Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 乳製品 』 内のFAQ

206件中 191 - 200 件を表示

20 / 21ページ
  • チーズは冷凍で保存できますか

    チーズによっては冷凍保存することにより、離水したり、ボロボロになるものもありますが、ピッツァ用等の小さく裁断されたチーズ(シュレッドタイプ)は冷凍保存可能です。使い残りのものなどは冷凍しておくと、カビが生えません。

    • No:1624
    • 公開日時:2003/08/26 00:00
  • ヨーグルトの添付砂糖についてのお知らせ

    ブルガリアヨーグルトLB81プレーン(450g)は、2014年2月下旬より新たに独自製法「まろやか丹念発酵」を使用し、よりまろやかなおいしさへとリニューアルいたしました。あわせて、砂糖の添付を終了させていただきました。 近年、プレーンヨーグルトの食べ方は多様化しており、お客様は様々な食べ方で商品を楽しまれていま...

    • No:2433
    • 公開日時:2014/02/24 00:00
  • バターのコレステロールについて

    コレステロール値が正常な方であれば、心配はありません。コレステロールは細胞膜を構成したり、副腎皮質ホルモンや性ホルモン、脂肪の消化に必要な胆汁酸やビタミンDを作る材料になります。生命維持のために重要なもので、肝臓や腸で毎日1000~1500mg作られています。食事からも毎日300~500mgくらい摂取していますが...

    • No:1631
    • 公開日時:2003/08/26 00:00
  • クリーム(種類別)とは何ですか

    クリーム(種類別)とは牛乳中の脂肪分をとりだしたもので、「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令)」によれば、乳脂肪18.0%以上のものとされ、植物脂肪や乳化剤等 、添加物は一切加えてないものをいいます。植物性脂肪などを加えたものは「乳または乳製品を主原料とする食品」(種類別)となります(一般にコンパウン...

    • No:1646
    • 公開日時:2003/08/26 00:00
  • 「まろやか丹念発酵」とは何ですか

    当社独自の「まろやか丹念発酵」は、発酵する前にヨーグルトのもとに含まれている酸素濃度を低くし、通常のヨーグルトよりやや低い温度で発酵させるのが特徴です。 この製法により、口ざわりなめらかでまろやかな、しかもしっかりと固まったヨーグルトができます。 この製法は特許(特許第3644505号、特許第366687...

    • No:2320
    • 公開日時:2014/02/24 00:00
    • 更新日時:2016/09/29 11:18
  • 「ストレート果汁」と「濃縮還元果汁」の違い

    ストレート果汁とは果実を搾ったままのものをいいます。濃縮還元果汁とは、果実を搾ったものを濃縮して保存し(冷凍保存)、商品化するときに元の状態に解凍希釈したものです。※濃縮には加熱濃縮、膜濃縮、凍結濃縮などがあります。

    • No:1660
    • 公開日時:2003/08/26 00:00
  • 粉末ココアの製造・販売

    粉末ココア商品につきましては、誠に勝手ながら、2016年3月をもちまして、製造・販売を終了させていただきました。 現在のところ、当商品に代わる商品や類似品の発売予定はございません。 ご愛飲いただいていたお客様には、ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。 これからも、皆様においしく召し上がっていただける商...

    • No:4225
    • 公開日時:2016/12/26 14:28
  • マーガリン類(カップ型容器)の表面に付いている薄い紙は何ですか

    マーガリン類(カップ型容器)の表面に付いている薄い紙は、パーチメント紙といいます。マーガリン類の表面が空気に触れて、脂肪分が酸化したり、水分が蒸発するのを防ぐためのものです。

    • No:1627
    • 公開日時:2015/07/03 13:12
  • ヨーグルトの食べ方

    食品なので特に決まりはなく、いつお召し上がりいただいてもかまいません。 量に関しては、例えば特定保健用食品の「ブルガリアヨーグルトLB81プレーン」などは、少なくとも1日100g以上食べることをおすすめしています。特定保健用食品であれば、パッケージに表示されている「摂取量」を目安にお召し上がりください。...

    • No:1653
    • 公開日時:2003/08/26 00:00
    • 更新日時:2016/11/17 10:04
  • 日本での牛乳のはじまり

    記録に残っているものでは、大化の改新(645年)のころ、百済から医学を伝えた知聡という人が孝徳天皇に滋養強壮の薬として牛乳を献上したとのことです。大宝律令(701年)で、乳戸(牛を飼う所)というものが設けられて天皇や皇后、皇太子は毎日飲んでいたということです。一般の人が飲むようになったのは明治時代以後です。

    • No:1664
    • 公開日時:2003/08/26 00:00

206件中 191 - 200 件を表示