Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 健康・栄養 』 内のFAQ

50件中 1 - 25 件を表示

1 / 2ページ
  • 牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするのはなぜですか

    牛乳を飲むとお腹にガスがたまったりゴロゴロするのは、牛乳中の糖質である乳糖を消化する酵素(乳糖分解酵素=ラクターゼ)が少ないか、働きが弱いためです。 大人になり、牛乳類をあまり飲まない生活をしている人に多く見られます。 本来、乳糖は腸内でラク... 詳細表示

    • No:592
    • 公開日時:2006/08/24 10:17
    • 更新日時:2021/06/24 12:49
  • プロビオヨーグルトR-1やプロビオヨーグルトLG21を子供に食べさせて(飲ませて)よいですか

    プロビオヨーグルトR-1やプロビオヨーグルトLG21も含め、砂糖や甘味料で甘みをつけたヨーグルトは、3回のお食事が安定したお子様(1歳~1歳半頃)からおすすめいたします。お食事に影響のないように、バランスをみながら量を加減してください。 な... 詳細表示

    • No:41
    • 公開日時:2020/10/07 00:00
    • 更新日時:2021/07/05 14:17
  • チョコレートに含まれるカフェインの量

    カカオ豆由来のチョコレートは、少量のカフェインが含まれています。 チョコレートのカフェイン含有量は、コーヒーお茶に比べると多くはありません。 ミルクチョコレート25gに含まれるカフェイン量はレギュラーコーヒー1杯に含まれるカフェイン量... 詳細表示

    • No:116
    • 公開日時:2016/03/16 15:44
    • 更新日時:2021/03/17 09:45
  • チョコレートに含まれるカカオ分とカカオポリフェノールの量

    当社の代表的なチョコレート1枚に含まれるカカオ分とカカオポリフェノールの量は以下のとおりです。(それぞれ1枚あたりの重量が異なります。) ①カカオ分…カカオマス、ココアバター、ココアパウダー(※)などカカオ由来の原料を合算したも... 詳細表示

    • No:132
    • 公開日時:2016/03/01 17:00
    • 更新日時:2021/09/16 14:04
  • 家庭でのチーズフォンデュの作り方

    ☆ チーズフォンデュを作ってみましょう ☆  スイス料理として世界中に知れ渡っているチーズフォンデュですが、もともとは山小屋にこもってチーズを作る農民たちの食事でした。  白ワインで溶かしたチーズをパンにつ... 詳細表示

    • No:589
    • 公開日時:2006/08/31 15:14
    • 更新日時:2019/09/25 17:17
  • プロビオヨーグルトLG21と殺菌作用がある食品との食べ合わせ

    プロビオヨーグルトLG21と殺菌作用があるといわれている食品を一緒にお召し上がりいただいてもかまいません。一般的にお酢やお茶などは、菌を抑えたり、殺菌する働きがあるといわれています。しかし、これらの食品も通常摂取する量であれば、一緒に食べていただ... 詳細表示

    • No:543
    • 公開日時:2007/01/22 16:41
  • プロビオヨーグルトLG21の食べ方・飲み方

    ヨーグルトなどの食品には、特に食べ方(飲み方)の決まりはありません。 みなさんの生活や食事の習慣に合わせた時間に毎日お召し上がりいただくことをおすすめします。 また、【量を多く食べる=体によい】ということではありませんので、食事の負担にならな... 詳細表示

    • No:729
    • 公開日時:2020/03/12 11:56
    • 更新日時:2021/07/05 15:31
  • 「アミノコラーゲン」のおいしい飲み方

    100%果汁オレンジジュースは、風味の相性がよいことに加え、体内でのコラーゲンの生成に不可欠な栄養素「ビタミンC」が摂れることからお勧めです。「アミノコラーゲン」の味や香りが苦手な方は、牛乳やココアに混ぜるとお召し上がりやすくなります。 な... 詳細表示

    • No:80
    • 公開日時:2015/11/24 09:23
    • 更新日時:2019/08/21 16:15
  • 乳酸菌の腸内での働きについて教えてください

    牛乳とヨーグルトでは、体内での作用は明らかに違います。すばらしい栄養食品である牛乳を乳酸発酵させるということは、さらに付加価値を高め、健康に寄与することが出来るようにしたといえます。乳糖不耐症の人も、十分に食べることができ、最近の科学的解明によっ... 詳細表示

    • No:1435
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • ヨーグルトにはどのような栄養が含まれていますか

    良質なたんぱく質、カルシウム、ビタミンA、ビタミンB2などの栄養素が豊富に含まれています。ヨーグルトは牛乳の栄養に加え、乳酸菌による整腸作用なども期待できます。また、牛乳を飲んだ時おなかがゴロゴロする原因である乳糖の一部が分解されているので、牛乳... 詳細表示

    • No:1438
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • ヨーグルトの種類と栄養の違い

    添加しているもの、状態によっていくつかの種類にわけられます。 たんぱく質やカルシウムなどの栄養素はほぼ同じです。 ●添加しているものによる区分 1)プレーンヨーグルト 砂糖や香料、安定剤などの添加物を含まず、牛乳を発酵させただけのヨー... 詳細表示

    • No:1437
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/05/22 15:42
  • ヨーグルトを使用した料理の特徴を教えてください

