Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 547
  • 公開日時 : 2007/01/05 16:06
  • 更新日時 : 2019/04/24 14:43
  • 印刷

有機畜産物のJAS規格における生産の原則とはどのようなものですか

有機畜産物のJAS規格における生産の原則とはどのようなものですか?
カテゴリー : 

回答

「環境保全に配慮した持続性のある循環型農業」であり、なおかつ「動物福祉」にも配慮した農法です。

具体的には
●家畜糞尿の還元等により土作りを行い、無農薬・無化学肥料により環境への負荷をできる限り低減して生産された農産物に由来する飼料等を給与する。
●遺伝子組み換え技術を用いて生産された飼料、動物由来飼料(乳及び水産物を除く)及び抗生物質を含む飼料の使用を制限する。
●疾病予防に努め、できるだけ動物用医薬品を使用しない。
●餌、水への自由なアクセス、適切な飼養密度、野外への自由なアクセス等動物の生理学的、行動学的要求を尊重した低ストレスな飼養管理を実施する。
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます