バター・マーガリン類

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 バター・マーガリン類 』 内のFAQ

8件中 1 - 8 件を表示

1 / 1ページ
  • マーガリン類を加熱調理に使用してもよいですか

    マーガリン類の各商品に、「脂肪分が少ないので、炒め物など加熱調理にはお使いにならないでください。」の表示がなければ加熱調理にもお使いいただけます。 表示のある商品は脂肪分が少なく、焦げたり、油が跳ねたりして危険ですので、加熱調理へのご使用はお控... 詳細表示

    • No:26
    • 公開日時:2015/06/23 17:43
    • 更新日時:2021/09/28 15:59
  • チーズ、バターのコレステロールについて

    日本人が1日に食事で摂るコレステロールは、平均で300~400mgと言われています。 これに対して、プロセスチーズ20g当たりのコレステロールは約16mgです。 また、バター100gあたりのコレステロールは210mg(有塩バター)ですが、食パ... 詳細表示

    • No:1226
    • 公開日時:2015/03/06 15:09
    • 更新日時:2021/10/11 12:51
  • マーガリン類の保存方法

    マーガリン類は未開封でも開封後でも、必ず10℃以下で冷蔵保存をしてください。 開封後は、ふたをしっかり閉じて、バターナイフなどを入れっぱなしにしないように心がけてください。 容器の中にパンくずなどが入らないように、バターナイフやスプー... 詳細表示

    • No:1218
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2021/10/19 13:35
  • マーガリン類は開封後に色が変わることがありますか

    マーガリン類は空気に触れると、表面の水分が蒸発し、表面部分だけ色が濃く見えます。これは、マーガリンに含まれているβ-カロテンの色です。 ※お願い 常温に置き温度が上がると、柔らかくなり、表面に水分がにじみ出てきたり空気中の水分... 詳細表示

    • No:623
    • 公開日時:2006/06/22 12:11
    • 更新日時:2021/10/01 14:17
  • マーガリン類のカビについて

    カビが生えたマーガリン類はお召し上がりにならないでください。 内部にまでカビが広がっている可能性があります。 開封後は、ふたをしっかり閉じて、バターナイフなどを入れっぱなしにしないように心がけてください。 容器の中にパンくず... 詳細表示

    • No:913
    • 公開日時:2005/04/04 14:55
    • 更新日時:2021/10/19 13:36
  • マーガリン類(カップ型容器)についているシートや薄い紙はどうしたらいいですか

    マーガリン類(カップ型容器)についているシートや薄い紙は、お手元に届くまでの間、空気による風味の劣化を防ぐためのものです。 開封後は取ってお使いいただいても構いませんが、つけたままの方がおすすめです。 なお、薄い紙は、パーチメ... 詳細表示

    • No:1627
    • 公開日時:2015/07/03 13:12
    • 更新日時:2021/10/19 13:41
  • 明治オフスタイルとはどのような商品ですか

    「明治オフスタイル」は、食物繊維である『イヌリン(※1)』が1食(10g)あたり2.7g入った健康スプレッドです。毎日の食事をおいしく楽しみながら、無理なく食物繊維をとることができます。 食物繊維である『イヌリン』の力を活用した独自の製法「... 詳細表示

    • No:1955
    • 公開日時:2016/03/04 15:56
    • 更新日時:2021/09/28 16:00
  • 「ぬってから焼く!チーズがこんがりソフト 140g」の製造・販売について

    「ぬってから焼く!チーズがこんがりソフト 140g」は、誠に勝手ながら、製造を終了させていただきました。 現在のところ、当商品に代わる商品や類似品の発売予定はございません。 ご愛顧いただいていたお客様には、ご迷惑をおかけし、誠に申し訳... 詳細表示

    • No:4800
    • 公開日時:2019/03/01 11:43
    • 更新日時:2020/03/02 14:01

8件中 1 - 8 件を表示

メールでのお問い合わせ(お問い合わせフォーム)(新しいウィンドウ)

お客様の「なぜ」「どうして」に、的確・スピーディーにお応えし、さらに、お客様のご意見・ご相談をよりよい商品の開発・改善、サービスの向上に役立てるよう、企業とお客様を結ぶ大切なかけ橋として、積極的に活動していきます。