Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリー


◆お問い合わせ
      お電話
      メール
      お手紙

    ◆宅配
        宅配サービス

      ◆CM・キャンペーン
          CMギャラリー
          キャンペーン一覧

        相談センターだより
        赤ちゃん相談室だより
        • No : 1403
        • 公開日時 : 2004/09/29 08:30
        • 印刷

        牛乳と豆乳の違いは何ですか

        牛乳と豆乳の違いは何ですか?
        カテゴリー : 

        回答

        牛乳は子牛を育てるお乳で動物性であるのに対し、豆乳は大豆から絞った植物性であると言うことが大きな違いです。
        それぞれを構成している成分組成の内容は次の通りです。
        1)たんぱく質 :牛乳の主なたんぱく質はカゼインで、豆乳の主なたんぱく質はグリシニンです。アミノ酸のバランスを示すアミノ酸スコアは牛乳が100、豆乳は86で、牛乳は必須アミノ酸すべてをバランスよく含んでいることがわかります。
        2)脂質:牛乳には、約0.01%の良質なコレステロールが含まれていますが、豆乳には含まれていません。
        豆乳はリノール酸を多く含んでおり、これは善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロール値を下げる働きがあります。
        3)糖質:牛乳の糖質はほとんど乳糖で、腸内の善玉菌の発育に好影響を与えるとともに、腸の運動を活発にして便秘を防ぐ働きをするほか、カルシウムの吸収を促進します。
        豆乳の糖質は、ラフイノーズ、スタキオーズが主で、ほとんど消化されず腸内細菌により分解されガスを発生する欠点があります。
        4)ミネラル:牛乳100g中には、100mgのカルシウム、90mgのリンが含まれ、カルシウムの吸収率の点から非常に良いバランスになっています。豆乳には、カリウム、マグネシウムが多く含まれてます。
        5)ビタミン類:牛乳にはビタミンA・B2 が豊富なのに比べ、豆乳にはビタミンEが多く含くまれています。

        アンケート:ご意見をお聞かせください

        ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます