• No : 1423
  • 公開日時 : 2004/09/29 08:30
  • 更新日時 : 2021/09/28 16:34
  • 印刷

ヨーグルトの上手な保存方法について

ヨーグルトの上手な保存方法を教えてください。
カテゴリー : 

回答

次の点に注意して、おいしくお召し上がりください。

1)保存は冷蔵庫(10℃以下)で
温度が高いと乳酸菌の活動が活発になります。はっ酵が進むことで酸度が高まり、味がすっぱくなります。ただし、凍結してしまうと解凍した時に組織がこわれ元の状態には戻りませんので、ご注意ください。

2)蓋はしっかりと閉めてから冷蔵庫へ
ヨーグルトは他の乳製品と同様、においを吸収しやすい性質をもっています。冷蔵庫の中にある他の食品のにおいがうつるのを防ぐため、しっかりと蓋を閉じて保存しましょう。また空気中の雑菌が入ると、風味が劣化したりカビの原因にもなります。開封後は、表示している期限に関係なく、なるべくお早めにお召し上がりください。

3)振動を与えない
ヨーグルトに振動を与えると、乳清とよばれる水分(ホエー)が出てきます。冷蔵庫のドアポケットの部分には入れないようにしましょう。