Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

◆お問い合わせ
  • お電話
  • メール
  • お手紙

  • ◆ショッピング・宅配
    • ウェルネス オンラインショップ
    • 宅配サービス

    • ◆CM・キャンペーン
      • CMギャラリー
      • キャンペーン一覧

      • 相談センターだより
        赤ちゃん相談室だより
        • No : 130
        • 公開日時 : 2011/03/28 14:37
        • 更新日時 : 2017/11/22 15:57
        • 印刷

        チョコレートが白く変色したり、まだらになる理由

        チョコレートが白く変色したり、アーモンドチョコレートがウズラの卵のような模様に
        なっていますが大丈夫ですか?
        カテゴリー : 

        回答

        チョコレートが白く変色したり、まだらになった状態はファットブルーム現象(ブルーミング)といい、チョコレートが温度変化の影響を受けることで起こります。
        温度上昇でチョコレートの脂肪分のココアバターがとけ、その後冷えてかたまり白くなった状態です。このようなチョコレートをお召し上がりになってもお身体に差し障りはありませんが、風味は劣ります。
         
                                       どちらもカビなどではなく、温度変化を受けて
                                ファットブルーム現象(ブルーミング)が起こったチョコレートです。
         
        ココアバターは、28℃前後でとけはじめます。この現象は賞味期限に関係なく温度変化によって起こりますので、チョコレートは高温・多湿の場所を避け、28℃以下の涼しい場所で保存することが大切です。
         

        アンケート:ご意見をお聞かせください

        ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます