Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 その他のヨーグルト 』 内のFAQ

11件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • デザートの蓋のつまみに書いてある数字は何ですか

    デザート類の蓋のつまみ部分に書かれている数字は、その製品がどんな工程を経て製品化されたかを確認するためのナンバーです。 ヨーグルトやプリン、ゼリーなどは、4~8列のノズルを持った機械で一度に充填しています。蓋のつまみ部分の数字は、この充填機のノズル番号を示しています。 これは、トレーサビリティの一環で、弊社に... 詳細表示

    • No:739
    • 公開日時:2006/01/24 17:50
    • 更新日時:2017/03/22 15:09
  • ヨーグルトを冷凍保存することはできますか

    ご家庭でヨーグルトを冷凍保存することは、おすすめしていません。ヨーグルトは、冷凍保存して解凍すると分離がおこり、水分(ホエイたんぱく質)が多量に出て、ヨーグルト本来のなめらかさが失われます。食感も悪くなり、風味が損なわれてしまいます。また、液状になる場合があります。ヨーグルトは冷蔵保存が適していますので、正しい温... 詳細表示

    • No:556
    • 公開日時:2006/12/20 09:24
  • のむヨーグルトと乳酸菌飲料の違い

    のむヨーグルトと乳酸菌飲料では、無脂乳固形分と乳酸菌数が違います。 のむヨーグルト(ドリンクタイプのヨーグルト)は乳酸菌飲料と混同されることがありますが、「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令)」では、下記のような規格になっています。 なお、のむヨーグルト(ドリンクタイプのヨーグルト)は「はっ酵乳」... 詳細表示

    • No:1434
    • 公開日時:2015/09/04 09:57
  • ヨーグルトを下痢の時に食べてもよいですか

    特に医師からの指示がなければ、お召し上がりいただけます。腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが悪くなると下痢や便秘になるため、ヨーグルトを食べることによって善玉菌が増え、腸内環境が改善されることは良いことです。ただし、冷たいものなのでたくさん食べ過ぎるとお腹が冷え、かえってよくないので気をつけてください。 詳細表示

    • No:956
    • 公開日時:2005/02/07 13:40
  • ヨーグルトと相性の良い食べ物はありますか

    ヨーグルトに含まれないビタミンCや食物繊維、オリゴ糖などを含む食品と組み合わせていただくのがよいでしょう。ビタミンCは味の点でもヨーグルトのさわやかな酸味と相性が合います。ただし、キウイ、パパイヤ、パイナップルなどにはヨーグルトのタンパク質から苦みを出す物質をつくる酵素があるので、これらのフルーツと合わせる場合は... 詳細表示

    • No:1418
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • ヨーグルトを毎日食べ続ける方法について

    無理のない量を時間を決めて食べるとよいでしょう。腸内環境を良好に保つには、毎日ヨーグルトを食べることが理想です。しかし、ヨーグルトが苦手なのに「体のためだから」と無理して食べるのは、逆効果です。自分に合ったおいしく食べられる方法を見つけましょう。●カロリーが気になる方 プレーンのまま召し上がることをおすすめします... 詳細表示

    • No:1415
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 忙しい朝でも手軽で効果的なヨーグルトの食べ方について

    忙しい朝でしたら、ヨーグルトを混ぜるだけ、かけるだけで手軽にお召し上がりいただくことをお勧めします。例えば、ビタミンCが多い果物、食物繊維が豊富なシリアルや全粒粉クラッカーなどにかけたり、ビフィズス菌を増やしてくれるオリゴ糖を含むバナナやはちみつ、きなこなどを混ぜたりするだけで、忙しい朝でも効果的に手軽にヨーグル... 詳細表示

    • No:1416
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • ヨーグルトを温めて食べて(飲んで)もよいですか

    ヨーグルトは温めていただいてもかまいません。人肌程度までであれば乳酸菌の働きに影響はありません。ただし、温めたらすぐに食べて(飲んで)ください。25~40℃の温度帯に長時間置かれると乳酸菌の活性が高まるため、酸味が強くなります。また、加熱し過ぎると分離がおこり、60℃を越えると乳酸菌が死滅していきます。 詳細表示

    • No:1652
    • 公開日時:2003/08/26 00:00
  • 違う種類の乳酸菌を使ったヨーグルトを一緒に食べて(飲んで)もいいですか

    違う種類の乳酸菌を使ったヨーグルトを一緒に食べて(飲んで)も構いません。 人の体内には常に多くの種類の乳酸菌が共存しています。 種類が異なる乳酸菌を使ったヨーグルトを同時にお召し上がりいただいても、乳酸菌の働きが変わってしまうことはありません。 詳細表示

    • No:4033
    • 公開日時:2016/03/18 09:07
    • 更新日時:2016/05/12 15:04
  • ヨーグルトの表面に水分が出ていますが食べられますか

    開封時に、ヨーグルトの表面に出てくる水分は、ホエー(乳清)と呼ばれるもので、ヨーグルトの成分の一部です。水溶性のたんぱく質、ミネラル、ビタミンなどの栄養分が含まれているので、捨てずに安心してお召し上がりください。この水分は、振動などによりカード(固まり)が収縮し、中に含まれているホエーが出てきたものです。また、ヨ... 詳細表示

    • No:1658
    • 公開日時:2003/08/26 00:00

11件中 1 - 10 件を表示