Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 おはなし 』 内のFAQ

105件中 61 - 70 件を表示

7 / 11ページ
  • ブルガリアでのプレーンヨーグルトの食べ方

    世界でヨーグルトを最も食べるブルガリアでは、日本のようにプレーンヨーグルトにフルーツや甘いもの加えて食べることはあまりありません。むしろ料理に使うことが多いようです。冷製スープ(タラトール)にしたり、サラダや揚げ物、煮込み料理のソースにするなど様々な料理にヨーグルトを使います。変わった食べ方として、飲むヨーグルト...

    • No:1414
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 牛の寿命はどのくらいですか

    牛の平均寿命は本来12年くらいです。乳牛の場合、平均寿命が本来12年くらいですが、たくさんのミルクを搾るために1周期12~15ヵ月で3~4回のサイクルを繰り返した後、約5~6年でその役目を終え、食肉用として処分されます。

    • No:1462
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 牧場から工場への牛乳の運搬

    牧場で搾乳された生乳は、速やかにタンク内で冷却され、牛乳専用のタンクローリーで工場へ運びます。酪農家ではミルカー(搾乳機)で搾られた生乳(殺菌前の搾ったままの乳)を、バルククーラー(冷却貯乳槽)で5℃以下に冷却し貯乳します。そして、牛乳専用のタンクローリー車が各牧場をまわり、貯乳されている生乳の温度や乳質を調べた...

    • No:1524
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 牛以外の動物の乳は売られていないのですか

    牛乳は成分的にも優れ、乳牛一頭からたくさんの乳を搾乳することができます。しかも気候風土の面から家畜として飼うのが比較的容易だったため、日本では乳のほぼ100%が乳牛から搾乳されています。海外でもほとんどが牛乳ですが、地域によっては水牛、羊、山羊、馬などの乳も販売されています。

    • No:1478
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 乳酸菌を発見したのは誰ですか

    1857年、乳酸菌は微生物学の始祖、フランスの科学者パスツールによって発見されました。彼はビール会社の依頼により、アルコールが酸っぱくなる原因を調べていたときに乳酸菌を発見したと言われています。この発見によって、食品のはっ酵、腐敗は細菌の働きによって起こり、細菌の種類でその仕方が異なることが解明されました。パスツ...

    • No:1431
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 【ビフィズス菌】とは何ですか

    ビフィズス菌とは腸内にいる乳酸菌で、腸内環境を良好に保つ働きがあります。腸内で乳酸や酢酸を多量に作り便通を改善したり、悪玉菌が増えるのを防いで腐敗産物の生成を抑えたりと人に有益な働きをします。

    • No:1428
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 牛乳は完全栄養食品ですか

    牛乳は完全栄養食品ではありません。厳密にいえば、完全栄養食品というものは存在しません。牛乳は栄養のバランスがよく、特にアミノ酸組成がよいことから完全栄養食品と言うひともいますが、牛乳にも不足している栄養素があります。牛乳には私たちに必要な栄養素のうち、ビタミンC、鉄分や食物繊維などが不足しているといえます。

    • No:1507
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • ヨーグルトの種類と栄養の違い

    添加しているもの、状態によっていくつかの種類にわけられます。たんぱく質やカルシウムなどの栄養素はほぼ同じです。●添加しているものによる区分1)プレーンヨーグルト砂糖や香料、安定剤などの添加物を含まず、牛乳を発酵させただけのヨーグルトです。しかし、日本では砂糖を添加したものでも色が白ければ、プレーンと呼んでいます。...

    • No:1437
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • ネスレコーヒー(1000ml)の真空アロマ抽出製法について

    抽出時の蒸らし工程で、真空下で香りを逃さずに封じ込める製法です。 この製法により、抽出時に失われやすい「コーヒー本来の香り」を保ちます。 明治のこだわりが満載のネスレコーヒー(1000ml)について、くわしくはこちら(ブランドサイト)をご覧ください。

    • No:1453
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2016/09/14 15:37
  • 烏龍茶を冷やしたら白く濁りましたがなぜですか

    お茶の成分中のカフェインとタンニンが冷やされることによって結合したためです。これは「クリームダウン」とよばれる現象で、カフェインとタンニンが冷やされ結合して白く浮き出てくるのです。紅茶でも同じようなことが起きます。急冷すると濁りは出にくくなります。

    • No:1446
    • 公開日時:2004/09/29 08:30

105件中 61 - 70 件を表示