Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 健康・栄養 』 内のFAQ

72件中 26 - 50 件を表示

2 / 3ページ
  • 1歳以降もほほえみを飲ませてよいですか

    1歳以降にほほえみを飲んで頂いても問題ありませんので、ほほえみが余っている場合には使い切って頂いて構いません。しかし、1歳以降はステップがおすすめです。 ステップは、1歳~3歳のお子様に特に必要な鉄とカルシウム(などの栄養)をサ... 詳細表示

    • No:895
    • 公開日時:2005/05/06 10:32
    • 更新日時:2018/02/01 10:38
  • ヨーグルトと相性の良い食べ物はありますか

    ヨーグルトに含まれないビタミンCや食物繊維、オリゴ糖などを含む食品と組み合わせていただくのがよいでしょう。 ビタミンCは味の点でもヨーグルトのさわやかな酸味と相性が合います。ただし、キウイ、パパイヤ、パイナップルなどにはヨーグルトのタンパク質か... 詳細表示

    • No:1418
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/06/12 10:46
  • 【ヘム鉄】【非ヘム鉄】の違いを教えてください

    食品に含まれる鉄には、非ヘム鉄とヘム鉄があります。 一般的に非ヘム鉄の吸収率は5%程度、ヘム鉄の吸収率は15~25%といわれています。 非ヘム鉄は野菜や穀類に多く含まれ、ヘム鉄は肉や魚に多く含まれます。 また、鉄含有量が高く、無臭で風味がよ... 詳細表示

    • No:717
    • 公開日時:2006/02/14 17:30
    • 更新日時:2020/06/05 11:11
  • ピロリ菌とはどのような菌ですか

    ピロリ菌は胃の粘膜などに住む細菌です。 近年、研究が進み、ピロリ菌は胃の粘膜を荒らし、胃炎などの原因になると考えられています。                                     ●ピロリ菌の発見について つい... 詳細表示

    • No:758
    • 公開日時:2006/01/13 09:21
    • 更新日時:2019/08/27 14:42
  • ナチュラルチーズをそのまま食べる時の温度

    ナチュラルチーズ本来の風味を味わうには、15~16℃ぐらいがよいでしょう。 ただし、クリームチーズやモッツァレラチーズなどのフレッシュタイプは、冷えていたほうがおいしく召し上がれます。好みもあるので、自分好みの温度をみつけることをお勧めします。... 詳細表示

    • No:1243
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2018/04/10 16:00
  • チーズのコレステロールについて

    コレステロール値が正常な人は心配ありません。 日本人が1日に食事で摂るコレステロールは、平均で300~500mgで、プロセスチーズ20g当たりのコレステロールは約15mgです。鶏卵1個(50g)当たり210mg、豚ロース肉100g当たり70mg... 詳細表示

    • No:1226
    • 公開日時:2015/03/06 15:09
    • 更新日時:2019/05/28 15:48
  • カルシウム摂取に効果的な牛乳の摂取時間

    牛乳はいつ飲んでもかまいません。 参考までに、カルシウムは夜寝ている間に骨から血液中に溶け出し、また、骨や筋肉は夜寝ている間に作られるため、夜寝る前に飲むのが良いという説もあります。カルシウム摂取にはいつ飲むかよりも毎日続けることが大切なので、飲... 詳細表示

    • No:978
    • 公開日時:2004/12/07 16:24
  • 乳児にアイスクリームを与えても問題はありませんか?

    アイスクリームを与えるには、1歳以降が望ましいでしょう。 離乳期の乳幼児にアイスクリームを与えることはできますが、離乳を順調に進めていくことを考えると、1歳のお誕生日が過ぎるまでは与えないほうが望ましいといえます。 アイスクリーム... 詳細表示

    • No:1248
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2020/03/06 08:32
  • 【アミノ酸】とは何ですか

    アミノ酸はたんぱく質を構成する主要な成分です。 たんぱく質は生命をつかさどる大切な役目をしており、ヒトにとっても必要不可欠なものです。ヒトの体内に存在するアミノ酸は全部で20種類あり、中でも体内で合成されず食事から摂取しなければならない9種類の... 詳細表示

    • No:879
    • 公開日時:2005/06/09 17:23
    • 更新日時:2020/06/05 11:16
  • 【BMI】とは何ですか

    Body Mass Indexの略で、成人の肥満を判定する指数です。BMIは、 体重(kg)÷{身長(m)}2 で計算され、肥満度の判定基準として広く使用されています。肥満の判定基準(日本肥満学会より)は以下の通りです。 正  常:18.5~25... 詳細表示

    • No:897
    • 公開日時:2005/05/06 10:17
  • ヨーグルトの種類と栄養の違い

    添加しているもの、状態によっていくつかの種類にわけられます。 たんぱく質やカルシウムなどの栄養素はほぼ同じです。 ●添加しているものによる区分 1)プレーンヨーグルト 砂糖や香料、安定剤などの添加物を含まず、牛乳を発酵させただけのヨー... 詳細表示

    • No:1437
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/05/22 15:42
  • ノンカロリーやカロリーオフの飲料をたくさん飲むとお腹が緩くなるのはなぜですか

    甘味料のエリスリトールが難消化性のため、大量に摂ると大腸内の浸透圧が高くなり、下痢を起こす事があります。 具体的には体重60kgの男性で、エリスリトールを約40g以上摂取するとこの傾向がみられます。 詳細表示

