Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 健康・栄養 』 内のFAQ

75件中 31 - 40 件を表示

4 / 8ページ
  • とろけるスライスチーズは、加熱しないで食べることができますか

    とろけるスライスチーズは、加熱しないでそのままでもお召し上がりいただけます。 ただし、とろけるスライスチーズは加熱した時に風味や糸引きが良いチーズを使用しているため、加熱した時に比べ、味や香りに若干の違いがあるかもしれません。 詳細表示

    • No:1240
    • 公開日時:2015/12/28 16:59
  • 牛乳を飲むと「イライラ」に効果的というのは本当ですか

    イライラしている時に牛乳を飲むのは効果的だといえます。カルシウムは体内で神経の伝達やホルモンのバランスに重要な役割を果たしています。牛乳中のカルシウムは、神経の興奮を抑えて気持ちをリラックスさせてくれます。安眠のためにも、夜寝る前に一杯の牛乳を飲む事をおすすめ致します。 詳細表示

    • No:1501
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 【アミノ酸】とは何ですか

    アミノ酸はたんぱく質を構成する主要な成分です。たんぱく質は生命をつかさどる大切な役目をしており、ヒトにとっても必要不可欠なものです。ヒトの体内に存在するアミノ酸は全部で20種類あり、中でも体内で合成されず食事から摂取しなければならない9種類のアミノ酸は、「必須アミノ酸」と呼ばれています。アミノ酸は食品や料理の味に... 詳細表示

    • No:879
    • 公開日時:2005/06/09 17:23
  • チーズのコレステロールについて

    コレステロール値が正常な人は心配ありません。 日本人が1日に食事で摂るコレステロールは、平均で300~500mgで、プロセスチーズ20g当たりのコレステロールは約15mgです。鶏卵1個(50g)当たり210mg、豚ロース肉100g当たり70mgと比べても高い数値とはいえないでしょう。 コレステロールは体に悪い... 詳細表示

    • No:1226
    • 公開日時:2015/03/06 15:09
  • ノンカロリーやカロリーオフの飲料をたくさん飲むとお腹が緩くなるのはなぜですか

    甘味料のエリスリトールが難消化性のため、大量に摂ると大腸内の浸透圧が高くなり、下痢を起こす事があります。 具体的には体重60kgの男性で、エリスリトールを約40g以上摂取するとこの傾向がみられます。 詳細表示

    • No:947
    • 公開日時:2005/02/19 15:23
    • 更新日時:2017/08/01 16:39
  • ヨーグルトと相性の良い食べ物はありますか

    ヨーグルトに含まれないビタミンCや食物繊維、オリゴ糖などを含む食品と組み合わせていただくのがよいでしょう。ビタミンCは味の点でもヨーグルトのさわやかな酸味と相性が合います。ただし、キウイ、パパイヤ、パイナップルなどにはヨーグルトのタンパク質から苦みを出す物質をつくる酵素があるので、これらのフルーツと合わせる場合は... 詳細表示

    • No:1418
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • アイスクリームを多く食べても大丈夫ですか

    アイスクリームの摂りすぎは種類や量にもよりますが、一般的に、毎日の摂取はあまり好ましいとはいえません。日本人の推定エネルギー必要量は、「身体活動レベルふつう」の成人男子の場合で2650kcal、成人女子の場合で2050kcalです。1個300kcal のアイスクリームを3個食べると、1日の推定エネルギー必要量のう... 詳細表示

    • No:1250
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • はちみつを1歳未満の子供に与えてはいけないのはなぜですか

    はちみつ中には、まれにボツリヌス菌の芽胞が入っていることがあり、乳児ボツリヌス症を発症することがあるからです。 自然界にはボツリヌス菌という細菌が存在しています。ボツリヌス菌の芽胞が赤ちゃんの体内に入ると、腸内で発芽増殖し、毒素を生み出して中毒を起こすことがあります。これを乳児ボツリヌス症といいます。 ... 詳細表示

    • No:1208
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2018/06/26 10:02
  • ナチュラルチーズをそのまま食べる時の温度

    ナチュラルチーズ本来の風味を味わうには、15~16℃ぐらいがよいでしょう。 ただし、クリームチーズやモッツァレラチーズなどのフレッシュタイプは、冷えていたほうがおいしく召し上がれます。好みもあるので、自分好みの温度をみつけることをお勧めします。 保存の際は、粉チーズ(パルメザンチーズなど)のように湿気をおびて... 詳細表示

    • No:1243
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2018/04/10 16:00
  • 【リコピン】とは何ですか

    抗酸化作用があるカロテノイド色素のひとつです。 深紅色の色素で、トマト、柿、スイカなどに含まれます。β-カロテン以上の抗酸化作用があり、がん細胞の成長を抑制し、発ガン予防、また、紫外線のダメージから肌を保護すると言われています。 詳細表示

    • No:1544
    • 公開日時:2004/08/03 09:03

75件中 31 - 40 件を表示