Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリー

E01栄養ケア倶楽部よくある質問バナーデータ
ほほえみクラブ尋ねる_バナー

◆お問い合わせ
  • お電話
  • メール
  • お手紙

  • ◆宅配
    • 宅配サービス

    • ◆CM・キャンペーン
      • CMギャラリー
      • キャンペーン一覧

      • 相談センターだより
        赤ちゃん相談室だより

        「 牛乳 」 でキーワード検索した結果

        124件中 41 - 50 件を表示

        5 / 13ページ
        • 牛乳を料理に使用すると分離してしまうことがありますがなぜですか

          牛乳が分離するのは、牛乳中のたんぱく質が酸やミネラル、酵素等の存在下で加熱により凝固するためです。 分離した牛乳は口当たりがザラザラしておいしくないので、牛乳を加えたら蓋をせずに、長時間加熱しすぎたり、煮立てないよう注意してください。 また、スープに小麦粉などでとろみをつけてから牛乳を加えますと、分離しにくくなります。 詳細表示

          • No:1486
          • 公開日時:2004/09/29 08:30
          • 更新日時:2016/09/02 11:02
        • 明治の牛乳ビンについて教えてください

          牛乳ビンとポリキャップの再利用方法についてはこちらからご覧ください。 明治の宅配サービスについてはこちらからご覧いただけます。 詳細表示

          • No:520
          • 公開日時:2015/09/07 12:36
          • 更新日時:2018/10/18 16:03
        • バター1個を作るのに必要な牛乳の量

          北海道バター1個(200g)を作るのに、1000mlの牛乳だと約4.5本、1杯200mlのコップだと約22杯必要です。 脂肪率 81.0%のバターを200g作るのに必要な、牛乳(脂肪分3.5%)の量は次の計算式で求められます。ただし、牛乳の比重は1.033とします。 200×0.81÷0.035÷1.033 詳細表示

          • No:1217
          • 公開日時:2004/09/29 08:30
        • 牛乳中のリンとカルシウムの関係について

          牛乳中のリンとカルシウムの割合は1:1と理想的であるため、リンがカルシウム吸収に悪影響を与えることはありません。カルシウム吸収に理想的なカルシウムとリンの比率は1:1~1:2です。(リンの比率がカルシウムの2倍以下であれば問題ないと言われております。)リンが多すぎると骨などに貯えられたカルシウムと結びついて、体外へ 詳細表示

          • No:1504
          • 公開日時:2004/09/29 08:30
        • 牛乳は食品以外にどのようなものに利用されていますか

          牛乳のたんぱく質から繊維やプラスティックが作られています。 牛乳中のたんぱく質のうち約80%を占めるカゼインは、繊維やプラスティックの原料になります。 スカーフやネクタイ、タオル、ボタン、アクセサリーなどが作られています。 象牙が輸入できない現在では印鑑の材料などにもなります。 詳細表示

          • No:1480
          • 公開日時:2004/09/29 08:30
          • 更新日時:2019/05/22 16:47
        • おいしい牛乳の【ナチュラルテイスト製法】とは何ですか

          ナチュラルテイスト製法とは、牛乳成分の酸化を極力抑えて、風味の変化を少なくし、搾りたてのおいしさにこだわった当社独自の製法のことです(製法特許取得)。 一般に市販されている牛乳は、衛生的に飲んでいただく為に、加熱殺菌が義務付けられています。 牛乳中には、もともとわずかな酸素が含まれており、牛乳に熱をかけるとこの酸素 詳細表示

          • No:730
          • 公開日時:2006/01/31 09:36
          • 更新日時:2019/05/30 10:54
        • 牛乳を寝る前に飲むと良いと聞きますが、なぜですか

          牛乳はいつ飲んでも良いのですが、夜飲むメリットがあるのも本当です。 夜寝ている間、血液中には一定濃度のカルシウムが含まれています。 そして筋肉の収縮や神経伝達など生命維持に欠かせない働きをしています。食事を摂らない睡眠中は、血液中のカルシウム濃度が低くなりがちなので、これを補うためにわずかですが骨のカルシウムが溶けだ 詳細表示

          • No:1475
          • 公開日時:2004/09/29 08:30
          • 更新日時:2019/06/21 15:05
        • 牛乳を飲むと「イライラ」に効果的というのは本当ですか

          イライラしている時に牛乳を飲むのは効果的だといえます。カルシウムは体内で神経の伝達やホルモンのバランスに重要な役割を果たしています。牛乳中のカルシウムは、神経の興奮を抑えて気持ちをリラックスさせてくれます。安眠のためにも、夜寝る前に一杯の牛乳を飲む事をおすすめ致します。 詳細表示

          • No:1501
          • 公開日時:2004/09/29 08:30
        • 牛乳のカルシウムの吸収率が良いといわれるのはなぜですか

          牛乳のカルシウムの吸収率が良いのは、牛乳中の成分に関係しています。 牛乳は他の食品に比べてカルシウムの吸収が高い食品で、吸収率は40%というデータもありあます。カルシウムの吸収が優れている理由は次の通りです。 1)カゼイン(牛乳中の主なたんぱく質)の分解物であるカゼインホスホペプチド(CPP)が、カルシウムのイオン 詳細表示

          • No:1505
          • 公開日時:2004/09/29 08:30
          • 更新日時:2019/06/07 14:50
        • 牛乳は開封後、悪くなるとどのような状態になりますか

          牛乳は容器を開封しますと、徐々に品質が変化します。 周囲の色々なにおいを吸着しやすい性質があり、開封後の保管状況によっては、通常と異なるにおいや風味を感じることがあります。 また、開封後に周囲から細菌が入り増加すると、牛乳の品質が劣化し、凝固する場合や温めた時に塊ができることがあります。 体調や一緒にお召し上がり 詳細表示

          • No:647
          • 公開日時:2006/05/30 18:01
          • 更新日時:2019/06/07 15:40

        124件中 41 - 50 件を表示