Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 乳製品 』 内のFAQ

196件中 51 - 60 件を表示

6 / 20ページ
  • プロビオヨーグルトLG21を種菌にしてヨーグルトを作れますか

    プロビオヨーグルトLG21には、他の乳酸菌が含まれていますので、ヨーグルトを作ることはできます。 ただし、LG21乳酸菌は、空気(酸素)に弱いため培養が難しく、一般家庭では同じヨーグルトを作ることはできません。 なお「プロビオヨーグルトLG21」の商品カタログはこちらからご覧いただけます。 詳細表示

    • No:1399
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2018/02/07 11:31
  • 牛乳販売店のご紹介

    ありがとうございます。明治の宅配サービスのお申し込みは、下記のフリーダイヤルにお電話ください。おかけになったエリアの当社の支店につながります。地域によってはお届けできない場合がございますので、まずはお電話ください。なお、商品のお届け日・時間帯等は地域によって異なります。 お問い合わせ先:株式会社明治 宅配商品... 詳細表示

    • No:963
    • 公開日時:2004/12/13 18:09
  • 牛乳パックの上部にあるくぼみ

    牛乳パック容器上部にあるくぼみは「切欠き」と呼ばれ、バリアフリー対応として目の不自由な方や高齢の方が不便を感じないよう、平成13年12月から乳業メーカーで本格的に導入されました。 「切欠き」が付くのは、500ml以上の屋根型の紙パックの「種類別:牛乳」で、開け口の反対側に半円形の切り込みを1ヵ所入れてありま... 詳細表示

    • No:1471
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2018/11/14 10:14
  • 牛乳の変質を確かめる方法

    牛乳の変質を確かめる方法は1)目で見る   分離したりブツブツができていないか? 2)においをかぐ   酸っぱいにおい、嫌なにおい、いつもと違うにおいはないか? 3)なめてみる   少量口に含んでみて、酸味や苦味はないか? 4)沸騰させる   豆腐のように固まったり、分離したりしないか? このような状態になった場... 詳細表示

    • No:976
    • 公開日時:2004/12/08 16:33
  • 牛乳を加熱しても栄養は壊れませんか

    牛乳を加熱しても栄養価はほとんど変わりません。 熱に弱い栄養素はビタミンCですが、もともと牛乳には少ないものです。 牛乳に期待する栄養素は、カルシウム、たんぱく質、ビタミンA、ビタミンB2などです。これらの栄養素は加熱をしてもほとんど壊れません。 「明治 ミルク ラブ」などの乳飲料に強化されている炭... 詳細表示

    • No:1492
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2018/02/28 17:02
  • チーズの整腸作用について

    チーズでは、整腸作用はあまり期待できません。ヨーグルト(はっ酵乳)は、乳酸菌数または酵母数1000万/ml以上と定められており、その整腸作用は広く知られています。チーズは種類によって乳酸菌の存在量が違うので、一般的には整腸作用はあまり期待できません。しかし、チーズは牛乳本来のたんぱく質やカルシウムなどの栄養が豊富... 詳細表示

    • No:1245
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 牛乳の成分

    牛乳の成分は、87.4%の水分と12.6%の乳固形分です(七訂日本食品標準成分表2015年版の普通牛乳より)。 乳固形分は、3.8%の乳脂肪分と8.8%の無脂乳固形分(乳脂肪以外の固形分)に分けられます。 牛乳にはカルシウムやビタミンB2、ビタミンA、良質なたんぱく質などの栄養成分が豊富に含まれていま... 詳細表示

    • No:1509
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/03/06 15:40
  • チーズのコレステロールについて

    コレステロール値が正常な人は心配ありません。 日本人が1日に食事で摂るコレステロールは、平均で300~500mgで、プロセスチーズ20g当たりのコレステロールは約15mgです。鶏卵1個(50g)当たり210mg、豚ロース肉100g当たり70mgと比べても高い数値とはいえないでしょう。 コレステロールは体に悪い... 詳細表示

    • No:1226
    • 公開日時:2015/03/06 15:09
  • チーズのたんぱく質の消化吸収について

    チーズのたんぱく質が牛乳よりも消化吸収がよいのは本当です。チーズのたんぱく質は、乳酸菌の働きで一部は熟成中にアミノ酸にまで分解されています。牛乳よりも消化吸収されやすく、幼児やお年寄りにもお勧めの食品です。 詳細表示

    • No:1228
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • クロレラ乳酸菌の【クロレラ】とは何ですか

    クロレラは地球(海中)に生命が誕生して数億年を経た、ほぼ30億年以上も前から棲息している淡水性プランクトン(緑藻類の一種)です。 大きさは2~20ミクロンほどで人間の赤血球よりも小さな存在ですが、驚異的な増殖能力と生命力をもっています。 良質のたんぱく質を含む健康食品として広く知られるようになっています。 ... 詳細表示

    • No:1360
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2018/03/30 10:05

196件中 51 - 60 件を表示