乳製品

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 乳製品 』 内のFAQ

57件中 26 - 50 件を表示

2 / 3ページ
  • マーガリン類のカビについて

    カビが生えたマーガリン類はお召し上がりにならないでください。 表面のカビを取り除いても内部にまでカビが広がっている可能性があります。 詳細表示

    • No:913
    • 公開日時:2005/04/04 14:55
    • 更新日時:2021/11/10 16:48
  • 「おいしい牛乳」等のキャップ付き容器のリサイクル方法

    「おいしい牛乳」等のキャップ付き容器は、キャップ・内フタは「プラスチック」、容器本体は「紙パック」として分別されます。 注ぎ口を含む容器本体(キャップ・内フタを除く)は「紙パック」としてリサイクルに出すことができます。注ぎ口は再生紙メー... 詳細表示

    • No:4166
    • 公開日時:2020/01/14 09:00
    • 更新日時:2022/05/31 14:54
  • チーズ、バターのコレステロールについて

    他の食品と比べてコレステロール量が多いものではありませんが、ご心配な方は医師や栄養士に相談することをおすすめいたします。日本人が1日に食事で摂るコレステロールは、平均で300~400mgと言われています。 これに対して、プロセスチーズ20g当た... 詳細表示

    • No:1226
    • 公開日時:2015/03/06 15:09
    • 更新日時:2022/05/11 14:49
  • チーズの保存方法について

    チーズは次の3点に注意して保存してください。 ・10℃以下で保存する チーズは5℃前後で冷蔵保存するのが理想です。ただし、粉チーズは冷蔵すると湿気により固まりやすくなるので、室温保存してください。 ・水ぬれや湿気に注... 詳細表示

    • No:1227
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2022/05/26 17:03
  • ヨーグルトの上手な保存方法について

    ヨーグルトを保存する場合は10℃以下、振動を加えない、しっかりとふたを閉める、などに気を付けましょう。 冷蔵温度が高いと乳酸菌の活動が活発になり、はっ酵が進むことで味が酸っぱくるとともに水分(ホエイ)が分離する原因になります。 冷蔵保... 詳細表示

    • No:1423
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2021/11/10 17:05
  • ブルガリアヨーグルトLB81が特定保健用食品に許可された根拠

    ブルガリアヨーグルトLB81が特定保健用食品に許可されたのは、排便回数、排便量の増加などの効果が認められたからです。 女子学生を対象に、1日当たり100gずつ2週間にわたってブルガリアヨーグルトLB81を食べてもらった所、摂取前と比較して排便回... 詳細表示

    • No:1397
    • 公開日時:2015/06/23 18:10
    • 更新日時:2021/09/28 16:12
  • 牛乳のコレステロールについて

    日本食品標準成分表2020年版によると、牛乳100g中の脂肪は3.8gで、そのうちコレステロールは12mgです。 他の食品と比べてコレステロール量が多いものではありませんが、ご心配な方は医師や栄養士に相談することをおすすめいたします。 詳細表示

    • No:1474
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2022/06/14 16:45
  • ピッツァミックスチーズの開封後の期間

    ピッツァミックスチーズは袋内の酸素を除去することによってガビが発生しにくい商品設計としています。開封後はカビが生えやすくなりますので、賞味期限に関係なく、早めにお召上がりください。使いきれない場合は、小分けにして冷凍保存することをお勧めします。 詳細表示

    • No:1237
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2022/05/26 16:56
  • クリームは冷凍できますか

    クリームは液状のままでは冷凍できません(冷凍するとホイップできなくなります)が、泡立てたものは冷凍保存できます。コーヒーや料理に利用しましょう。 詳細表示

    • No:1336
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2021/11/10 17:15
  • クリームのホイップ(泡立て)に電動ホイッパーを使用する時の注意点

    電動ホイッパー等を使用してホイップする場合は、泡立てすぎないように注意してください。手軽に短時間でホイップができますが、ホイップしすぎて、分離したり、液状になってしまうことがあります。一旦分離してしまうと、元の状態には戻らないのでご注意ください。... 詳細表示

    • No:1337
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2022/06/09 16:46
  • プロビオヨーグルトR-1の宅配専用商品と市販商品の違い

    プロビオヨーグルトR-1の宅配商品と市販商品では、容量や製法が異なります。 ただし、使用している乳酸菌は同じです。 また、商品1個(本)当たり(プレーン336gなら3分の1の量)に含まれる乳酸菌や乳酸菌が作り出すEPS(多糖体)はほぼ同量... 詳細表示

    • No:4759
    • 公開日時:2018/12/18 13:06
    • 更新日時:2021/07/06 10:10
  • ヨーグルトを温めて食べて(飲んで)もよいですか

    ヨーグルトは温めていただいてもかまいません。 人肌程度までであれば乳酸菌の働きに影響はありませんので、温めたらすぐに食べて(飲んで)ください。 その他詳しくは、こちらをご覧ください。 詳細表示

    • No:1652
    • 公開日時:2020/10/02 08:30
    • 更新日時:2022/06/07 16:58
  • 「明治ブルガリアのむヨーグルト」は販売を終了したのですか

    このたび、「明治ブルガリアのむヨーグルト」が新たに生まれ変わりました。 あらゆるニーズにお応えしたいという思いから、4種類をご用意しました。 くわしくは、こちらをご覧ください。 「明治ブルガリ... 詳細表示

    • No:14519
    • 公開日時:2022/04/26 14:46
  • 明治の代表的なヨーグルトに使用している乳酸菌の違い

    ヨーグルトの乳酸菌は、種類や株によって働きが異なります。 詳しくは、こちらをご覧下さい。 詳細表示

    • No:4032
    • 公開日時:2016/04/20 10:21
    • 更新日時:2021/11/02 16:33
  • マーガリン類(カップ型容器)についているシートや薄い紙はどうしたらいいですか

    マーガリン類(カップ型容器)についているシートや薄い紙は、お手元に届くまでの間、乾燥を防ぐためのものです。マーガリン類が乾燥すると透明感のある濃い黄色に変わります(マーガリン中の水分が蒸発するため)。開封後は取ってお使いいただいても構いませんが、... 詳細表示

    • No:1627
    • 公開日時:2015/07/03 13:12
    • 更新日時:2022/05/26 17:05
  • 牛乳やヨーグルトにトランス脂肪酸は入ってますか

    牛乳やヨーグルトなどの乳製品には天然のトランス脂肪酸が微量含まれています。水素添加によって工業的に合成されるトランス脂肪酸とは異なり、健康リスクはないとされています。牛乳100gに0.07~0.13g、ヨーグルト100gに0.07~0.11g程度... 詳細表示

    • No:14106
    • 公開日時:2021/10/11 14:30
    • 更新日時:2021/11/12 16:11
  • ヨーグルトの表面に水分が出ていますが食べられますか

    ヨーグルトは主として牛乳中のたんぱく質が、乳酸菌の生成した酸により固まってできたものです。この固まり(カード)には水分などが包み込まれていますが、非常に柔らかな組織で、振動や衝動により水分(ホエイ)が出てくることがあります。スプーンでヨーグルトを... 詳細表示

    • No:1658
    • 公開日時:2003/08/26 00:00
    • 更新日時:2022/06/14 12:54
  • ペットボトル飲料の賞味期限の読み方(プロビオヨーグルト/アクアサポート)

    ペットボトル飲料の賞味期限の読み方は2通りあります。 「○○○○○○」のようにドット(.)が全くない場合や「○○.○○.○○」のように、ドット(.)が二つある場合は、最初の2ケタが西暦の下2ケタを、次の2ケタが月を、最後が日を表しています。 ... 詳細表示

    • No:9862
    • 公開日時:2019/07/12 15:18
    • 更新日時:2022/05/20 17:12
  • 「明治特選北海道牛乳(常温保存可能品)」が長く持つ理由を教えてください。

    「明治特選北海道牛乳(常温保存可能品)」はロングライフ牛乳だからです。 ロングライフ牛乳は、中身も容器も滅菌して製造しています。保存料などの添加物も使用していません。 ロングライフ牛乳は冷蔵の牛乳と製造工程が違い、加熱殺菌... 詳細表示

    • No:14420
    • 公開日時:2022/01/21 09:51
  • 牛乳やヨーグルトの紙パックを開いたら黒い小さな点が紙についていましたが何でしょうか

    黒い点は紙の原料であるパルプ由来の「きょう雑物」です。紙パックの両面はポリエチレン樹脂でおおわれており、牛乳やヨーグルトが直接触れることはありません。 詳細表示

    • No:14105
    • 公開日時:2022/05/12 14:34
  • ヨーグルトの食べ方

    ヨーグルトは、1日のどの時間に食べなければ効果がないということはありません。毎食少しずつ食べても良いですし、おやつや夜食として食べるのも良いでしょう。 1日に100gまたは100mL以上を目安にお召し上がりください。 なお、78g×4、7... 詳細表示

    • No:1653
    • 公開日時:2020/10/02 08:30
    • 更新日時:2022/06/09 13:35
  • マーガリンやバターは開封後どのくらい持ちますか

    一度開封すると中身の品質は変化するため、開封後は賞味期限に関わらずお早めにお召し上がりください。 開封後の目安期間としては、「スプレッタブル、クリーミースムースシリーズ」は2週間、その他のマーガリンやバターは4週間程度です。ただし、この... 詳細表示

    • No:11876
    • 公開日時:2020/03/05 17:09
    • 更新日時:2021/11/26 17:47
  • 「明治牛乳」の製造・販売

    「明治牛乳 1000ml」「明治牛乳 500ml」「明治牛乳 200ml」につきましては、誠に勝手ながら、2020年3月末をもちまして、製造・販売を終了させていただきました。 ご愛顧いただいていたお客様には、ご迷惑をおかけし、誠に申し訳... 詳細表示

    • No:11941
    • 公開日時:2020/04/01 10:00
    • 更新日時:2020/04/01 12:40
  • チーズは冷凍で保存できますか

    チーズは冷蔵保存が基本です。 冷凍保存も可能ですが、解凍時にチーズの組織に変化が起こります。 食べきれなかった際には、組織が変わることを前提として冷凍保存しておくとカビなどが生えません。 ピッツァ用等の小さく裁断されたチーズ(シ... 詳細表示

    • No:1624
    • 公開日時:2003/08/26 00:00
    • 更新日時:2021/11/11 09:48
  • チーズキッス もっとカルシウムは何歳から食べてよいですか

    チーズキッス もっとカルシウムは、栄養成分(カルシウム)を強化している商品です。早く始める場合は、大人と同じ食事ができるようになる1歳~1歳半からが目安になります。お子様への消化の負担や、一部栄養素が過剰となる可能性を考えて少量(1日1~2個... 詳細表示

    • No:14660
    • 公開日時:2022/05/25 17:28

57件中 26 - 50 件を表示

メールでのお問い合わせ(お問い合わせフォーム)(新しいウィンドウ)

お客様の「なぜ」「どうして」に、的確・スピーディーにお応えし、さらに、お客様のご意見・ご相談をよりよい商品の開発・改善、サービスの向上に役立てるよう、企業とお客様を結ぶ大切なかけ橋として、積極的に活動していきます。