Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

◆お問い合わせ
  • お電話
  • メール
  • お手紙

  • ◆ショッピング・宅配
    • ウェルネス オンラインショップ
    • 宅配サービス

    • ◆CM・キャンペーン
      • CMギャラリー
      • キャンペーン一覧

      • 相談センターだより
        赤ちゃん相談室だより
        • No : 4032
        • 公開日時 : 2016/04/20 10:21
        • 更新日時 : 2016/08/03 10:43
        • 印刷

        明治の代表的なヨーグルトに使用している乳酸菌の違い

        明治の代表的なヨーグルトに使用しているそれぞれの乳酸菌の特徴について教えてください
        カテゴリー : 

        回答

        ヨーグルトの乳酸菌は、種類や株によって働きが異なります。
         
         
        <明治の代表的なヨーグルトに使用している乳酸菌の特徴>
        乳酸菌名
        (正式名称)
        特徴
        LB81乳酸菌
        (Lactobacillus bulgaricus 2038株)
        (Streptococcus thermophilus 1131株)
         
        【特定保健用食品としての働き】
        ・腸内細菌のバランスを整え、おなかの調子を良好に保つ

        【パスツール研究所との共同研究成果】
        ①腸内皮細胞の腸管バリア機能を高める
        ②腸内の免疫細胞に働きかける
         
        R-1乳酸菌
        (Lactobacillus bulgaricus 1073R-1株)
         
        ・R-1乳酸菌が作る菌体外多糖体(EPS)が自然免疫であるNK細胞を活性化させる
         
        LG21乳酸菌
        (Lactobacillus gasseri OLL2716株)
         
        ・胃の中で生きて、ピロリ菌の活動を抑制させて胃の健康を守る
         
        PA-3乳酸菌
        (Lactobacillus gasseri PA-3株)
         
        ・食事由来のプリン体を体内に吸収されにくい形に分解する。また、プリン体そのものを菌体内に取り込み、栄養源として利用し体外に排出する
         
         
         
        それぞれの乳酸菌の詳細な研究については、ヨーグルトライブラリーをご覧ください。
         
         

        アンケート:ご意見をお聞かせください

        ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます