Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 健康・栄養 』 内のFAQ

77件中 51 - 60 件を表示

6 / 8ページ
  • ヨーグルトの効果をアップさせる食べ物について

    ヨーグルトは栄養価の高い食品ですが、ヨーグルトでは補えない栄養素を含む食品をプラスすることで、効果がよりアップします。ビタミン、食物繊維の豊富な抹茶や、オリゴ糖を含むきなこやはちみつは、ヨーグルトとも組みあわせやすく手軽なのでおすすめです。さつまいもやくだものにかけて、食物繊維やビタミンを一緒にとるのもおすすめです。 詳細表示

    • No:1417
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 乳酸菌の腸内での働きについて教えてください

    牛乳とヨーグルトでは、体内での作用は明らかに違います。すばらしい栄養食品である牛乳を乳酸発酵させるということは、さらに付加価値を高め、健康に寄与することが出来るようにしたといえます。乳糖不耐症の人も、十分に食べることができ、最近の科学的解明によって、菌体成分そのものが免疫機能の強化に役立っていたり、腸内菌叢のバラ... 詳細表示

    • No:1435
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 牛乳を飲むと「イライラ」に効果的というのは本当ですか

    イライラしている時に牛乳を飲むのは効果的だといえます。カルシウムは体内で神経の伝達やホルモンのバランスに重要な役割を果たしています。牛乳中のカルシウムは、神経の興奮を抑えて気持ちをリラックスさせてくれます。安眠のためにも、夜寝る前に一杯の牛乳を飲む事をおすすめ致します。 詳細表示

    • No:1501
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 【カテキン】とは何ですか

    カテキンとは、お茶に含まれる渋みのもととなるタンニンの一種です。タンニンはお茶独特の渋味のもとになる物質です。一口にタンニンといっても種類があり、紅茶ではポリフェノール、緑茶ではカテキンと言います。お茶は成人病予防に期待のもてる食品と言われていますが、お茶に含まれるタンニンという成分にその効果があると考えられてい... 詳細表示

    • No:1449
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 牛乳のコレステロールについて

    コレステロール値が正常な人は心配ありません。 日本人が1日に食事で摂るコレステロールは、平均で300~500mgで、牛乳200ml当たりのコレステロールは25mgです。鶏卵1個(50g)当たり210mg、豚ロース肉100g当たり70mgと比べても高い数値とはいえないでしょう。 コレステロールは体に悪いものというイ... 詳細表示

    • No:1474
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • カカオポリフェノールにはどのような効能がありますか

    カカオポリフェノールは、以下のような働きがあります。 ①血圧低下 血管が詰まり、細くなることで血圧は上昇しますが、カカオポリフェノールをとることで、血管を広げる作用が期待できることがわかりました。 ②動脈硬化予防 動脈硬化を引き起こす原因のひとつは、体内に生じる活性酸素によってコレステロールが... 詳細表示

    • No:1440
    • 公開日時:2016/03/01 16:45
    • 更新日時:2018/03/29 14:15
  • 牛乳を寝る前に飲むと良いと聞きますが、なぜですか

    牛乳はいつ飲んでも良いのですが、夜飲むメリットがあるのも本当です。夜寝ている間、血液中には一定濃度のカルシウムが含まれています。そして筋肉の収縮や神経伝達など生命維持に欠かせない働きをしています。食事を摂らない睡眠中は、血液中のカルシウム濃度が低くなりがちなので、これを補うためにわずかですが骨のカルシウムが溶けだ... 詳細表示

    • No:1475
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • ヨーグルトを使用した料理の特徴を教えてください

    ヨーグルトはその多様な魅力から、ブルガリアをはじめインドやロシア、トルコなど伝統的なヨーグルト文化を持つ国では、さまざまな料理の食材として使用されています。 食材としての魅力を簡単に挙げますと次のようなものがあります。 ●風味や酸味が料理の味を引き立てたり隠し味となる。 ●ニンニクやシナモン、梅肉など相性の... 詳細表示

    • No:1413
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2018/08/09 15:00
  • 牛乳とヨーグルトの消化吸収の差はありますか

    ヨーグルトの方が牛乳よりやや吸収がよいといえるでしょう。ヨーグルトは乳酸菌により栄養素の一部が分解されているため、消化吸収がよくなります。また牛乳自体、他の食品と比べカルシウムの吸収率が高いといえますが、乳酸発酵したヨーグルトは乳酸の作用によってカルシウムの吸収率が高まることが考えられます。 詳細表示

    • No:1436
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • ブルガリアの有名なヨーグルト料理

    代表的なブルガリア料理に「タラトル」という冷製ヨーグルトスープがあります。 「タラトル」のレシピはこちらからご覧いただけます。 「明治ブルガリアヨーグルト倶楽部」では、「タラトル」の他にも 美味しくて栄養たっぷりのヨーグルトメニューをご紹介していますので、是非チャレンジしてみてくださ... 詳細表示

    • No:1412
    • 公開日時:2015/12/08 10:20
    • 更新日時:2018/04/03 15:01

77件中 51 - 60 件を表示