Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 52
  • 公開日時 : 2011/05/26 10:05
  • 更新日時 : 2016/07/22 16:03
  • 印刷

生乳をしぼってから商品になるまでの期間

牛のお乳をしぼってから何日くらいで商品になりますか?
カテゴリー : 

回答

牛乳は、通常しぼってから4~5日で工場から出荷されます。

しぼったままの牛のお乳(生乳)は、検査と計量を行い、酪農組合などの冷却設備を備えたクーラーステーション(生乳の冷蔵保管施設)に集められます。
工場に運ばれた生乳は、検査・均質化(脂肪を砕き飲みやすくする)・加熱殺菌などの工程を経て商品になります。
出来上がった商品は、品質検査を受け、合格した牛乳のみが出荷されます。

*搾乳から出荷までの流れ
         ①搾乳、酪農家での貯蔵: 2日間       
               

         ②クーラーステーションでの貯蔵: 1日間 
               

        ③工場にて製造検査: 2日間            

               
               出荷 

*日数は、各自治体で若干異なる場合があります。おおよその目安として参考にしてください。
*原乳とは、しぼったままの牛の乳で生乳(せいにゅう)ともいわれます。原料として各乳業メーカーの工場に出荷されるものであり、そのまま消費されものではありません。

工場での製造の様子はこちら、農林水産省のホームページはこちらよりご覧ください。
 

 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます