Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 442
  • 公開日時 : 2007/06/19 13:02
  • 印刷

牛乳の色

牛乳の色
カテゴリー : 

回答

色にはそれぞれ固有の波長があり、物体の色はその波長の反射す吸収によって視覚化されるものである。光をすべて反射すれば白色に、光を全部吸収すれば黒色に見える。また、物質に持つ粒子の量も色に影響を及ぼす。牛乳の色が白いのは、牛乳中にたんぱく質や乳脂肪の微小な粒子が1ミリリットルあたり1兆個以上存在しており、これらの粒子が光を乱反射するためである。そして、牛乳の白さの程度は、脂肪球の大きさに影響される。牛乳の製造工程で脂肪球を細かく砕き、大きさを均一にすることをホモゲナイズという。脂肪の分離を防ぎ、口当たりと消化吸収を良くする等の目的で行われるこの工程を経た後の方が、より白く見える。小粒子になるほど光線を乱反射して白色が強く感じられるためである。よって、牛乳の白さは調整されたものではなく、近代的な工程を経ることによって結果的に白くなっているのである。

出典:デザインの解剖④=㈱ 明治 (旧明治乳業)・おいしい牛乳

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます