Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
E01栄養ケア倶楽部よくある質問バナーデータ
ほほえみクラブ尋ねる_バナー

◆お問い合わせ
  • お電話
  • メール
  • お手紙

  • ◆ショッピング・宅配
    • ウェルネス オンラインショップ
    • 宅配サービス

    • ◆CM・キャンペーン
      • CMギャラリー
      • キャンペーン一覧

      • 相談センターだより
        赤ちゃん相談室だより

        『 Q&A 』 内のFAQ

        453件中 51 - 60 件を表示

        6 / 46ページ
        • チェルシーの名前の由来

          ロンドン市南西部にある地区「チェルシー」から名付けました。約3,000ものネーミングの中から、「響きが良く覚えやすい」「愛らしく洒落た感じ」などの理由で選ばれました。1971年(昭和46年)の発売以来、花柄のお洒落なデザインはほとんど変わっていません。 チェルシーの歴史は、こちら(ブランドサイト)か... 詳細表示

          • No:105
          • 公開日時:2011/03/28 14:37
          • 更新日時:2018/08/09 15:03
        • スライスチーズの開封後の期限

          スライスチーズは、外袋を開封したら、その後冷蔵保存していても中身の品質は変化します。表示している賞味期限に関係なく、なるべく早めにお召し上がりください。開封後の期限は、保存状態により変化いたしますので、「開封後は何日まで」とはっきり申し上げることはできません。カビは生えていないか、臭いは変わっていないかなど、チー... 詳細表示

          • No:518
          • 公開日時:2007/05/10 16:26
        • ビスケットとクッキーの違い

          英国ではビスケット(biscuit)、米国ではクッキー(cookie)と呼ばれています。日本では両方の名前が使われています。糖分や脂肪分の合計が40%以上含まれ、手作り風の外観をもつものがクッキーと呼ばれています。 詳細表示

          • No:111
          • 公開日時:2011/03/28 14:37
        • 箱チョコレートのフィルム包装(セロファン)について

          マカダミアチョコレートの箱はフィルム包装されていませんが、それは箱の中の包装で密封性を保っているからです。 マカダミアチョコレートの箱には、密封されたプラスチックトレーが入っており、プラスチックトレーのシールを開封するとチョコレートがあります。 一方、アーモンドチョコレートは、箱のフィルム... 詳細表示

          • No:118
          • 公開日時:2011/03/28 14:37
          • 更新日時:2018/06/12 12:13
        • チョコレートを犬や猫にあげてはいけないのはなぜですか

          チョコレートを犬や猫にあげてはいけないのは、チョコレートやココアに含まれているテオブロミンは、人にはリラックス効果や集中力を高める働きがありますが、犬や猫には痙攣や呼吸困難の原因になる恐れがあるからです。  万一、犬や猫がチョコレートを食べてしまい様子がおかしい時は、獣医さんに診ていただくことをおすすめします。... 詳細表示

          • No:131
          • 公開日時:2015/11/24 09:20
        • ガムを噛んでいたら溶けることがありますか

          ガムは油分に溶けやすい性質があります。チョコレート等、油脂が含まれた食品を一緒に食べると溶ける場合があります。 詳細表示

          • No:97
          • 公開日時:2011/03/28 14:37
        • カールの発売とその時の味について

          カールは、1968年(昭和43年)に発売されました。最初はチーズ味とチキンスープ味の二種類で、希望小売価格は70円でした。 なお、ブランドサイトではカールの歴史を紹介しています。 こちらからご覧ください。 詳細表示

          • No:112
          • 公開日時:2011/03/28 14:37
          • 更新日時:2018/03/30 14:09
        • カカオ豆の種類、特徴

          カカオ豆は、強い苦味が特徴です。同じ品種でも産地が変わると、味や香りに差が生じ、個性が違うものになります。 (1)西アフリカ(コートジボワール、ガーナなど):酸味、苦味、渋みのバランスが良く、適度な香ばしさもあり、カカオを代表するスタンダードな豆です。 (2)エクアドル:花のような香りや強い苦味があり、酸味... 詳細表示

          • No:119
          • 公開日時:2011/03/28 14:37
        • 粉ミルク(ほほえみ)は何度のお湯で溶けばよいですか

          粉ミルク(ほほえみ)は煮沸後70℃以上のお湯で調乳してください。 平成19年(2007年)に、WHO(世界保健機構)とFAO(国連食糧農業機関)より「乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドライン」が作成、公表されました。 日本国内におきましても、厚生労働省の指導のもと、ガイドライン通り、... 詳細表示

          • No:232
          • 公開日時:2015/09/30 16:43
          • 更新日時:2018/08/09 14:56
        • アミノコラーゲンについて

          体の中からキレイが目覚める喜びをあなたに。私たちがめざしたのは、キレイを実感できるコラーゲンです。そのためにあらゆる可能性に挑戦し、日々研究を重ねています。さらに、体に取り入れるものだから素材にもこだわり、食と健康の明治ならではの安心してつづけられる品質を追求しています。アミノコラーゲンサイトでは、それぞれの商品... 詳細表示

          • No:83
          • 公開日時:2011/03/28 14:37

        453件中 51 - 60 件を表示