Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 おかし・アイス・デザート 』 内のFAQ

67件中 1 - 10 件を表示

1 / 7ページ
  • 変わった形のカールについて

    お楽しみいただくために、星とカールおじさんとケロ太(カエル)の形のカールを入れました。とても数が少ないので、見つけたら超ラッキー!  お客様から寄せられたキャラクターカールの写真はこちらからご覧いただけます。

    • No:115
    • 公開日時:2015/08/11 17:13
    • 更新日時:2017/06/15 15:18
  • アイスクリームギフト券の交換についてのご案内

    Aya、ブルージェなど弊社で発行したアイスクリームギフト券で交換できる商品は、生産を終了致しました。 (*一部の店頭には商品が残っている場合がございます。) また、弊社では現在アイスクリームギフト券を発行していないため、弊社で発行したアイスクリームギフト券はすべて「郵便為替」と交換にて清算をさせていただき...

    • No:39
    • 公開日時:2016/11/11 09:00
  • カールの作り方

    詳しくは、「カール おらが村」サイトの「カールができるまで」をご覧下さい。

    • No:114
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
    • 更新日時:2017/06/15 15:17
  • チョコレートに含まれるカカオ分とカカオポリフェノールの量

    チョコレート1枚に含まれるカカオ分とカカオポリフェノールの量は以下のとおりです。 (それぞれ1枚あたりの重量が異なります。) 商品名 1枚あたりの 重量 カカオ分     カカオ ポリフェノール量 ミルクチョコレート 50g ...

    • No:132
    • 公開日時:2016/03/01 17:00
  • ポポロンの製造・販売

    「ポポロン」は、誠に勝手ながら、2015年2月をもちまして、製造を終了させていただきました。 現在のところ、当商品に代わる商品や類似品の発売予定はございません。 ご愛用いただいていたお客様には、ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。 これからも、皆様においしく召し上がっていただける商品作りに努めてまいり...

    • No:4224
    • 公開日時:2016/12/26 14:27
  • チョコレートに含まれるカフェインの量

    チョコレートのカフェイン含有量は、コーヒーやお茶に比べると多くはありません。 「明治ミルクチョコレート」1枚(50g)のカフェイン量はレギュラーコーヒー1杯(150ml)の1/6程度、「チョコレート効果72%」個包装1枚(約5g)は1/15程度です。 そのため、興奮作用や利尿作用はほとんどありません。 ...

    • No:116
    • 公開日時:2016/03/16 15:44
    • 更新日時:2017/02/10 11:07
  • チョコレートが白く変色したり、白い粒々やうずらの卵のような模様になる理由

    チョコレートにはココアバターという脂肪分がたくさん含まれております。このココアバターは28℃前後で溶けはじめ、さらに温度が高くなると分離してチョコレートの表面に浮き出てきます。この油脂分が冷えて固まると、白く変色したり、白い粒状になってしまいます。このような状態をファットブルーム現象と言います。ファットブルーム現...

    • No:130
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • カールの発売とその時の味について

    カールは、1968年(昭和43年)に発売されました。最初はチーズ味とチキンスープ味の二種類で、希望小売価格は70円でした。 なお、ブランドサイトではカールの歴史を紹介しています。 こちらからご覧ください。

    • No:112
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
    • 更新日時:2017/06/15 15:13
  • カールについて教えてください

    「カール」はトウモロコシを原料とした日本で最初の本格的なスナック菓子として、1968年に誕生しました。くるりんとカールした形と、独特のふっくらサクサク食感で、長い間親しまれています。 発売当時の味は「チーズ」「チキンスープ」の2種類、これまでに発売された種類は140種類以上にものぼります。 くわしくは...

    • No:113
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
    • 更新日時:2017/06/15 15:17
  • チョコレートの適した保存方法

    高温、多湿の場所は避け、28℃以下の涼しいところで保管してください。冷蔵庫で保管する場合、他の食品の匂いも移りやすいため、ラップや密閉性の高い袋などに入れて、開封後は賞味期限に関わらず、お早めにお召し上がり下さい。

    • No:117
    • 公開日時:2011/03/28 14:37

67件中 1 - 10 件を表示