Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 商品の表示 』 内のFAQ

69件中 11 - 20 件を表示

2 / 7ページ
  • 「紙パック」リサイクルマーク

    牛乳パック6枚からトイレットペーパー1個を作ることができる。バージンパルプから作られる牛乳パックの紙は、古紙を作る際に上質なものだが飲んだままの液体が残っていると腐敗やカビが生じて製紙原料化できないため、以前はゴミ処理化の対象になっていた。1985年、山梨県在中の主婦の呼びかけにより、全国牛乳パックの再利用を考え...

    • No:452
    • 公開日時:2007/06/19 10:21
  • 生乳100%使用

    しぼったままの牛の乳を生乳といいます。種類別「牛乳」は、生乳のみを加熱殺菌したものであり、水や添加物を混ぜることは乳等省令によって禁じられています。2001年7月の公正競争規約の改定により、商品名に牛乳の名称が使用できるのは、生乳100%使用の種類別「牛乳」だけとなりました。一括表示欄の「生乳使用割合の表示」は義...

    • No:455
    • 公開日時:2007/06/19 09:46
  • 公正マーク

    消費者の適切な商品選択に役立つこと、及び乳業界の公正な競争を確保することを目的として、公正マークが設定された。牛乳、特別牛乳、成分調整牛乳、無脂肪乳、加工乳、乳飲料につけられるこのマークは、表示された製品が公正競争規約にもとづいて製造され、その製品の中身について容器に正しい表示がなされていることを示している。短径...

    • No:450
    • 公開日時:2007/06/19 10:42
  • 粉ミルクは開封後1ヵ月以降も使用できますか

    粉ミルクは空気中の湿気や酸素で成分が変化してしまうので、開缶後1ヵ月以降のご使用はお控えください。 開缶しますと空気に触れて脂肪が徐々に酸化し、1ヵ月を超えると風味が悪くなる場合があります。 また、ビタミン(V.A、V.C、V.E、V.K、葉酸など)の減少や風味の劣化がありますので、1ヵ月以内に使い切るように...

    • No:890
    • 公開日時:2005/05/06 11:33
    • 更新日時:2016/06/24 10:19
  • 種類別「牛乳」

    商品名の左横に併記されている種類別「牛乳」の表示は、この製品の原材料が生乳にのみであること、無脂乳固形分8.0%以上、乳脂肪分3.0%以上を含むものであることを示す。飲用乳は、原材料や成分規格によって分類され、容器に表示されなければならない。食品衛生法にもとづく「乳及び乳製品の成分規格になどに関する省令」(乳等省...

    • No:457
    • 公開日時:2007/06/19 09:27
  • 一括表示

    公正競争規約で規定されている表示事項をひとまとめにした表示欄を、一括表示欄という。表示事項は11あり、牛乳の容器、キャップ、包装などの見やすい場所に、鮮明に識別できるように表示しなければならない。この欄には、定められた必要事項以外のことは表示できず、また表示事項の順序も決められている。活字の大きさについては、種類...

    • No:449
    • 公開日時:2007/06/19 10:49
  • 冷蔵庫に保存しなかった牛乳は、飲めますか

    冷蔵保存していない牛乳は、細菌が繁殖している可能性がありますので、お召し上がりいただくのは、おすすめできません。牛乳は、開封前、開封後とも10℃以下で冷蔵していただく食品です。一般的に、保存温度が高いほど細菌が増えやすいため、風味が悪くなり、傷みやすくなります。なお、ロングライフ牛乳(常温保存可能品)は、未開封で...

    • No:551
    • 公開日時:2006/12/26 14:20
  • アイスクリームに賞味期限がないのはなぜですか

    アイスクリーム類は冷凍で保存されており、品質が安定しているため、賞味期限の省略が認められています。その理由は●アイスクリーム類は通常-18℃以下の温度で保存されていますので、細菌が増えることはありません。●アイスクリーム類は-18℃以下で管理されていれば、品質の変化はきわめて少なく、人の健康を損なうようなことはあ...

    • No:586
    • 公開日時:2006/10/05 11:07
  • 牛乳の乳脂肪表示が、一括表示と年間成分平均値で値が異なるのはなぜですか

    パッケージの一括表示には、公正マークに沿った年間の乳脂肪分の基準値(最低値)3.5%を掲載しています。この3.5%という数値は、年間をとおして脂肪分が最低でも3.5%以上含まれているという表示です。一方、容器上部の年間成分平均値は、それぞれの商品の年間の平均値が3.7%以上であることを示しています。「種類別:牛乳...

    • No:599
    • 公開日時:2006/08/01 16:46
  • 低温殺菌牛乳と普通の牛乳の違い

    低温殺菌も高温殺菌も成分の差はほとんどありませんが、風味と保存性が多少異なります。 低温殺菌牛乳は超高温殺菌牛乳(UHT殺菌牛乳)に比べて、生乳の風味に近く、ホエーたんぱく質(熱により変性するたんぱく質)やカルシウムの変性度も少ない事が知られています。しかし、これらの変化は栄養価の変化とは関係なく...

    • No:1477
    • 公開日時:2004/09/29 08:30

69件中 11 - 20 件を表示