• No : 1434
  • 公開日時 : 2015/09/04 09:57
  • 更新日時 : 2020/01/15 14:56
  • 印刷

のむヨーグルトと乳酸菌飲料の違い

回答

のむヨーグルトと乳酸菌飲料では、無脂乳固形分と乳酸菌数が違います。
のむヨーグルト(ドリンクタイプのヨーグルト)は「乳酸菌飲料」と混同されることがありますが、 明治の商品は、「発酵乳」に分類されます。
発酵乳と乳酸菌飲料の成分規格は下記のように定められています。
 
   無脂乳固形分 ※1 乳酸菌数または
酵母数(1ml当たり)
発酵乳 8.0%以上  1,000万以上 ※2
乳製品乳酸菌飲料 生菌 3.0%以上 1,000万以上
殺菌 3.0%以上
乳酸菌飲料 3.0%未満 100万以上
 
※1 無脂乳固形分とは、牛乳から水分と脂肪分を除いた残りの成分(たんぱく質、乳糖、ミネラルなど)。
※2 発酵後に75℃以上で15分間加熱するか、またはこれと同等以上の殺菌効果を有する方法で殺菌したものは、この限りではない。
 
【発酵乳】
乳またはこれと同等以上の無脂乳固形分を含む乳等を乳酸菌または酵母で発酵させ、糊状または液状にしたもの、またはこれらを凍結したもの。
 
【乳酸菌飲料】
乳等を乳酸菌または酵母で発酵させたものを加工し、または主要原料とした飲料(発酵乳を除く)。
「乳酸菌飲料」と「乳製品乳酸菌飲料」の2つに分けられ、「乳製品乳酸菌飲料」は生菌タイプと殺菌タイプがある。殺菌タイプは、発酵後加熱殺菌して保存性を高めたものでそのまま飲むものと、うすめて飲むものがある。