Q&Aお客様のご質問にお答えします

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 牛乳・飲料 』 内のFAQ

71件中 1 - 10 件を表示

1 / 8ページ
  • 賞味期限切れの牛乳の飲用について

    賞味期限を過ぎたからといって、必ずしも飲めなくなるわけではありません。 賞味期限は「おいしく召し上がっていただくことができる期限」の目安です。 期限を1日でも過ぎたら飲めなくなる、食べられなくなるというものではありません。 ただし、この期限は未開封で、表示通りの保存方法に従って保存していただいた場合に限りま... 詳細表示

    • No:1516
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/03/13 10:16
  • 牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするのはなぜですか

    牛乳を飲むとお腹にガスがたまったりゴロゴロするのは、牛乳中の糖質である乳糖を消化する酵素(乳糖分解酵素=ラクターゼ)が少ないか、働きが弱いためです。 大人になり、牛乳類をあまり飲まない生活をしている人に多く見られます。 本来、乳糖は腸内でラクターゼにより分解され、腸から吸収されますが、分解されないと腸から吸収... 詳細表示

    • No:592
    • 公開日時:2006/08/24 10:17
    • 更新日時:2019/05/21 15:28
  • 牛乳の1日の摂取量

    牛乳は1日に1~2本(200~400ml)飲むことをおすすめします。 牛乳1本(200ml)には227mgのカルシウムが含まれています。 カルシウム不足の日本人にとっては、ぜひとも毎日飲んでいただきたい食品のひとつです。 年齢やライフスタイルにあわせて、いろいろな食品と上手に組み合わせて牛乳をお飲みください... 詳細表示

    • No:1506
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/04/08 17:01
  • 牛乳は開封後、悪くなるとどのような状態になりますか

    牛乳は容器を開封しますと、徐々に品質が変化します。 周囲の色々なにおいを吸着しやすい性質があり、開封後の保管状況によっては、通常と異なるにおいや風味を感じることがあります。 また、開封後に周囲から細菌が入り増加すると、牛乳の品質が劣化し、凝固する場合や温めた時に塊ができることがあります。 体調や一緒にお... 詳細表示

    • No:647
    • 公開日時:2006/05/30 18:01
    • 更新日時:2019/05/14 15:59
  • 冷蔵庫に保存しなかった牛乳は、飲めますか

    冷蔵保存していない牛乳は、細菌が繁殖している可能性がありますので、お召し上がりいただくのは、おすすめできません。 牛乳は、開封前、開封後とも10℃以下で冷蔵していただく食品です。一般的に、保存温度が高いほど細菌が増えやすいため、風味が悪くなり、傷みやすくなります。 なお、ロングライフ牛乳(常温保存可能... 詳細表示

    • No:551
    • 公開日時:2006/12/26 14:20
    • 更新日時:2018/02/16 15:26
  • 牛乳を料理に使用すると分離してしまうことがありますがなぜですか

    牛乳が分離するのは、牛乳中のたんぱく質が酸やミネラル、酵素等の存在下で加熱により凝固するためです。 分離した牛乳は口当たりがザラザラしておいしくないので、牛乳を加えたら蓋をせずに、長時間加熱しすぎたり、煮立てないよう注意してください。 また、スープに小麦粉などでとろみをつけてから牛乳を加えますと、分離しにくく... 詳細表示

    • No:1486
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2016/09/02 11:02
  • ロングライフ牛乳が長く持つ理由を教えてください

    ロングライフ牛乳が長く持つ理由は、中身も容器も滅菌して、細菌数をゼロで製造されているからです。 保存料などの添加物は使用していません。 ロングライフ牛乳は冷蔵の牛乳と製造工程が違い、加熱殺菌や充填の工程に次のような違いがあります。 1)殺菌温度が高いこと  135~150℃、1~3秒で滅菌(普通牛... 詳細表示

    • No:1511
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2019/05/21 13:54
  • 「明治ラブ」は何歳から飲ませてよいですか

    お飲み頂くのは3歳以降をおすすめいたします。 明治ラブは、成人に合わせて鉄分とカルシウム、葉酸を強化した乳飲料です。 乳幼児が継続的にお飲みになると葉酸を摂り過ぎてしまう可能性があります。 なお、お子様が1~3歳の場合には、1歳~3歳のお子様に不足しがちな鉄とカルシウムなどの栄養をサポートする食品の「明治... 詳細表示

    • No:575
    • 公開日時:2015/06/23 18:40
    • 更新日時:2018/02/22 11:47
  • ココアバターとはどのようなものなのですか?

    通常のバターではなく、カカオ豆に含まれている「脂肪分」のことをいいます。カカオ豆には、脂肪分がおよそ55%も含まれており、お口の中でとろりと溶け、素敵な香りが広がる美味しいチョコレートはこのココアバターの性質によるものです。 詳細表示

    • No:91
    • 公開日時:2011/03/28 14:37
  • ココアを赤ちゃんに飲ませても良いですか?

    離乳期以降、薄めに作ったものを、少しずつ様子を見ながら与えてください。 詳細表示

    • No:92
    • 公開日時:2011/03/28 14:37

71件中 1 - 10 件を表示