Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 おかし・アイス・デザート 』 内のFAQ

66件中 31 - 40 件を表示

4 / 7ページ
  • パッケージの箱のセロファンについて

    商品により、それぞれ適した包装形態になっています。箱に入った商品で、セロファンがかかっていないものは、箱の中に密封した袋が入った包装になっています。マカダミアチョコレートは箱を開封すると、密閉されたプラスチックトレーに入っています。

    • No:118
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • アポロチョコの発売について

    1969(昭和44)年に発売されました。アポロの形は、同じ年に月面に着陸した宇宙船「アポロ11号」帰還船の先端部分の形をイメージしています。

    • No:125
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • グミの造り方

    平らにしたとうもろこしの粉の表面に、型を押し付け凹型を作り、そこにグミ液(主原料は水飴・砂糖・ゼラチン)を流し、冷やして固めます。

    • No:102
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • キシリッシュガムのお腹への影響についての表示

    キシリトールなどの甘味料は、小腸で吸収されにくい性質があり、お腹がゆるくなりことがあります。体調、体質などにより個人差はありますが、一過性のもので心配ありません。

    • No:96
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • カールについて教えてください

    「カール」はトウモロコシを原料とした日本で最初の本格的なスナック菓子として、1968年に誕生しました。くるりんとカールした形と、独特のふっくらサクサク食感で、長い間親しまれています。 発売当時の味は「チーズ」「チキンスープ」の2種類、これまでに発売された種類は140種類以上にものぼります。 現在は、食べや...

    • No:113
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
    • 更新日時:2016/11/11 13:22
  • カールの発売とその時の味について

    カールは、1968年(昭和43年)に発売されました。最初はチーズ味とチキンスープ味の二種類で、希望小売価格は70円でした。 なお、ブランドサイトではカールの歴史を紹介しています。 こちらからご覧ください。

    • No:112
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • ヤンヤンつけボーの楽しみ方

    ヤンヤンつけボーは昭和54年発売以来、世界中で親しまれている商品です。日本発売品のみ、トッピングがついています。スティックビスケットと容器を手に持って、チョコレートやトッピングをつけて楽しんでいただく商品にしているため、容器は持ちやすく細くしています。小さなお子様は、容器ごとマグカップ等に入れる方法も良いと思います。

    • No:121
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • マクビティビスケットは、いつ頃・どこの国でつくられたのですか?

    1830年ごろ、イギリスのスコットランド地方エジンバラでロバート・マクビティ氏により作られました。

    • No:110
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • ミルクチョコレートの発売について

    「明治ミルクチョコレート」は1926年(大正15年)に発売されました。 ミルクチョコレートの歴史は、こちら(ブランドサイト:ミルチ・ヒストリー)をご覧ください。

    • No:134
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
    • 更新日時:2016/09/27 17:13
  • ガムが髪の毛に付いた場合の取り方について

    ガムは油分に溶けやすい性質なので、ヘアークリーム等の油分の多い整髪剤を髪になじませ、乾いた布で根気よく取り除いてください。その後、シャンプーで洗ってください。

    • No:98
    • 公開日時:2011/03/28 14:37

66件中 31 - 40 件を表示