Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 牛乳・飲料 』 内のFAQ

81件中 1 - 10 件を表示

1 / 9ページ
  • 牛乳の1日の摂取量

    牛乳は1日に1~2本(200~400ml)飲むことをおすすめします。 牛乳1本(200ml)には227mgのカルシウムが含まれています。 カルシウム不足の日本人にとっては、ぜひとも毎日飲んでいただきたい食品のひとつです。 年齢やライフスタイルにあわせて、いろいろな食品と上手に組み合わせて牛乳をお飲みください...

    • No:1506
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • ココアバターとはどのようなものなのですか?

    通常のバターではなく、カカオ豆に含まれている「脂肪分」のことをいいます。カカオ豆には、脂肪分がおよそ55%も含まれており、お口の中でとろりと溶け、素敵な香りが広がる美味しいチョコレートはこのココアバターの性質によるものです。

    • No:91
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • 牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするのはなぜですか

    牛乳を飲むとお腹にガスがたまったりゴロゴロするのは、牛乳中の糖質である乳糖を消化する酵素(乳糖分解酵素=ラクターゼ)が少ないか、働きが弱いためです。大人になり、牛乳類をあまり飲まない生活をしている人に多く見られます。本来、乳糖は腸内でラクターゼにより分解され、腸から吸収されますが、分解されないと腸から吸収されず、...

    • No:592
    • 公開日時:2006/08/24 10:17
  • 牛乳を料理に使用すると分離してしまうことがありますがなぜですか

    牛乳が分離するのは、牛乳中のたんぱく質が酸やミネラル、酵素等の存在下で加熱により凝固するためです。 分離した牛乳は口当たりがザラザラしておいしくないので、牛乳を加えたら蓋をせずに、長時間加熱しすぎたり、煮立てないよう注意してください。 また、スープに小麦粉などでとろみをつけてから牛乳を加えますと、分離しにくく...

    • No:1486
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2016/09/02 11:02
  • 牛乳は開封後、悪くなるとどのような状態になりますか

    牛乳は容器(紙パックの500mlや1000ml)を開封しますと、徐々に品質が変化します。周囲の色々なにおいを吸着しやすい性質があり、開封後の保管状況によっては、通常と異なるにおいや風味を感じることがあります。また、開封後に周囲から細菌が入り増加すると、牛乳の品質が劣化し、凝固する場合や温めた時に塊ができることがあ...

    • No:647
    • 公開日時:2006/05/30 18:01
  • ココアを赤ちゃんに飲ませても良いですか?

    離乳期以降、薄めに作ったものを、少しずつ様子を見ながら与えてください。

    • No:92
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • ココアのポリフェノールについて

    ポリフェノールは植物に広く存在する天然成分で、抗酸化物質として注目されています。緑茶のタンニン、赤ワインポリフェノール、チョコレートやココアのカカオマスポリフェノールが代表的です。

    • No:95
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • 牛乳を凍らせるとどうなりますか

    牛乳を凍らせると、解凍した時に組織の悪い状態になります。急速凍結か緩慢凍結か、凍結期間などにより状態は異なりますが、牛乳を解凍しますと、たんぱく質が分離したような形になり、底のほうに沈殿してしまい、脂肪分が分離して浮上しやすくなります。凍った牛乳を解凍して飲んでも問題はありませんが、水分の層ができたり、牛乳分が沈...

    • No:1495
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 【無脂乳固形分】とは何ですか

    無脂乳固形分とは、牛乳中の乳脂肪分以外の固形分で「SNF」(Solids Not Fat)ともいいます。 牛乳から水分と乳脂肪分を除いた成分で、たんぱく質、糖質、ビタミン、ミネラルなどの栄養成分をいいます。無脂乳固形分は筋肉や骨を作る材料となる、健康維持に欠かせない大切な成分です。 「乳及び乳製品の成分規格等...

    • No:1508
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2016/06/15 11:06
  • カカオポリフェノールにはどのような効能がありますか

    カカオポリフェノールは、以下のような働きがあります。 ①血圧低下 血管が詰まり、細くなることで血圧は上昇しますが、カカオポリフェノールをとることで、血管を広げる作用が期待できることがわかりました。 ②動脈硬化予防 動脈硬化を引き起こす原因のひとつは、体内に生じる活性酸素によってコレステロールが酸化...

    • No:1440
    • 公開日時:2016/03/01 16:45

81件中 1 - 10 件を表示