Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 健康・栄養 』 内のFAQ

82件中 21 - 30 件を表示

3 / 9ページ
  • 食育セミナーのご案内

    株式会社明治では子供達に食の大切さを教えることが重要と考え、自然がくれた恵み『乳』や食材を通して楽しく食を学ぶ「明治食育セミナー」を行っています。 詳しくは「明治の食育サポート」をご覧ください。 ●「明治食育セミナーのご案内」はこちらからご覧いただけます。

    • No:598
    • 公開日時:2006/08/08 09:03
    • 更新日時:2017/09/14 15:47
  • 【ヘム鉄】【非ヘム鉄】の違いを教えてください

    食品に含まれる鉄には、非ヘム鉄とヘム鉄があります。一般的に非ヘム鉄の吸収率は5%程度、ヘム鉄の吸収率は15~25%といわれています。 非ヘム鉄は野菜や穀類に多く含まれ、ヘム鉄は肉や魚に多く含まれます。また、鉄含有量が高く、無臭で風味がよいことから鉄強化として食品に使用されているピロリン酸鉄も非ヘム鉄です。

    • No:717
    • 公開日時:2006/02/14 17:30
  • 牛乳・乳製品を使った料理講習会

    株式会社明治では、牛乳・乳製品を使った料理講習会として「明治出前料理教室」を全国各地で実施しています。 牛乳・乳製品の正しい知識を、料理実習を通して楽しく学び、「健康」でより良い食生活をご提案をさせていただいております。 詳しくは「明治の食育サポート」をご覧ください。 ●「明治出前料理教室」のご案内はこ...

    • No:597
    • 公開日時:2006/08/08 09:08
    • 更新日時:2016/08/17 16:52
  • VAAM(ヴァーム)を子供に飲ませてもよいですか

    VAAM(ヴァーム)は、運動前の飲用により運動時の体脂肪燃焼を促しスタミナ持続などにつなげる、アミノ酸を主に配合した飲料です。お子様に飲ませていただいてもかまいません。 しかし、お子様にとってはバランスのとれた食事が最も大切と考えます。 運動やダイエットを目的にした場合は、食事のバランスを整えた上で、運動前に...

    • No:699
    • 公開日時:2006/02/24 11:11
    • 更新日時:2017/09/14 15:48
  • 牛乳を加熱しても栄養は壊れませんか

    牛乳を加熱しても栄養価はほとんど変わりません。 熱に弱い栄養素はビタミンCですが、もともと牛乳には少ないものです。牛乳に期待する栄養素は、カルシウム、たんぱく質、ビタミンA、ビタミンB2などです。これらの栄養素は加熱をしてもほとんど壊れません。 「明治ラブ」などの乳飲料に強化されている炭酸カルシウ...

    • No:1492
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 牛乳とヨーグルトの消化吸収の差はありますか

    ヨーグルトの方が牛乳よりやや吸収がよいといえるでしょう。ヨーグルトは乳酸菌により栄養素の一部が分解されているため、消化吸収がよくなります。また牛乳自体、他の食品と比べカルシウムの吸収率が高いといえますが、乳酸発酵したヨーグルトは乳酸の作用によってカルシウムの吸収率が高まることが考えられます。

    • No:1436
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • ピロリ菌とはどのような菌ですか

    ピロリ菌は胃の粘膜などに住む細菌です。近年、研究が進み、ピロリ菌は胃の粘膜を荒らし、胃炎などの原因になると考えられています。                                     ●ピロリ菌の発見についてつい最近まで、胃の中は非常に酸性が強く、生物が生きていけるような環境ではないと信じられて...

    • No:758
    • 公開日時:2006/01/13 09:21
  • VAAM(ヴァーム)は運動前後どちらに飲んだらよいですか

    食品なので基本的には運動前、運動後どちらでもかまいません。 ただし、運動によって体脂肪が燃焼されるのを助ける為にVAAM(ヴァーム)をお使い頂きますので、運動前の使用をお勧めします。多くの体験者の話を伺いましても運動前に飲むことで本品の良さを実感していただいているようです。 また、運動中の水分補給にはVAAM...

    • No:905
    • 公開日時:2005/04/04 15:30
    • 更新日時:2016/10/14 11:08
  • 【BMI】とは何ですか

    Body Mass Indexの略で、成人の肥満を判定する指数です。BMIは、 体重(kg)÷{身長(m)}2 で計算され、肥満度の判定基準として広く使用されています。肥満の判定基準(日本肥満学会より)は以下の通りです。 正  常:18.5~25 肥満1度:25~30 肥満2度:30~35 肥満3度:35~40 ...

    • No:897
    • 公開日時:2005/05/06 10:17
  • 薬服用時のミニッツメイドピンクグレープフルーツ100%の飲用について

    薬を服用されている場合は、かかりつけの医師、または薬剤師にご確認ください。薬の種類によってはグレープフルーツの成分が薬の作用を強めるなど、副作用が起きることがあります。特に薬の中で血圧の薬や免疫抑制剤などは、注意が必要といわれています。スウィーティー(オロブランコ)や文旦(ブンタン)、内紫(ウチムラサキ)は、グレ...

    • No:825
    • 公開日時:2005/09/27 10:29

82件中 21 - 30 件を表示