Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1407
  • 公開日時 : 2004/09/29 08:30
  • 更新日時 : 2017/02/16 10:43
  • 印刷

ヨーグルトの国際規格とは何ですか

ヨーグルトの国際規格とは何ですか?
カテゴリー : 

回答

 FAO(国連食糧農業機関)/WHO(世界保健機関)が、ヨーグルトについて国際規格(コーデックス規格)を定めています。
日本にはヨーグルトという名称での規格はなく、厚生労働省の「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令)」で定められた「発酵乳」がヨーグルトに該当していますが、この日本の規格では乳酸菌の種類などは特定していません。

FAO(国連食糧農業機関)/WHO(世界保健機関)の国際規格では、「ヨーグルト(“Yoghurt”)とは、ブルガリア菌及びサーモフィラス菌の作用により、乳及び乳製品を乳酸発酵して得た凝固乳製品をいう。任意添加物(粉乳・脱脂粉乳・ホエー粉など)の添加は随意だが、最終製品中には、これらの微生物が多量に生存していなければならない」と記されています。
実際に、発酵のスターター(発酵を引き起こすために添加する微生物)としては、大部分の国でこの2種類の菌を併用している場合が多くなっています。
「明治ブルガリアヨーグルトLB81」は、国際規格の乳酸菌であるブルガリア菌とサーモフィラス菌を使用しているヨーグルトなのです。
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます