Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 おはなし 』 内のFAQ

114件中 71 - 80 件を表示

8 / 12ページ
  • 乳酸菌を発見したのは誰ですか

    1857年、乳酸菌は微生物学の始祖、フランスの科学者パスツールによって発見されました。彼はビール会社の依頼により、アルコールが酸っぱくなる原因を調べていたときに乳酸菌を発見したと言われています。この発見によって、食品のはっ酵、腐敗は細菌の働きによって起こり、細菌の種類でその仕方が異なることが解明されました。パスツ...

    • No:1431
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • ブルガリアでのプレーンヨーグルトの食べ方

    世界でヨーグルトを最も食べるブルガリアでは、日本のようにプレーンヨーグルトにフルーツや甘いもの加えて食べることはあまりありません。むしろ料理に使うことが多いようです。冷製スープ(タラトール)にしたり、サラダや揚げ物、煮込み料理のソースにするなど様々な料理にヨーグルトを使います。変わった食べ方として、飲むヨーグルト...

    • No:1414
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 牛乳の最もおいしい温度はありますか

    牛乳が最もおいしい温度とは、飲む人の好みもありますので一概には言えません。温めると牛乳特有のにおいが強くなりますので、一般的には冷たい方が好まれます。下痢しやすい方はホットミルクでゆっくり飲むことをおすすめします。

    • No:1494
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 体内に入って死滅した乳酸菌の効果について

    体内で乳酸菌が死滅しても、腸内にもともと住みついている善玉菌を増やし、腸内の有害物質を吸着して体外に出してくれる働きがあります。ヨーグルト中の乳酸菌は、腸内でたくさんの有機酸をつくり、悪玉菌が増えるのを防ぎます。また死滅したときに遊離される菌体成分が体内で有効に働くといわれています。

    • No:1433
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 乳酸菌を利用してつくられる食べ物について

    乳酸菌は、乳製品以外にも様々な食品に利用されています。乳製品では、ヨーグルト、乳酸菌飲料、チーズ、発酵バターなどがあります。その他にも、みそ、しょうゆ、清酒、漬物なども乳酸菌を利用してつくられます。

    • No:1427
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • ブルガリアの有名なヨーグルト料理

    代表的なブルガリア料理に「タラトール」という冷製ヨーグルトスープがあります。 【材料 約4人分】 明治ブルガリアヨーグルトLB81プレーン ・・・ 450g くるみ ・・・ 25g  きゅうり ・・・ 2本 おろしにんにく ・・・ 小さじ1/3 ※にんにくが気になる人は、にんにく片をボウルにこすり付け...

    • No:1412
    • 公開日時:2015/12/08 10:20
  • 牧場から工場への牛乳の運搬

    牧場で搾乳された生乳は、速やかにタンク内で冷却され、牛乳専用のタンクローリーで工場へ運びます。酪農家ではミルカー(搾乳機)で搾られた生乳(殺菌前の搾ったままの乳)を、バルククーラー(冷却貯乳槽)で5℃以下に冷却し貯乳します。そして、牛乳専用のタンクローリー車が各牧場をまわり、貯乳されている生乳の温度や乳質を調べた...

    • No:1524
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • ネスレコーヒー(1000ml)の真空アロマ抽出製法について

    抽出時の蒸らし工程で、真空下で香りを逃さずに封じ込める製法です。 この製法により、抽出時に失われやすい「コーヒー本来の香り」を保ちます。 明治のこだわりが満載のネスレコーヒー(1000ml)について、くわしくはこちら(ブランドサイト)をご覧ください。

    • No:1453
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2016/09/14 15:37
  • 乳酸菌の腸内での働きについて教えてください

    牛乳とヨーグルトでは、体内での作用は明らかに違います。すばらしい栄養食品である牛乳を乳酸発酵させるということは、さらに付加価値を高め、健康に寄与することが出来るようにしたといえます。乳糖不耐症の人も、十分に食べることができ、最近の科学的解明によって、菌体成分そのものが免疫機能の強化に役立っていたり、腸内菌叢のバラ...

    • No:1435
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 牛乳が肌によいというのは本当ですか

    牛乳はお肌にも良いといえるでしょう。牛乳に含まれるビタミンAは、皮膚の新陳代謝をスムーズにして肌に潤いをよみがえらせ、カルシウムとビタミンB2は肌に張りを与える働きがあります。また紫外線はお肌の大敵と言われますが、殺菌作用やカルシウムの吸収を促すビタミンDをつくる働きがありますので、日焼けしない程度の日光浴は行う...

    • No:1469
    • 公開日時:2004/09/29 08:30

114件中 71 - 80 件を表示