Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

歴史

『 歴史 』 内を 「 牛乳 」 でキーワード検索した結果

7件中 1 - 7 件を表示

1 / 1ページ
  • 牛乳の容器の歴史

    わが国では、明治3年ごろから『牛乳輸送缶』が輸入され、文明開化とともに牛乳を飲むようになりました。 その後、明治14年頃には牛乳宅配の始まりとなる、『小型のブリキ缶』(1合=180ml)に牛乳を詰め、これをかごに入れて天秤棒でかついで、お得意先に 詳細表示

    • No:1487
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/05/23 13:48
  • 学校牛乳の歴史

    わが国最初の牛乳給食は、大正9年東京麹町小学校との記録が残っています。 第二次世界大戦がはじまり食糧不足のため一時中断されましたが、戦後は昭和22年から脱脂粉乳とおかずの給食が週2~3回実施され、昭和27年には全国の小学校で完全給食が実施されました 詳細表示

    • No:1488
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/05/22 16:43
  • 牛乳が紙容器で販売されたのはいつですか

    日本では、牛乳が紙容器で販売されたのは1956年です。 1964年の東京オリンピックでの採用、スーパーマーケットの発展、学校給食への牛乳の普及など、1970年代に急速に牛乳の紙容器化が広まっていきました。 また世界で使われている牛乳容器の中には 詳細表示

    • No:1460
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/05/23 13:52
  • 日本での牛乳のはじまり

    記録に残っているものでは、大化の改新(645年)のころ、百済から医学を伝えた知聡という人が孝徳天皇に滋養強壮の薬として牛乳を献上したとのことです。大宝律令(701年)で、乳戸(牛を飼う所)というものが設けられて天皇や皇后、皇太子は毎日飲んでいたという 詳細表示

    • No:1664
    • 公開日時:2003/08/26 00:00
  • ヨーグルトの歴史

    正確な記録や文書はありませんが、ヨーグルトと人間との関わり合いは紀元前5000~6000年も昔にさかのぼると考えられています。 バルカン半島や中央アジアで、羊やヤギを飼っていた人々が、残しておいた牛乳が偶然、酸っぱくおいしい飲み物になっているのを 詳細表示

    • No:1654
    • 公開日時:2003/08/26 00:00
    • 更新日時:2020/04/24 19:19
  • マーガリンの発明者

    。これに見事にこたえたのが、科学者メージュ・ムーリエです。 1869年、彼は牛脂から軟質の部分を分離し、これに牛乳を加えて乳化冷却し、バターに代わる新しい油脂食品を作り出したのです。 ちなみに、マーガリンの名前の由来はギリシャ語の真珠(Margarite 詳細表示

    • No:1225
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • 日本で最初のプレーンヨーグルトはどれですか

    日本初のプレーンヨーグルトの発売は1971年(昭和46年)3月の「明治プレーンヨーグルト」(「明治ブルガリアヨーグルトLB81」の前身)です。 当時は現在のようなプラスチック蓋の容器ではなく、牛乳パックと同じ形の紙容器入りで発売されました。 大阪 詳細表示

    • No:1409
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/05/23 15:45

7件中 1 - 7 件を表示