Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 おはなし 』 内のFAQ

105件中 71 - 80 件を表示

8 / 11ページ
  • ヨーグルトを使用した料理の特徴を教えてください

    ヨーグルトはその多様な魅力から、ブルガリアをはじめインドやロシア、トルコなど伝統的なヨーグルト文化を持つ国では、さまざまな料理の食材として使用されています。食材としての魅力を簡単に挙げますと次のようなものがあります。●風味や酸味が料理の味を引き立てたり隠し味となる。●ニンニクやシナモン、梅肉など相性の良い食材が多... 詳細表示

    • No:1413
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 牛の寿命はどのくらいですか

    牛の平均寿命は本来12年くらいです。乳牛の場合、平均寿命が本来12年くらいですが、たくさんのミルクを搾るために1周期12~15ヵ月で3~4回のサイクルを繰り返した後、約5~6年でその役目を終え、食肉用として処分されます。 詳細表示

    • No:1462
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 【ビフィズス菌】とは何ですか

    ビフィズス菌とは腸内にいる乳酸菌で、腸内環境を良好に保つ働きがあります。腸内で乳酸や酢酸を多量に作り便通を改善したり、悪玉菌が増えるのを防いで腐敗産物の生成を抑えたりと人に有益な働きをします。 詳細表示

    • No:1428
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 開封した牛乳を冷蔵庫に入れておくと臭くなるのはなぜですか

    牛乳にはにおいを吸着する性質があるからです。牛乳は、液体の中にたんぱく質や脂肪といった固形分が分散して存在しているコロイド(液体に固形分の粒子が分散して存在している状態)溶液です。この粒子は、表面積が非常に大きく、表面に種々の物質を吸着しやすいことから、牛乳のコロイド粒子であるたんぱく質や脂肪に、においの成分が吸... 詳細表示

    • No:1484
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • なぜ牛乳の殺菌が義務づけられているのですか

    牛も人にも感染する可能性のある感染症(人畜共通感染症)を防ぐために、牛乳は殺菌して販売することが法的に義務づけられています。殺菌は、病原菌のうち最も耐熱性が高いものの一つである結核菌が完全に死滅するのに必要な条件(63℃30分)を満たし、これと同等か、またはそれ以上の効果を示す殺菌を行うことが定められています。 詳細表示

    • No:1493
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 宅配専用プロビオヨーグルトLG21のEX製法とは何ですか

    EX製法は、通常の商品に比べて、低温でより長時間発酵させる製法です。この製法により、キメ細かく、なめらかな口当たりに仕上がります。 ※EX製法=EXcellent Fermentation製法(丹念はっ酵)の略です。 なお「宅配専用プロビオヨーグルトLG21」の商品のご案内はこちらから、 「明治... 詳細表示

    • No:1583
    • 公開日時:2004/02/26 11:44
  • 牧場から工場への牛乳の運搬

    牧場で搾乳された生乳は、速やかにタンク内で冷却され、牛乳専用のタンクローリーで工場へ運びます。酪農家ではミルカー(搾乳機)で搾られた生乳(殺菌前の搾ったままの乳)を、バルククーラー(冷却貯乳槽)で5℃以下に冷却し貯乳します。そして、牛乳専用のタンクローリー車が各牧場をまわり、貯乳されている生乳の温度や乳質を調べた... 詳細表示

    • No:1524
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 世界にはどんなヨーグルトがありますか

    世界には、様々なヨーグルトがあります。「ダヒ」と呼ばれるインドやネパールのヨーグルトは、牛乳や水牛乳をはっ酵させて作ります。世界で最も多様な乳製品をつくる遊牧民族として知られるモンゴルでは、ヨーグルトは「タラグ」と呼ばれています。フィンランド原産の「ヴィイリ」というヨーグルトは、きわめてコシが強く、糸を引くような... 詳細表示

    • No:1410
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 牛乳に使われている牛の種類

    日本の乳牛のほとんどがホルスタイン種です。 商品に明記されていない場合、ホルスタイン種であると言えます。 詳細表示

    • No:1534
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2016/11/10 10:35
  • 烏龍茶を冷やしたら白く濁りましたがなぜですか

    お茶の成分中のカフェインとタンニンが冷やされることによって結合したためです。これは「クリームダウン」とよばれる現象で、カフェインとタンニンが冷やされ結合して白く浮き出てくるのです。紅茶でも同じようなことが起きます。急冷すると濁りは出にくくなります。 詳細表示

    • No:1446
    • 公開日時:2004/09/29 08:30

105件中 71 - 80 件を表示