    • No:947
    • 公開日時:2005/02/19 15:23
    • 更新日時:2017/08/01 16:39
  • 牛乳を飲むと太りますか

    牛乳を飲んだから「太る」ということはありません。 「太る」というのは摂取エネルギーが消費エネルギーより多くなり、余分な脂肪などが体脂肪となって蓄積されることです。 食べ過ぎれば、どんな食品でも摂取エネルギー過剰となり、太ります。 牛乳1本(... 詳細表示

    • No:1502
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/05/22 17:05
  • カカオポリフェノールにはどのような効能がありますか

    カカオポリフェノールは、以下のような働きがあります。 ①血圧低下 血管が詰まり、細くなることで血圧は上昇しますが、カカオポリフェノールをとることで、血管を広げる作用が期待できることがわかりました。 ②動脈硬化予防 動脈硬化を引... 詳細表示

    • No:1440
    • 公開日時:2016/03/01 16:45
    • 更新日時:2019/06/18 10:42
  • ヨーグルトを毎日食べ続ける方法について

    無理のない量を時間を決めて食べるとよいでしょう。腸内環境を良好に保つには、毎日ヨーグルトを食べることが理想です。しかし、ヨーグルトが苦手なのに「体のためだから」と無理して食べるのは、逆効果です。自分に合ったおいしく食べられる方法を見つけましょう。... 詳細表示

    • No:1415
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • はちみつを1歳未満の子供に与えてはいけないのはなぜですか

    はちみつ中には、まれにボツリヌス菌の芽胞が入っていることがあり、乳児ボツリヌス症を発症することがあるからです。 自然界にはボツリヌス菌という細菌が存在しています。ボツリヌス菌の芽胞が赤ちゃんの体内に入ると、腸内で発芽増殖し、毒素を生み出... 詳細表示

    • No:1208
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 牛乳にコーヒーや砂糖を入れた場合の栄養価について

    牛乳の栄養価は変わりません。牛乳にコーヒーや砂糖を入れても、牛乳そのものの栄養価は変わりませんし、カルシウムの吸収が悪くなることもありません。 詳細表示

    • No:1499
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 牛乳を飲むと「イライラ」に効果的というのは本当ですか

    イライラしている時に牛乳を飲むのは効果的だといえます。カルシウムは体内で神経の伝達やホルモンのバランスに重要な役割を果たしています。牛乳中のカルシウムは、神経の興奮を抑えて気持ちをリラックスさせてくれます。安眠のためにも、夜寝る前に一杯の牛乳を飲... 詳細表示

    • No:1501
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 効果的な牛乳や乳製品の摂取時間について

    牛乳や乳製品はいつお召し上がりいただいてもかまいません。 骨や筋肉は夜寝ている間につくられるため、体をつくるためには夜寝る前に摂るのが理想的ですが、1日の活力源にするなら朝のほうが習慣になりやすいといえます。 牛乳は、いつ摂るかよりも毎日続け... 詳細表示

    • No:1498
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2016/07/22 15:33
  • 冷凍食品をおいしく仕上げるコツについて

    調理済みの冷凍食品は冷凍状態のまま加熱調理することが基本です。また、商品によって解凍方法や調理時間が異なりますので、パッケージの「召しあがり方」を確認してください。冷凍食品は商品の容量、大きさ、形状、レンジの出力などで加熱調理の時間が異なりますの... 詳細表示

    • No:1255
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 牛乳を寝る前に飲むと良いと聞きますが、なぜですか

    牛乳はいつ飲んでも良いのですが、夜飲むメリットがあるのも本当です。 夜寝ている間、血液中には一定濃度のカルシウムが含まれています。 そして筋肉の収縮や神経伝達など生命維持に欠かせない働きをしています。食事を摂らない睡眠中は、血液中のカルシウム... 詳細表示

    • No:1475
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/06/21 15:05
  • 牛乳の最もおいしい温度はありますか

    牛乳が最もおいしい温度とは、飲む人の好みもありますので一概には言えません。温めると牛乳特有のにおいが強くなりますので、一般的には冷たい方が好まれます。下痢しやすい方はホットミルクでゆっくり飲むことをおすすめします。 詳細表示

    • No:1494
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • ヨーグルトの効果をアップさせる食べ物について

    ヨーグルトは栄養価の高い食品ですが、ヨーグルトでは補えない栄養素を含む食品をプラスすることで、効果がよりアップします。ビタミン、食物繊維の豊富な抹茶や、オリゴ糖を含むきなこやはちみつは、ヨーグルトとも組みあわせやすく手軽なのでおすすめです。さつま... 詳細表示

    • No:1417
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 忙しい朝でも手軽で効果的なヨーグルトの食べ方について

    忙しい朝でしたら、ヨーグルトを混ぜるだけ、かけるだけで手軽にお召し上がりいただくことをお勧めします。例えば、ビタミンCが多い果物、食物繊維が豊富なシリアルや全粒粉クラッカーなどにかけたり、ビフィズス菌を増やしてくれるオリゴ糖を含むバナナやはちみつ... 詳細表示

    • No:1416
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 牛乳とヨーグルトの消化吸収の差はありますか

    ヨーグルトの方が牛乳よりやや吸収がよいといえるでしょう。ヨーグルトは乳酸菌により栄養素の一部が分解されているため、消化吸収がよくなります。また牛乳自体、他の食品と比べカルシウムの吸収率が高いといえますが、乳酸発酵したヨーグルトは乳酸の作用によって... 詳細表示

    • No:1436
    • 公開日時:2004/09/29 08:30

72件中 26 - 50 件を表示