チーズ

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 チーズ 』 内のFAQ

9件中 1 - 9 件を表示

1 / 1ページ
  • ナチュラルチーズとプロセスチーズの違い

    ナチュラルチーズとプロセスチーズの違いは以下のとおりです。 ●ナチュラルチーズ 殺菌した乳に乳酸菌を作用させ、凝乳酵素を加えてできた固まり(凝乳)から、水分(乳清)を除いたものです。大きく7つのタイプに分けられます。 詳しく... 詳細表示

    • No:566
    • 公開日時:2015/03/05 14:58
    • 更新日時:2021/09/28 14:25
  • 「ブルガリアヨーグルトケーキひとくちタイプ ブルーベリー 80g」の製造・販売

    「ブルガリアヨーグルトケーキひとくちタイプ ブルーベリー 80g」は、誠に勝手ながら、主力商品の安定供給のため現在製造を休止させていただいております。 現在のところ、当商品に代わる商品や類似品の製造もございません。 ご愛顧いただいてい... 詳細表示

    • No:4799
    • 公開日時:2017/11/22 17:37
    • 更新日時:2020/03/02 14:00
  • スライスチーズの開封後の期限

    スライスチーズは、外袋を開封したら、その後冷蔵保存していても中身の品質は変化します。表示している賞味期限に関係なく、なるべく早めにお召し上がりください。 開封後の期限は、保存状態により変化いたしますので、「開封後は何日まで」とはっきり申し上... 詳細表示

    • No:518
    • 公開日時:2007/05/10 16:26
    • 更新日時:2021/09/28 16:30
  • 家庭でのチーズフォンデュの作り方

    本場スイスでは、グリエール(グリュイエール)やエメンタール等のチーズを使いますが、今回は手軽に利用できるピッツァミックスチーズを使って、ご家庭で作れるレシピをご紹介します。 牛乳でのばしたあっさりフォンデュ。お子さま向けにもどうぞ。 ... 詳細表示

    • No:589
    • 公開日時:2006/08/31 15:14
    • 更新日時:2021/12/07 10:05
  • チーズのリステリア菌が心配です

    ナチュラルチーズなどの乳製品でリステリア菌による食中毒が発生することがあり、特に妊婦、高齢者は注意が必要とされています。リステリア菌は原料乳の加熱殺菌により死滅しますので、加熱殺菌していない原料乳でつくられた乳製品はリステリア中毒のリスクが高... 詳細表示

    • No:14599
    • 公開日時:2022/05/10 00:00
  • チーズ、バターのコレステロールについて

    他の食品と比べてコレステロール量が多いものではありませんが、ご心配な方は医師や栄養士に相談することをおすすめいたします。日本人が1日に食事で摂るコレステロールは、平均で300~400mgと言われています。 これに対して、プロセスチーズ20g当た... 詳細表示

    • No:1226
    • 公開日時:2015/03/06 15:09
    • 更新日時:2022/05/11 14:49
  • チーズの保存方法について

    次の3点に注意して保存してください。 1)10℃以下の冷蔵保存 直射日光に当たったり高温になったりすると、乳脂肪分が酸化して風味が悪くなります。 2)水ぬれ・湿気に注意 水分はカビの原因となるので、水にぬらしたりしないよう注意して... 詳細表示

    • No:1227
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2021/09/28 14:50
  • ピッツァミックスチーズの開封後の期間

    ピッツァミックスチーズを一度開封したら中身の品質は変化しますので、期限に関係なく、なるべく早めにお召上がりください。 使いきれない場合は、小分けにして冷凍保存も可能です。 詳細表示

    • No:1237
    • 公開日時:2004/09/29 08:30
    • 更新日時:2021/09/28 14:51
  • チーズは冷凍で保存できますか

    チーズによっては冷凍保存することにより、離水したり、ボロボロになるものもありますが、ピッツァ用等の小さく裁断されたチーズ(シュレッドタイプ)は冷凍保存可能です。使い残りのものなどは冷凍しておくと、カビが生えません。 詳細表示

    • No:1624
    • 公開日時:2003/08/26 00:00
    • 更新日時:2020/02/20 17:18

9件中 1 - 9 件を表示

メールでのお問い合わせ(お問い合わせフォーム)(新しいウィンドウ)

お客様の「なぜ」「どうして」に、的確・スピーディーにお応えし、さらに、お客様のご意見・ご相談をよりよい商品の開発・改善、サービスの向上に役立てるよう、企業とお客様を結ぶ大切なかけ橋として、積極的に活動していきます。