Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 乳製品 』 内のFAQ

198件中 71 - 80 件を表示

8 / 20ページ
  • 6Pチーズの容器の底の穴

    製造時の熱を逃がす為と、流通上で冷気を取り込む為です。6Pチーズを製造する際、原料チーズを加熱して溶かしドロドロの状態で充填するため、チーズが熱を帯びています。その熱を逃がす為と、流通上効率よく冷気を取り込む為に穴が開いています。 詳細表示

    • No:911
    • 公開日時:2005/04/04 14:59
  • ロングライフ牛乳が長く持つ理由を教えてください

    ロングライフ牛乳が長く持つ理由は、中身も容器も滅菌して、細菌数をゼロで製造されているからです。 保存料などの添加物は使用していません。 ロングライフ牛乳は冷蔵の牛乳と製造工程が違い、加熱殺菌や充填の工程に次のような違いがあります。 1)殺菌温度が高いこと  135~150℃、1~3秒で滅菌(普通牛... 詳細表示

    • No:1511
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2018/03/01 11:18
  • カマンベール入り6Pチーズのカマンベールの割合

    カマンベール入り6Pチーズの原料チーズ中に十勝カマンベールチーズが5%配合されています。 詳細表示

    • No:939
    • 公開日時:2005/02/21 11:11
  • 果汁10%未満の表示

    「果汁10%未満」とは5%以上10%未満の間の果汁が商品に含まれることを意味しています。 容器に記載されている「果汁10%未満」は「果汁飲料等の表示に関する公正競争規約」に基づいて表示しています。 果汁5%未満は正確に数字を表示するか「無果汁」と表示し、果汁5%以上10%未満なら10%未満と表示します。 詳細表示

    • No:974
    • 公開日時:2004/12/09 09:50
    • 更新日時:2016/08/29 15:13
  • チーズのコレステロールについて

    コレステロール値が正常な人は心配ありません。 日本人が1日に食事で摂るコレステロールは、平均で300~500mgで、プロセスチーズ20g当たりのコレステロールは約15mgです。鶏卵1個(50g)当たり210mg、豚ロース肉100g当たり70mgと比べても高い数値とはいえないでしょう。 コレステロールは体に悪い... 詳細表示

    • No:1226
    • 公開日時:2015/03/06 15:09
  • 牛乳のパックの開け方

    牛乳のパックの開け方は、以下の方法で行ってみてください。 1)「あけぐち」の両側を開いて「注ぎ口」を出します 2)左右とも完全に押し広げます 3)両角を持って手前に充分に引き出してください   この時「注ぎ口」には直接触れずに、角を持って引き出します 冷蔵庫に保存する際は、しっかり口を閉じて戻しまし... 詳細表示

    • No:970
    • 公開日時:2004/12/13 14:41
    • 更新日時:2016/10/21 10:09
  • ノンカロリーやカロリーオフの飲料をたくさん飲むとお腹が緩くなるのはなぜですか

    甘味料のエリスリトールが難消化性のため、大量に摂ると大腸内の浸透圧が高くなり、下痢を起こす事があります。 具体的には体重60kgの男性で、エリスリトールを約40g以上摂取するとこの傾向がみられます。 詳細表示

    • No:947
    • 公開日時:2005/02/19 15:23
    • 更新日時:2017/08/01 16:39
  • バター1個を作るのに必要な牛乳の量

    北海道バター1個(200g)を作るのに、1000mlの牛乳だと約4.5本、1杯200mlのコップだと約22杯必要です。 脂肪率 81.0%のバターを200g作るのに必要な、牛乳(脂肪分3.5%)の量は次の計算式で求められます。ただし、牛乳の比重は1.033とします。 200×0.81÷0.035÷1.033=... 詳細表示

    • No:1217
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • プロセスチーズの【乳化剤】について

    乳化剤とは、水と油を混ぜ合わせ、安定させる働きをするものです。プロセスチーズを作る際に、原料のナチュラルチーズを均一に混ぜ合わせるために乳化剤を使用します。プロセスチーズは、1種類または数種類のナチュラルチーズを粉砕、加熱溶解して乳化し、成型包装した保存性の高いチーズです。ただし、熱を加えて溶かしただけではそれぞ... 詳細表示

    • No:1242
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
  • ヨーグルトと相性の良い食べ物はありますか

    ヨーグルトに含まれないビタミンCや食物繊維、オリゴ糖などを含む食品と組み合わせていただくのがよいでしょう。ビタミンCは味の点でもヨーグルトのさわやかな酸味と相性が合います。ただし、キウイ、パパイヤ、パイナップルなどにはヨーグルトのタンパク質から苦みを出す物質をつくる酵素があるので、これらのフルーツと合わせる場合は... 詳細表示

    • No:1418
    • 公開日時:2004/09/29 08:30

198件中 71 - 80 件を表示