    ヨーグルトはその多様な魅力から、ブルガリアをはじめインドやロシア、トルコなど伝統的なヨーグルト文化を持つ国では、さまざまな料理の食材として使用されています。 食材としての魅力を簡単に挙げますと次のようなものがあります。 ●風味や酸味が料理の味... 詳細表示

    • No:1413
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/09/26 14:07
  • チーズのコレステロールについて

    コレステロール値が正常な人は心配ありません。 日本人が1日に食事で摂るコレステロールは、平均で300~500mgで、プロセスチーズ20g当たりのコレステロールは約15mgです。鶏卵1個(50g)当たり210mg、豚ロース肉100g当たり70mg... 詳細表示

    • No:1226
    • 公開日時:2015/03/06 15:09
    • 更新日時:2019/05/28 15:48
  • 牛乳を飲むと太りますか

    牛乳を飲んだから「太る」ということはありません。 「太る」というのは摂取エネルギーが消費エネルギーより多くなり、余分な脂肪などが体脂肪となって蓄積されることです。 食べ過ぎれば、どんな食品でも摂取エネルギー過剰となり、太ります。 牛乳1本(... 詳細表示

    • No:1502
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/05/22 17:05
  • 牛乳を加熱しても栄養は壊れませんか

    牛乳を加熱しても栄養価はほとんど変わりません。 熱に弱い栄養素はビタミンCですが、もともと牛乳には少ないものです。 牛乳に期待する栄養素は、カルシウム、たんぱく質、ビタミンA、ビタミンB2などです。これらの栄養素は加熱をしてもほとんど壊れませ... 詳細表示

    • No:1492
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2021/07/02 13:04
  • チョコレートに含まれるポリフェノールとは何ですか

    ポリフェノールは植物に広く存在する天然成分で、抗酸化物質として注目されています。 緑茶のタンニン、赤ワインポリフェノール、チョコレートやココアのカカオマスポリフェノールが代表的です。 詳細表示

    • No:133
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
    • 更新日時:2021/04/15 12:39
  • チョコレートを食べると、ニキビができますか

    チョコレートを食べることと、ニキビができることとは関係ありません。 ニキビは皮脂腺から出たアブラが毛穴につまってしまい、そこに細菌が繁殖するためにできるもので、ホルモンのバランスがくずれやすい思春期に多くみられます。 また体調の悪いときや皮脂... 詳細表示

    • No:129
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
    • 更新日時:2019/10/08 14:33
  • レトルト商品は、温めなくても食べられますか

    レトルト商品は加熱加圧殺菌をしておりますので問題ございませんが、風味の点において温めてお召し上がりいただくことをおすすめします。 詳細表示

    • No:88
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • コラーゲンとお肌の関係について

    コラーゲンはタンパク質の一種で、皮膚の約70%がコラーゲンです。細胞と細胞をつなぎ止める働きをしていて、ハリのあるしなやかな肌をつくる役割をしています。 詳細表示

    • No:82
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
    • 更新日時:2019/06/21 16:38
  • チョコレートを犬や猫にあげてはいけないのはなぜですか

    チョコレートを犬や猫にあげてはいけないのは、チョコレートやココアに含まれているテオブロミンは、人にはリラックス効果や集中力を高める働きがありますが、犬や猫には痙攣や呼吸困難の原因になる恐れがあるからです。  万一、犬や猫がチョコレートを食べ... 詳細表示

    • No:131
    • 公開日時:2015/11/24 09:20
    • 更新日時:2019/06/07 16:21
  • 「アミノコラーゲン」の目安量

    「アミノコラーゲン」は食品であり、多少多く摂っても問題ありません。しかしながら、一日に推奨されるたんぱく質の量を基準にコラーゲンの目安量を算出していますので、大量に摂取するよりも目安量を継続摂取するほうが効率的です。 詳細表示

    • No:81
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
    • 更新日時:2021/06/24 14:45
  • 効果的な牛乳や乳製品の摂取時間について

    牛乳や乳製品はいつお召し上がりいただいてもかまいません。 骨や筋肉は夜寝ている間につくられるため、体をつくるためには夜寝る前に摂るのが理想的ですが、1日の活力源にするなら朝のほうが習慣になりやすいといえます。 牛乳は、いつ摂るかよりも毎日続け... 詳細表示

    • No:1498
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2016/07/22 15:33
  • 牛乳にコーヒーや砂糖を入れた場合の栄養価について

    牛乳の栄養価は変わりません。牛乳にコーヒーや砂糖を入れても、牛乳そのものの栄養価は変わりませんし、カルシウムの吸収が悪くなることもありません。 詳細表示

    • No:1499
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • ヨーグルトと相性の良い食べ物はありますか

    ヨーグルトに含まれないビタミンCや食物繊維、オリゴ糖などを含む食品と組み合わせていただくのがよいでしょう。 ビタミンCは味の点でもヨーグルトのさわやかな酸味と相性が合います。ただし、キウイ、パパイヤ、パイナップルなどにはヨーグルトのタンパク質か... 詳細表示

    • No:1418
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2021/07/05 14:26
  • 牛乳のコレステロールについて

    コレステロール値が正常な人は心配ありません。 日本人が1日に食事で摂るコレステロールは、平均で300~500mgで、牛乳200ml当たりのコレステロールは25mgです。 鶏卵1個(50g)当たり210mg、豚ロース肉100g当たり70mgと比... 詳細表示

    • No:1474
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2021/09/09 16:31

50件中 1 - 25 件を表示