牛乳・乳飲料

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 牛乳・乳飲料 』 内のFAQ

14件中 1 - 14 件を表示

1 / 1ページ
  • 牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするのはなぜですか

    牛乳に含まれる乳糖が消化吸収されず、大腸内に到達した乳糖が腸内細菌によって発酵され、ガスが発生したり、腸が刺激を受けることによって起こります。この現象を乳糖不耐症といいます。個人差はありますが、日本人は欧米人と比較して乳糖を分解する酵素(ラクター... 詳細表示

    • No:592
    • 公開日時:2006/08/24 10:17
    • 更新日時:2022/05/25 12:54
  • 牛乳を冷凍保存してもいいですか

    冷凍した牛乳を解凍すると、たんぱく質は分離して底のほうに沈殿し、脂肪分は分離して浮上しやすくなります。それにより、飲み口がざらついた感じになります。また、解凍後温めたとしても一度分離した成分は元通りにはなりにくいため、おいしく飲めなくなりますので... 詳細表示

    • No:1495
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2022/06/14 17:08
  • 賞味期限切れの牛乳の飲用について

    牛乳の賞味期限は未開封の状態で表示された方法(10℃以下)で保存した場合において、すべての品質の保持が十分に可能であると認められる期限を示す年月日のことです。消費期限とは異なり、 賞味期限を過ぎても必ずしもすぐに食べられなくなるわけでありませんの... 詳細表示

    • No:1516
    • 公開日時:2021/04/13 00:00
    • 更新日時:2022/05/25 13:16
  • 効果的な牛乳や乳製品の摂取時間について

    牛乳や乳製品はいつお召し上がりいただいてもかまいません。 骨や筋肉は夜寝ている間につくられるため、体をつくるためには夜寝る前に摂るのが理想的ですが、1日の活力源にするなら朝のほうが習慣になりやすいといえます。 牛乳は、いつ摂るかよりも毎日続け... 詳細表示

    • No:1498
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2016/07/22 15:33
  • 紙パック入りの牛乳の温め方

    紙パック入りの牛乳を、容器ごと電子レンジで温めるのはおやめください。 容器ごと電子レンジで加熱すると、容器が膨張し破裂する恐れがあり、大変危険です。 金属製ではない耐熱性のコップに移しかえて、電子レンジで温めるか、鍋に移してコンロで温めていた... 詳細表示

    • No:629
    • 公開日時:2006/06/07 16:01
    • 更新日時:2021/10/01 13:49
  • おいしい牛乳の【ナチュラルテイスト製法】とは何ですか

    「新鮮な生乳のおいしさ」をお届けするために生まれた製法です。「明治おいしい牛乳」シリーズは、生乳を工場に受入れた直後と、酸化が特に進む加熱殺菌前に酸素を追い出すナチュラルテイスト製法で風味変化を抑えています。この製法により、 「生乳本来の自然でさ... 詳細表示

    • No:730
    • 公開日時:2006/01/31 09:36
    • 更新日時:2022/06/10 11:11
  • 「おいしい牛乳」等のキャップ付き容器のリサイクル方法

    「おいしい牛乳」等のキャップ付き容器は、キャップ・内フタは「プラスチック」、容器本体は「紙パック」として分別されます。 注ぎ口を含む容器本体(キャップ・内フタを除く)は「紙パック」としてリサイクルに出すことができます。注ぎ口は再生紙メー... 詳細表示

    • No:4166
    • 公開日時:2020/01/14 09:00
    • 更新日時:2022/05/31 14:54
  • 牛乳のコレステロールについて

    日本食品標準成分表2020年版によると、牛乳100g中の脂肪は3.8gで、そのうちコレステロールは12mgです。 他の食品と比べてコレステロール量が多いものではありませんが、ご心配な方は医師や栄養士に相談することをおすすめいたします。 詳細表示

    • No:1474
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2022/06/14 16:45
  • 牛乳やヨーグルトにトランス脂肪酸は入ってますか

    牛乳やヨーグルトなどの乳製品には天然のトランス脂肪酸が微量含まれています。水素添加によって工業的に合成されるトランス脂肪酸とは異なり、健康リスクはないとされています。牛乳100gに0.07~0.13g、ヨーグルト100gに0.07~0.11g程度... 詳細表示

    • No:14106
    • 公開日時:2021/10/11 14:30
    • 更新日時:2021/11/12 16:11
  • 「明治特選北海道牛乳(常温保存可能品)」が長く持つ理由を教えてください。

    「明治特選北海道牛乳(常温保存可能品)」はロングライフ牛乳だからです。 ロングライフ牛乳は、中身も容器も滅菌して製造しています。保存料などの添加物も使用していません。 ロングライフ牛乳は冷蔵の牛乳と製造工程が違い、加熱殺菌... 詳細表示

    • No:14420
    • 公開日時:2022/01/21 09:51
  • 牛乳やヨーグルトの紙パックを開いたら黒い小さな点が紙についていましたが何でしょうか

    黒い点は紙の原料であるパルプ由来の「きょう雑物」です。紙パックの両面はポリエチレン樹脂でおおわれており、牛乳やヨーグルトが直接触れることはありません。 詳細表示

    • No:14105
    • 公開日時:2022/05/12 14:34
  • 「明治牛乳」の製造・販売

    「明治牛乳 1000ml」「明治牛乳 500ml」「明治牛乳 200ml」につきましては、誠に勝手ながら、2020年3月末をもちまして、製造・販売を終了させていただきました。 ご愛顧いただいていたお客様には、ご迷惑をおかけし、誠に申し訳... 詳細表示

    • No:11941
    • 公開日時:2020/04/01 10:00
    • 更新日時:2020/04/01 12:40
  • 牛乳を温めるとできる膜は何ですか

    牛乳を40℃以上に温めると、牛乳中の栄養成分が固まることで表面に薄い膜ができます。これは、ラムスデン現象といわれるものです。豆乳から作られる“ゆば”もこれと同じ原理です。膜は牛乳の栄養成分なので食べても害はありません。よくかき回しながら温めると膜... 詳細表示

    • No:1663
    • 公開日時:2003/08/26 00:00
    • 更新日時:2021/11/04 14:55
  • ストロー付き紙製容器入り飲料は、ストローの刺し方で注意することはありますか

    ストロー付き紙製容器入り飲料は、ストローをストローぐちに刺す際、稀にストローぐちの一部(樹脂フィルム、アルミ)がくり抜かれ、中に入ってしまうことがあります。ストローは、ストローぐちの中心に垂直になるようにまっすぐ刺しこんでください。 ... 詳細表示

    • No:13888
    • 公開日時:2021/08/11 17:10
    • 更新日時:2021/10/04 09:08

14件中 1 - 14 件を表示

メールでのお問い合わせ(お問い合わせフォーム)(新しいウィンドウ)

お客様の「なぜ」「どうして」に、的確・スピーディーにお応えし、さらに、お客様のご意見・ご相談をよりよい商品の開発・改善、サービスの向上に役立てるよう、企業とお客様を結ぶ大切なかけ橋として、積極的に活動していきます。