカオマスを全く使わないため白いのです。

    • No:127
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • グミの造り方

    平らにしたとうもろこしの粉の表面に、型を押し付け凹型を作り、そこにグミ液(主原料は水飴・砂糖・ゼラチン)を流し、冷やして固めます。

    • No:102
    • 公開日時:2011/03/28 14:37

67件中 31 - 40 件を表示