Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 その他の牛乳類 』 内のFAQ

47件中 1 - 25 件を表示

1 / 2ページ
  • 牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするのはなぜですか

    牛乳を飲むとお腹にガスがたまったりゴロゴロするのは、牛乳中の糖質である乳糖を消化する酵素(乳糖分解酵素=ラクターゼ)が少ないか、働きが弱いためです。 大人になり、牛乳類をあまり飲まない生活をしている人に多く見られます。 本来、乳糖は腸内でラク... 詳細表示

    • No:592
    • 公開日時:2006/08/24 10:17
    • 更新日時:2020/12/02 16:04
  • 牛乳は開封後、悪くなるとどのような状態になりますか

    牛乳は容器を開封しますと、徐々に品質が変化します。 周囲の色々なにおいを吸着しやすい性質があり、開封後の保管状況によっては、通常と異なるにおいや風味を感じることがあります。 また、開封後に周囲から細菌が入り増加すると、牛乳の品質が劣化し、凝固... 詳細表示

    • No:647
    • 公開日時:2021/04/13 00:00
  • 冷蔵庫に保存しなかった牛乳は飲めますか

    冷蔵保存していない牛乳は、細菌が繁殖している可能性がありますので、お召し上がりいただくのは、おすすめできません。 牛乳は、開封前、開封後とも10℃以下で冷蔵していただく食品です。一般的に、保存温度が高いほど細菌が増えやすいため、風味が悪くな... 詳細表示

    • No:551
    • 公開日時:2021/04/13 00:00
  • 牛乳の1日の摂取量

    牛乳は1日に1~2本(200~400ml)飲むことをおすすめします。 牛乳1本(200ml)には227mgのカルシウムが含まれています。 カルシウム不足の日本人にとっては、ぜひとも毎日飲んでいただきたい食品のひとつです。 年齢やライフスタイ... 詳細表示

    • No:1506
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2020/12/02 15:48
  • 賞味期限切れの牛乳の飲用について

    賞味期限を過ぎたからといって、必ずしも飲めなくなるわけではありません。 賞味期限は「おいしく召し上がっていただくことができる期限」の目安です。 期限を1日でも過ぎたら飲めなくなる、食べられなくなるというものではありません。 ただし、この期限... 詳細表示

    • No:1516
    • 公開日時:2021/04/13 00:00
  • 牛乳は製造から何日目で賞味期限を付けているのですか

    一般の牛乳は製造日の翌日から7日目に賞味期限を付けています。 また、ESL製法で作られた牛乳の賞味期限は、製造日+14~20日です。 ※ESL(Extended Shelf Life)製法は賞味期限の延長を意味しております。 原料から製... 詳細表示

    • No:1590
    • 公開日時:2021/04/13 00:00
  • ロングライフ牛乳が長く持つ理由を教えてください

    ロングライフ牛乳が長く持つ理由は、中身も容器も滅菌して、細菌数をゼロで製造されているからです。 保存料などの添加物は使用していません。 ロングライフ牛乳は冷蔵の牛乳と製造工程が違い、加熱殺菌や充填の工程に次のような違いがあります。 ... 詳細表示

    • No:1511
    • 公開日時:2021/04/13 00:00
  • 牛乳、ヨーグルトに関するよくあるご質問

      牛乳、ヨーグルトに関するよくあるご質問については、こちらをご覧ください。 ・賞味期限切れの牛乳の飲用について ・牛乳の開封後の期限 ・ヨーグルトの表面に水分が出ていますが食べられますか ... 詳細表示

    • No:12137
    • 公開日時:2020/04/23 00:00
    • 更新日時:2020/04/24 10:05
  • 牛乳を飲むと太りますか

    牛乳を飲んだから「太る」ということはありません。 「太る」というのは摂取エネルギーが消費エネルギーより多くなり、余分な脂肪などが体脂肪となって蓄積されることです。 食べ過ぎれば、どんな食品でも摂取エネルギー過剰となり、太ります。 牛乳1本(... 詳細表示

    • No:1502
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/05/22 17:05
  • 【無脂乳固形分】とは何ですか

    無脂乳固形分とは、牛乳中の乳脂肪分以外の固形分で「SNF」(Solids Not Fat)ともいいます。 牛乳から水分と乳脂肪分を除いた成分で、たんぱく質、糖質、ビタミン、ミネラルなどの栄養成分をいいます。無脂乳固形分は筋肉や骨を作る材料となる... 詳細表示

    • No:1508
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2020/06/05 11:36
  • 牛乳を料理に使用すると分離してしまうことがありますがなぜですか

    牛乳が分離するのは、牛乳中のたんぱく質が酸やミネラル、酵素等の存在下で加熱により凝固するためです。 分離した牛乳は口当たりがザラザラしておいしくないので、牛乳を加えたら蓋をせずに、長時間加熱しすぎたり、煮立てないよう注意してください。 また、... 詳細表示

    • No:1486
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2016/09/02 11:02
  • 牛乳やヨーグルトなどの賞味期限の読み方

    牛乳やヨーグルトの賞味期限の読み方の代表例をご案内します。 なお、「牛乳やヨーグルトなどの賞味期限や製造工場、ロット番号の表示場所」についてはこちらをご覧ください。 【賞味期限(開封前)】 西... 詳細表示

    • No:4337
    • 公開日時:2006/12/22 17:33
    • 更新日時:2020/11/16 14:19
  • 牛乳の開封後の期限

    賞味期限は未開封の状態で、冷蔵保存(10℃以下)した場合に、品質が保たれる期限です。開封したら中身の品質は変化しますので、賞味期限にかかわらず、お早目に(2~3日を目安に)飲みきっていただくことをおすすめします。 ◆牛乳の保存は ◎冷蔵庫... 詳細表示

