Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 457
  • 公開日時 : 2007/06/19 09:27
  • 印刷

種類別「牛乳」

回答

商品名の左横に併記されている種類別「牛乳」の表示は、この製品の原材料が生乳にのみであること、無脂乳固形分8.0%以上、乳脂肪分3.0%以上を含むものであることを示す。飲用乳は、原材料や成分規格によって分類され、容器に表示されなければならない。
食品衛生法にもとづく「乳及び乳製品の成分規格になどに関する省令」(乳等省令)が、2003年6月に改正され、牛乳・特別牛乳・成分調整牛乳・低脂肪牛乳・加工乳・乳飲料の7種類が規定された。さらに表示については、公正競争規約で定められている。種類別名称には1リットル容器の場合18ポイント以上の活字を使用する。その前に併記して10.5ポイント以上の活字により「種類別」と表示し、この文字を四角い枠で囲まなければならない。表示場所についても、商品名と最も密着した位置であり、かつ商品名との間に他の要素を入れてはならないという規格がある。

出典:デザインの解剖④=㈱ 明治(旧明治乳業)・おいしい牛乳

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます