Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 おはなし 』 内のFAQ

114件中 91 - 100 件を表示

10 / 12ページ
  • 牛が病気の時に使用した薬は牛乳に残りますか

    牛に多い病気は乳房炎などです。病気にかかった時には、治療薬としてペニシリンなどの抗生物質が使用されます。これらの薬剤が乳牛に投与されると、必然的に生乳中にも移行します。しかし、抗生物質を含む牛乳を販売することは、食品衛生法で禁止されていますので、投与期間+残存期間中は工場へ出荷されることはありません。さらに工場に...

    • No:1527
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 牛乳が紙容器で販売されたのはいつですか

    日本では、牛乳が紙容器で販売されたのは1956年です。1964年の東京オリンピックでの採用、スーパーマーケットの発展、学校給食への牛乳の普及など、1970年代に急速に牛乳の紙容器化が広まっていきました。 また世界で使われている牛乳容器の中には、プラスチックを素材としたものも製造されています。

    • No:1460
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 牛乳を飲むと「イライラ」に効果的というのは本当ですか

    イライラしている時に牛乳を飲むのは効果的だといえます。カルシウムは体内で神経の伝達やホルモンのバランスに重要な役割を果たしています。牛乳中のカルシウムは、神経の興奮を抑えて気持ちをリラックスさせてくれます。安眠のためにも、夜寝る前に一杯の牛乳を飲む事をおすすめ致します。

    • No:1501
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 牛乳の成分

    牛乳の成分は、87.4%の水分と12.6%の乳固形分です(七訂日本食品標準成分表2015年版の普通牛乳より)。 乳固形分は、3.8%の乳脂肪分と8.8%の無脂乳固形分(乳脂肪以外の固形分)に分けられます。 牛乳にはカルシウムやビタミンB2、ビタミンA、良質なたんぱく質などの栄養成分が豊富に含まれていま...

    • No:1509
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2016/09/15 14:54
  • 乳牛の出産

    乳牛はたくさんのミルクを搾るために、1周期12~15ヶ月のサイクルで、一生で3~4回子牛を出産します。妊娠期間は約10ヶ月です。 現在、日本のほとんどの酪農現場では人工授精が取り入れられています。 詳しくは、「明治の食育 みるく教室 乳牛について学ぼう」もご覧ください。

    • No:1529
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2016/10/21 10:53
  • 牛乳は食品以外にどのようなものに利用されていますか

    牛乳のたんぱく質から繊維やプラスティックが作られています。牛乳中のたんぱく質のうち約80%を占めるカゼインは、繊維やプラスティックの原料になります。スカーフやネクタイ、タオル、ボタン、アクセサリーなどが作られています。象牙が輸入できない現在では印鑑の材料などにもなります。

    • No:1480
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 牛乳に使われている牛の種類

    日本の乳牛のほとんどがホルスタイン種です。 商品に明記されていない場合、ホルスタイン種であると言えます。

    • No:1534
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2016/11/10 10:35
  • バターの表面の色が濃くなっていますが、なぜですか

    バター表面の水分が蒸発して、その部分が透明に近くなり、色が濃く見えるためです。バターには油の中に細かな水滴が分散しており、出来たばかりのバターは、不透明の少し黄色みを帯びた乳白色をしています。しかし、長時間空気に触れると、表面が乾燥し油のみとなります。そのため隠れていたカロテン(ビタミンA)の色が現れ、橙黄色にな...

    • No:1542
    • 公開日時:2004/08/20 17:00
  • 加熱時にバターやマーガリン類が植物油より焦げやすい理由

    バターやマーガリン類にはたんぱく質が含まれているためです。植物油にはたんぱく質は含まれていませんが、バターやマーガリン類にはたんぱく質が含まれています。たんぱく質が多いほど焦げやすいといえます。

    • No:1538
    • 公開日時:2004/08/20 17:09
  • 牛の餌

    乳牛は草食動物です。日本における乳牛の飼料は、搾乳に際しての経済性、栄養バランスなどを考慮して乾草、サイレージなどの粗飼料と配合飼料が一般に用いられています。牛は4つの胃を持っており、第1胃(ルーメン)に住み着いている微生物によって飼料中の繊維質やたんぱく質が分解され、良質なアミノ酸やたんぱく質などが合成されます...

    • No:1528
    • 公開日時:2004/09/29 08:30

114件中 91 - 100 件を表示