    • No:1667
    • 公開日時:2021/04/13 00:00
  • 【乳飲料】とは何ですか

    種類別:乳飲料とは、生乳や乳成分を主原料に乳製品以外のものを加えたものです。 乳飲料には「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」(乳等省令)による規定はありませんが、「飲用乳の表示に関する公正競争規約」によって、乳固形分(無脂乳固形分と乳脂肪分... 詳細表示

    • No:1517
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2020/04/24 16:41
  • 【加工乳】とは何ですか

    種類別:加工乳とは、生乳に脱脂乳、脱脂粉乳、クリーム、バターなどの乳製品を加え、成分を調整したものです。 成分規格は「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」(乳等省令)によって、無脂乳固形分(牛乳から乳脂肪分と水分を除いた成分)は8.0%以上と... 詳細表示

    • No:1518
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2020/04/24 18:43
  • 変質した牛乳が加熱時に凝固するのはなぜですか

    牛乳のカゼインたんぱくは、細菌が作る酸、または酵素により不安定になります。さらに加熱等の物理的作用が加わると、不安定さが助長されるため、加熱した時にモロモロになったり分離したりします。 このような状態になった場合、お飲みにならないでください。 ... 詳細表示

    • No:823
    • 公開日時:2005/09/27 13:14
    • 更新日時:2020/06/05 11:14
  • 成分無調整とはどのような意味ですか

    成分無調整とは生乳(牛からしぼったままの乳)を殺菌して牛乳を製造する工程で、成分を調整していないという意味です。 容器に記載されている乳脂肪分と無脂乳固形分(牛乳から乳脂肪分と水分を除いた成分)は、乳牛の品種、個体、飼料、地域、季節、泌乳期など... 詳細表示

    • No:1490
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/06/07 10:53
  • 紙パック入りの牛乳の温め方

    紙パック入りの牛乳を、容器ごと電子レンジで温めるのはおやめください。 容器ごと電子レンジで加熱すると、容器が膨張し破裂する恐れがあり、大変危険です。 金属製ではない耐熱性のコップに移しかえて、電子レンジで温めるか、鍋に移してコンロで温めていた... 詳細表示

    • No:629
    • 公開日時:2006/06/07 16:01
    • 更新日時:2020/12/02 15:51
  • 「成分調整牛乳」「低脂肪牛乳」「無脂肪牛乳」の違いを教えてください

    「成分調整牛乳」「低脂肪牛乳」「無脂肪牛乳」いずれも生乳100%を原料に作られています。 これらは「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」(略して乳等省令)や「飲用乳の表示に関する公正競争規約」(略して公正競争規約)で詳しく定められ... 詳細表示

    • No:1519
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/10/02 12:22
  • 低温殺菌牛乳と普通の牛乳の違い

    低温殺菌も高温殺菌も成分の差はほとんどありませんが、風味と保存性が多少異なります。 低温殺菌牛乳は超高温殺菌牛乳(UHT殺菌牛乳)に比べて、生乳の風味に近く、ホエーたんぱく質(熱により変性するたんぱく質)やカルシウムの変性度も少ない... 詳細表示

    • No:1477
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2020/12/02 15:26
  • 「明治ミルクラブ1000ml」販売終了と「明治LOVE(ラブ)900ml」新発売のご案内

    「明治ミルクラブ1000ml」につきましては、2021年3月をもちまして販売を終了させていただきました。なお、2021年3月下旬より「明治LOVE(ラブ)900ml」を発売させていただいております。「明治LOVE(ラブ)900ml」の特徴は、3つ... 詳細表示

    • No:13094
    • 公開日時:2021/03/22 00:00
  • 産地による牛乳の味の違い

    牛乳の味は、牛の種類、餌の違い、飼育の環境、季節などによって違いがあります。 牛乳は乳牛の品種、飼料、季節、地域、年齢など、さまざまな要因で乳質が変動します。 したがって、牛乳の味を決める成分(乳脂肪や無脂乳固形分)も乳牛の個体差によって変わ... 詳細表示

    • No:1520
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/06/21 11:26
  • 牛乳の成分

    牛乳の成分は、87.4%の水分と12.6%の乳固形分です(七訂日本食品標準成分表2015年版の普通牛乳より)。 乳固形分は、3.8%の乳脂肪分と8.8%の無脂乳固形分(乳脂肪以外の固形分)に分けられます。 牛乳にはカルシウムやビタミン... 詳細表示

    • No:1509
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/03/06 15:40
  • 牛乳を加熱しても栄養は壊れませんか

    牛乳を加熱しても栄養価はほとんど変わりません。 熱に弱い栄養素はビタミンCですが、もともと牛乳には少ないものです。 牛乳に期待する栄養素は、カルシウム、たんぱく質、ビタミンA、ビタミンB2などです。これらの栄養素は加熱をしてもほとんど壊れませ... 詳細表示

    • No:1492
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2020/12/02 15:48
  • 牛乳類の賞味期限はどこでどのように決めているのですか

    牛乳や乳飲料の賞味期限は、メーカー独自の検査や試験により決めています。 期限表示の設定は、メーカーが微生物試験、理化学試験、官能検査などの品質劣化検査を行い、牛乳業界のルールに基づき、責任をもって決めています。 詳細表示

    • No:1513
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2020/12/02 15:59

47件中 1 - 25 件を表示