Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 商品編 』 内のFAQ

362件中 51 - 60 件を表示

6 / 37ページ
  • ココアを赤ちゃんに飲ませても良いですか?

    離乳期以降、薄めに作ったものを、少しずつ様子を見ながら与えてください。

    • No:92
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • ココアバターとはどのようなものなのですか?

    通常のバターではなく、カカオ豆に含まれている「脂肪分」のことをいいます。カカオ豆には、脂肪分がおよそ55%も含まれており、お口の中でとろりと溶け、素敵な香りが広がる美味しいチョコレートはこのココアバターの性質によるものです。

    • No:91
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • コラーゲンとお肌の関係について

    コラーゲンはタンパク質の一種で、皮膚の約70%がコラーゲンです。細胞と細胞をつなぎ止める働きをしていて、ハリのあるしなやかな肌をつくる役割をしています。

    • No:82
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • グミの発売日

    日本では、㈱ 明治(旧明治製菓)が初めて1980(昭和55)年「コーラアップ」、1988(平成元)年に「果汁グミ」を発売しました。

    • No:103
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • ヤンヤンつけボーの楽しみ方

    ヤンヤンつけボーは昭和54年発売以来、世界中で親しまれている商品です。日本発売品のみ、トッピングがついています。スティックビスケットと容器を手に持って、チョコレートやトッピングをつけて楽しんでいただく商品にしているため、容器は持ちやすく細くしています。小さなお子様は、容器ごとマグカップ等に入れる方法も良いと思います。

    • No:121
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • チョコレートを食べると、ニキビができますか

    ニキビは、ホルモンバランスの崩れ、皮膚が清潔に保たれていない、体調の不良等が原因といわれています。チョコレートを食べることと、ニキビの悪化は無関係であると医学的にも証明されています。

    • No:129
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • カカオとはどのようなものですか?

    カカオ豆は熱帯作物で、年間平均気温27℃以上の西アフリカ・東南アジア・中南米で栽培されています。カカオの樹は、高さ7~10m、幹の太さは10~20cmになり、枝だけでなく、幹の太いところにも実がなり、ちょっと風変わりな樹になります。詳しくは、こちらをご覧ください。

    • No:120
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • ガムを噛んでいたら溶けることがありますか

    ガムは油分に溶けやすい性質があります。チョコレート等、油脂が含まれた食品を一緒に食べると溶ける場合があります。

    • No:97
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • アミノコラーゲンについて

    体の中からキレイが目覚める喜びをあなたに。私たちがめざしたのは、キレイを実感できるコラーゲンです。そのためにあらゆる可能性に挑戦し、日々研究を重ねています。さらに、体に取り入れるものだから素材にもこだわり、食と健康の明治ならではの安心してつづけられる品質を追求しています。アミノコラーゲンサイトでは、それぞれの商品...

    • No:83
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • チョコレートを犬や猫にあげてはいけないのはなぜですか

    チョコレートを犬や猫にあげてはいけないのは、チョコレートやココアに含まれているテオブロミンは、人にはリラックス効果や集中力を高める働きがありますが、犬や猫には痙攣や呼吸困難の原因になる恐れがあるからです。  万一、犬や猫がチョコレートを食べてしまい様子がおかしい時は、獣医さんに診ていただくことをおすすめします。...

    • No:131
    • 公開日時:2015/11/24 09:20

362件中 51 - 60 件を表示